京都産学公連携機構は、京都における産・学・公のあらゆる機関が相互に情報を共有しながら、連携と協働を進めます。

- 成功事例に学ぶ - 平成30年度京都産学公連携セミナー~学の知恵を活かしてイノベーションをデザインする~

オープンイノベーションによる事業創出が重要となる中、大企業を中心に産学連携の取り組みが進み、多くの成功事例も報告されています。
しかしながら、中小企業に目を向けると、「大学の研究者との接点がない」、「産学連携の進め方が良く分からない」などの理由により、産学連携による自社製品のブランド化や高付加価値化、新たな事業領域への展開に成功した中小企業が少ないのが現状です。
このような現状を踏まえ、平成30年度の「京都産学公連携セミナー」では、中小企業による産学連携の成功事例を紹介することにより、成功のポイントやヒントを紐解き、産学連携に取り組む契機となるセミナーを開催します。
産学連携に取り組みたい意向はあるものの、産学連携に関する知識やノウハウ不足等から未だに産学連携に取り組めていない企業の皆さまのご参加をお待ちしております。

1.開催日

平成30年7月31日(火) 13:30~17:00(受付開始:13:00~)

2.会場

京都リサーチパーク(KRP) 1号館4F「サイエンスホール」
〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134
※京都駅より、JR嵯峨野線(山陰線)で1駅、「丹波口」駅下車 西へ徒歩5分
※京都駅より、タクシーで約10分

3.対象

企業や大学、産業支援機関、経済団体、行政等

4.主催

京都産学公連携機構
(京都府、京都市、京都商工会議所、(公社)京都工業会、京都大学、(公財)大学コンソーシアム京都)

5.後援

近畿経済産業局

6.協力

京都リサーチパーク(株)

7.プログラム

■講 演 (13:35~14:00)
【演 題】京都における産学連携の現状(平成29年度産学公連携実態調査報告から)
※講 師:藤田 一(京都産学公連携機構 事務局長)

■事例紹介‐① (14:00~14:55)
【演 題】研究ニーズの具現化に向けた取り組みと成果事例
※講 師:原 伸之 氏 (協和化成株式会社 常務取締役)
【演 題】細胞集塊作製・回収のための新しい培養面
※講 師:角 昭一郎 氏 (京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 准教授)

■事例紹介‐② (15:10~16:05)
【演 題】~伝統の融合~ 鯖江の技と京都の知恵がもたらす新しい風
※講 師:平田 喜大 氏 (京都精華大学 デザイン学部 プロダクトデザイン学科 教授)
【演 題】大学の知恵を活かしたハイセンスなメガネづくり!
※講 師:小松原 一身 氏 (株式会社ボストンクラブ 代表取締役社長)
【演 題】クリエイティブな学びの場との連携実例
※講 師:脇 聡 氏 (ソウウェルデザインオフィス 代表)

■事例紹介‐③ (16:05~17:00)
【演 題】~住みたい! 見せたい! 創りたい!~ 京都の知恵を活かした新しい棲家
※講 師:岡本 英嗣 氏 (株式会社デ・リード 取締役常務執行役員)
【演 題】連携プロジェクトによる大学教育について
※講 師:井上 えり子 氏 (京都女子大学 家政学部 生活造形学科 准教授)

8.参加費

無料

9.人数

先着100名

10.申込方法

添付の参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX、あるいはメールで京都産学公連携機構事務局まで、お申し込み下さい。

※メールでお申込みの場合は、件名を「京都産学公連携セミナー参加申込」として、本文に①氏名(ふりがな)、②企業・団体名(ふりがな)、③役職、④企業・団体所在地、⑤TEL、⑥FAX、をご記入のうえ、同事務局(E-mail:sangakukou@kyo.or.jp)までご送付ください。

11.申込締切

平成30年7月26日(木)

12.添付資料

チラシ

13.問合わせ

京都産学公連携機構(担当:細江、河上)
TEL:075-229-6455、FAX:075-211-1881
E-mail: sangakukou@kyo.or.jp

実施事業

お気軽にお問い合わせください TEL 075-229-6455 受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日除く)

実施事業

PAGETOP
京都府 京都市 京都商工会議所 社団法人 京都工業会

京都大学 大学コンソーシアム京都 公益財団法人 京都産業21 京都高度技術研究所 京都産業育成コンソーシアム
Copyright © 京都産学公連携機構 All Rights Reserved.