京都産学公連携機構は、京都における産・学・公のあらゆる機関が相互に情報を共有しながら、連携と協働を進めます。

平成28年度関西大会

img_1242

京都産学公連携機構では、学生に対し、生きた社会学習を通じて成長する機会を提供するとともに、中小企業に対し、事業創造及び社内活性化の機会を提供するため、学生によるチームが、富士通㈱やパナソニック㈱が提供する特許技術を活用し、中小企業のビジネスにつながる商品アイデアを企画提案する「産学連携プロジェクト」に取り組んでいます。

この度、京都や大阪、和歌山の大学から16チームが参加し、練り上げてきた選りすぐりのアイデアを紹介する「知財活用アイデアコンテスト(関西大会)」を下記のとおり開催しましたので、お知らせします。

なお、今回発表された知財活用アイデアの中で、実用化の検討に向け、詳細を聞きたい案件がありましたら、申込み先・問合せ先までご連絡ください。

1 日時

平成28年11月6日(日)午後1時~6時50分(受付は午後0時30分から)
(交流会は、午後7時~8時)

2 会場

京都銀行 金融大学校 桂川キャンパス 大ホール(交流会は、1階食堂)
(京都市南区久世高田町376-7、JR東海道本線「桂川駅」から徒歩約3分、阪急京都線「洛西口駅」から徒歩約10分)

3 主催

京都産学公連携機構

4 協力

株式会社京都銀行、富士通株式会社、パナソニック株式会社

5 参加校

大阪工業大学、関西大学、京都学園大学、京都橘大学、同志社大学、和歌山大学

6 提供特許

(1)富士通株式会社

〇 照明光へのコード埋め込み技術 〇 方向誘導技術
〇 視線検出技術 〇 温度差発電技術
〇 行動状態検知技術 〇 広告関連技術

(2)パナソニック株式会社

〇 つぶやき声を拾うマイク 〇 超指向性スピーカ

※当日は、各学生チームが上記特許のいずれか1件を活用した商品アイデアを提案します。各特許の詳細及び学生チームの提案の概要等については、次のホームページを御覧ください。http://opi.innovations-i.com/idea/

7 開催プログラム

(1)開会挨拶
img_1197
京都産学公連携機構 事務局長 藤田 一

(2)来賓代表挨拶
img_1200
京都市 産業戦略監 村上 圭子氏

(3)協力企業代表挨拶
img_1204
株式会社京都銀行 常務取締役 仲 雅彦氏

(4)プレゼンテーション

ア 照明光へのコード埋め込み技術(富士通㈱)活用事例
① 京都橘大学 右近の橘A「京都タワー ~スマホとボクと時々クーポン~」発表資料
img_1210

② 京都橘大学 右近の橘B「Lead・Emotional・Dataキャンドル」発表資料
img_1216

③ 関西大学  New Ventures「教えてピクトさん ~あなたの街を防災都市に~」
img_1227

④ 和歌山大学 FITS「観光案内アプリ ~照明光コード埋め込み技術の応用~」発表資料
img_1231

⑤ 同志社大学 West Tail「Screen Catch」発表資料
img_1239

イ 視線検出技術(富士通㈱)活用事例
⑥ 京都学園大学 チームMSK「みてる君 ~安全をより確実なものに!~」発表資料
img_1245

⑦ 和歌山大学  チームKSST「視線コントローラー」発表資料
img_1250

ウ 行動状態検知技術(富士通㈱)活用事例
⑧ 大阪工業大学 知財PR隊プロジェクトチームM「スマートゴー(普賢行) ~行動状態検知技術でレスキューをスマートに支援~」発表資料
img_1260

⑨ 大阪工業大学 知財PR隊プロジェクトチームS2「音壊」「舞響 ~行動検知技術を用いたダンスの音楽化~」発表資料
img_1266

⑩ 和歌山大学  フレッシュみかん「夜泣き事前感知ベッド」発表資料
img_1272

⑪ 和歌山大学  フレッシュうめ「ストーカーアラーム ~起きるまで見届けます~」発表資料
img_1280

エ 温度差発電技術(富士通㈱)活用事例
⑫ 京都学園大学 チームMartini「発電LEDスリッパ ~あなたの足元を照らします~」発表資料
img_1285

⑬ 同志社大学  チームモーモー「温度差で光るペット用首輪」発表資料
img_1291

オ 超指向性スピーカ(パナソニック㈱)活用事例
⑭ 京都学園大学 GISフォトチーム「超指向性スピーカによるシカなどの獣害対策と共存への道」発表資料
img_1303

⑮ 大阪工業大学 知財PR隊プロジェクトチームS1「音恐 ~ホラーイベントで地域輿し~」発表資料
img_1309

⑯ 京都橘大学  右近の橘C「LIKE A HEADPHONE!!!! ~スピーカ新世代~」発表資料
img_1314

(5)表彰式
ア 優秀賞
・関西大学   New Ventures「教えてピクトさん ~あなたの街を防災都市に~」
img_1331

・大阪工業大学 知財PR隊プロジェクトチームS2「音壊」「舞響 ~行動検知技術を用いたダンスの音楽化~」
img_1345

イ 最優秀賞
・大阪工業大学 知財PR隊プロジェクトチームM「スマートゴー(普賢行) ~行動状態検知技術でレスキューをスマートに支援~」
img_1368

ウ 祝辞
京都市 産業戦略監 村上 圭子氏
img_1363

(6)講評
経済産業省 近畿経済産業局 地域経済部 産業技術課 特許室長 牧 隆志氏
img_1374

8 参加者数

135名

9 アンケート結果

本コンテストに参加した感想については、満足度が10割、次回参加意向及び他人推奨意向が約8割となるなど、極めて高い評価を頂きました。詳細については、次のファイルを御覧下さい。
アンケート結果報告書

参考資料

開催プログラム
アンケート用紙
チラシ

申込み先・問合せ先

京都産学公連携機構(担当:野原、宮田)
TEL:075-229-6455、FAX:075-211-1881
E-mail: sangakukou@kyo.or.jp

実施事業

お気軽にお問い合わせください TEL 075-229-6455 受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日除く)

実施事業

PAGETOP
京都府 京都市 京都商工会議所 社団法人 京都工業会

京都大学 大学コンソーシアム京都 公益財団法人 京都産業21 京都高度技術研究所 京都産業育成コンソーシアム
Copyright © 京都産学公連携機構 All Rights Reserved.