いつ:
2018年6月21日 @ 17:00 – 19:30
2018-06-21T17:00:00+09:00
2018-06-21T19:30:00+09:00
どこで:
D-egg 2階会議室
日本、〒610-0394 京都府京田辺市多々羅都谷1−3
連絡先:
D-egg IM室(担当:上村、塚脇)
0774-68-1378

今年3月27日、京都府内で初めての公道実験となる、自動車の自動運転の実証実験が関西文化学術研究都市で開始されました。同志社大学モビリティ研究センターなどの技術を持ち寄って実験し、実用化を目指しています。

ここでは、協調型自動運転のための情報通信システムの役割、位置づけ、定義、および、アプリケーションプラットフォームとしての応用例を示し、国内外の具体的な取組みの紹介と今後の展開についてお話しいただきます。

【日時】平成30年6月21日(木) 17:00~19:30(交流会:18:30~)

【場所】D-egg 2階会議室
(京田辺市興戸地蔵谷1番地 同志社大学京田辺キャンパス内)

【講師】佐藤 健哉(さとう けんや) 氏
同志社大学大学院理工学研究科 情報工学専攻 教授
同志社大学モビリティ研究センター長

1986年大阪大学電子工学専攻修士課程修了。同年住友電工入社。1991~1994年スタンフォード大学客員研究員。2000年奈良先端科学技術大学院大学博士後期課程修了。米国AMI-Cチーフテクノロジストを経て、2004年より現職。博士(工学)。分散システム、ITSの研究に従事。
国際標準化機構(ISO)/ITS専門委員会(TC204)日本代表、総務省自律型モビリティシステム研究開発運営委員会委員長を務める。

【参加費】無料(但し、交流会参加は1,000円)

【定員】30名(先着順)

【主催】中小機構 近畿 同志社大学連携型起業家育成施設D-egg

【共催】同志社大学リエゾンオフィス、京田辺市経済環境部産業振興課、京田辺市商工会

【詳細】http://www.smrj.go.jp/incubation/d-egg/event/2018/frr94k000002895x.html

【申込み・問合せ】
D-egg IM室(担当:上村、塚脇)
Tel:0774-68-1378 Fax:0774-68-1372 E-mail:tsukawaki-m@smrj.go.jp