京都産学公連携機構は、京都における産・学・公のあらゆる機関が相互に情報を共有しながら、連携と協働を進めます。
  • 相談窓口
  • 京都「大学の知恵」活用認定制度
  • 支援事業説明会

産学公連携イベント&ニュース

5月
23
平成30年度先端光加工プロジェクト公開セミナー
5月 23 @ 14:30 – 17:50

京都産学公共同研究拠点「知恵の輪」先端光加工プロジェクトの関連装置を利用した成果に関する報告を行ないます。
とくに、28年度に走査型プローブ顕微鏡、29年度にエネルギー分散形X線分析装置(EDS)を導入いたしましたので、これらの分析機器の原理や活用事例を交えながら紹介させていただきます。
大学や研究機関の関係者のみならず、産業界からも多数のご参加をお持ちしています。

■日時 平成30年5月23日(水)14:30 ~17:50

■場所 京都大学大学院工学研究科 イノベーションプラザ棟1階セミナー室
(京都市西京区御陵大原1-30 http://www.rac.t.kyoto-u.ac.jp/ja/access

■参加費 無料 (ただし18:00からの交流会のご参加費は1,000円になります)

■対象 企業および大学等の技術者・研究開発者 (専門分野は不問)50名 先着順

■主催 京都市、次世代レーザープロセッシング技術研究組合

■詳細URL http://www.laserprocessing.jp/

■申込先 次世代レーザープロセッシング技術研究組合 事務局
E-mail info@laserprocessing.jp

 

6月
4
第1回知恵ビジネスサロン「顧客の声から生まれた新技術開発 ~自社の“強み”が導く新市場開拓~」 @ 京都商工会議所
6月 4 @ 17:30 – 20:00

今回の「知恵ビジネスサロン」では、自社の“強み”や“知恵”を活用し、知恵ビジネスプランコンテスト認定やオスカー認定を受けられたハムス(株)より事例発表をいただくとともに、強み発掘や認定のポイント、苦労話などをお伺いします。交流会も開催し、“知恵ビジネス”を身近に感じていただける機会となりますので、是非、ご参加ください。

日 時:平成30年6月4日(月)17:30~20:00
※館内適正冷房実施のため、軽装でのご出席にご協力願います。
場 所:京都商工会議所 役員室 (3階)(中京区烏丸通夷川上ル)
※公共交通機関をご利用ください 。
(京都市営地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車6番出口)
定 員:50名(先着順・定員になり次第締め切らせていただきます)

【内 容】
①勉強会(17:30~19:00)
事例発表:『ミシン一筋64年 ~市場を先読み、グローバルニッチトップへ~』
ハムス株式会社 代表取締役社長 宮地 康次 氏
解  説: 龍谷大学 名誉教授 佐藤 研司 氏
ファシリテーター
京都商工会議所青年部ONE-STEP 部会長
宮建工業株式会社 代表取締役 宮本 康史 氏

②交流会(19:00~20:00)
会  費:1名につき会員 1,000円 / 一般 3,000円

<宮地 康次 氏(ハムス株式会社 代表取締役社長)>
同社は昭和29年の創業以来、縫製工程の自動化・省力化のための自動ミシンの開発を手掛ける。工業用ミシンを顧客の要望に合わせて開発し、アパレル製品から自動車のシートベルトまで、あらゆる分野の縫製を担う。現社長の宮地氏は同社の海外進出を大きく進めた他、自社の既存技術を活用した新技術開発にも積極的に取り組み、業界の先頭を走る。オスカー認定(2012年)、第6回知恵ビジネスプランコンテスト認定企業(2014年)。

主 催:京都商工会議所

協 力:京都商工会議所青年部

お申込先■https://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_109834.html

お問合先■京都商工会議所 中小企業経営支援センター 知恵産業推進室
Tel 075-212-6470 E-mail bmpj@kyo.or.jp

6月
7
「知恵の経営」入門セミナー ~自社の「強み」を見える化しよう!知恵の経営が中小企業を強くする~ @ 京都商工会議所2階 教室
6月 7 @ 13:30 – 15:30

「知恵の経営」は、企業に蓄積された技術・ノウハウ、人材、ネットワークなど、目に見えない自社独自の「強み」を正しく認識し、これを活用・強化することで業績向上に結びつける取り組みです。
本セミナーでは、「知恵の経営」に取り組むメリットやその効果についてお伝えするとともに、知恵の経営に取り組む企業から事例発表を致します。
自社の持つ「強み(知的資産)」を目に見える形にし、その強みを活かした経営を始めませんか。

日時■平成30年6月7日(木)13:30~15:30
会場■京都商工会議所2階 教室 (市営地下鉄丸太町駅6番出口すぐ)
https://www.kyo.or.jp/kyoto/img/k_map02.gif
内容■
①講演 自社の「強み」を見える化しよう!~知恵の経営が中小企業を強くする~
講師 中小企業診断士 伊吹 秀之 氏
②事例発表「知恵の経営」報告書作成で見えた、当社の歴史と強み
講師   (株)西川紙業 常務取締役 西川 佐織 氏
料金■無料
対象者■府内の中小企業経営者・後継者等
主催■京都地域ビジネスサポートセンター(京都商工会議所)

◇詳細・申し込み◇
https://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_109779.html

◇問合せ◇
京都商工会議所 中小企業経営支援センター 知恵産業推進室
TEL:075-212-6470   E-mail:bmpj@kyo.or.jp

6月
14
平成30年度 京大桂ベンチャープラザセミナー 「独自な技術、商品で迫りくるイノベーションの波に乗れ」 @ 京大桂ベンチャープラザ 南館会議室
6月 14 @ 16:30 – 19:00

京都が育んだ世界的な電子セラミックス部品メーカ㈱村田製作所、その発展の礎となった電子セラミックスで次世代イノベーションの波を如何にして乗り切り発展してきたのか。
元取締役専務執行役員坂部行雄氏をお招きし熱く語って頂きます。

【日時】平成30年6月14日(木)16:30~19:00(受付16:00開始)

【場所】京大桂ベンチャープラザ 南館会議室
(京都市西京区御陵大原1-39 桂イノベーションパーク内)
http://www.smrj.go.jp/incubation/kkvp/access/index.html

【講師】坂部 行雄氏
(元 株式会社村田製作所 取締役専務執行役員)

【プログラム】
16:30~16:45 開会挨拶
16:45~17:25 講演「不思議なセラミックスに挑戦した若者のロマン」
17:25~17:45 質疑応答
17:45     閉会挨拶
18:00~19:00 懇親会(有料:1,000円)

【定員】30名(先着順)

【参加費】無料

【主催】中小機構 近畿 京大桂ベンチャープラザ

【詳細・申込方法】下記URLからお申込みください(申込締切:平成30年6月7日(木))
http://www.smrj.go.jp/incubation/kkvp/event/2018/frr94k000002ir1g.html

【問合せ先】 中小機構 近畿 京大桂ベンチャープラザ
TEL 075-382-1062

6月
15
【龍谷大学】公害防止管理者(水質関係)資格試験 「受験対策講座」 @ 龍谷大学瀬田キャンパス
6月 15 @ 10:00 – 6月 16 @ 18:00

「特定工場における公害防止組織の整備に関する法律(法律第107号)」の制定により、有害物質を含む排出水が生じる工場等、ある一定の条件を有する特定工場には、公害防止管理者の資格を持つ人の配置が義務づけられています。

 龍谷大学では、10月に公害防止管理者(水質関係)資格試験の受験を予定されている方々を対象にした講座を以下のとおり開催いたします。水質1種~4種全ての資格試験を受験予定の方にご受講いただける内容です。皆さまの奮っての御参加を心よりお待ちいたしております。

 <講座のポイント>
 ★過去に行われた出題傾向を分析し、設問形式で具体的にわかりやすく講義します。
 ★一人で学習するより密度の濃い内容を学べます。
 ★1種~4種全ての資格試験に対応する内容です。

 【日 時】平成30年6月15日(金)10:00~16:10、6月16日(土)9:00~18:00
 
 【場 所】龍谷大学瀬田キャンパス RECホール 教室
      (大津市瀬田大江町横谷1-5 JR琵琶湖線「瀬田」駅よりバスで8分)

 【定 員】30名(申込先着順)

 【カリキュラム】
   6月15日(金)
    ①10時00分~12時00分
    「大規模水質特論」
    (汚濁物質の挙動、および大規模施設での水質汚濁対策の解説と演習)
    講師:龍谷大学理工学部環境ソリューション工学科 実験講師 桧尾 亮一
   
    ②13時00分~16時10分(途中休憩を挟む)
    「水質有害物質特論」
    (各有害物質の処理、および分析技術の解説と演習)
    講師:龍谷大学理工学部環境ソリューション工学科 実験講師 桧尾 亮一

   6月16日(土)
    ③9時00分~14時40分(途中休憩、昼食を挟む)
    「汚水処理特論」
    (物理化学処理、生物処理および分析技術の解説と演習)
    講師:龍谷大学理工学部環境ソリューション工学科 実験講師 桧尾 亮一

    ④14時50分~16時20分
    「公害総論」
    (関連法規、および環境問題関連問題の解説と演習)
    講師:一般財団法人関西環境管理技術センター 専務理事 武甕 孝雄 氏

    ⑤16時30分~18時00分
    「水質概論」
    (関連法規、および水質汚濁関連問題の解説と演習)
    講師:一般財団法人関西環境管理技術センター 専務理事 武甕 孝雄 氏

 【受講料】
    ■会員
     全講座受講                  12,000円(税込)
     1講座受講(スポット受講)①「大規模水質特論」 2,000円(税込)
                  ②「水質有害物質特論」4,000円(税込)
                  ③「汚水処理特論」  6,000円(税込)
                  ④「公害総論」    2,000円(税込)
                  ⑤「水質概論」    2,000円(税込)
      
      ※会員とは、EMATEC賛助会員、大阪府中小企業家同友会会員、
       京都工業会会員、滋賀県環境保全協会会員、尼崎工業会会員、
       龍谷大学BIZ-NET会員です。
    
    ■一般
     全講座受講                  24,000円(税込)
     1講座受講(スポット受講)①「大規模水質特論」 4,000円(税込)
                  ②「水質有害物質特論」7,000円(税込)
                  ③「汚水処理特論」  10,000円(税込)
                  ④「公害総論」    4,000円(税込)
                  ⑤「水質概論」    4,000円(税込)

【詳 細】http://rec.seta.ryukoku.ac.jp/news/detail.php?id=9727

【主 催】龍谷大学 龍谷エクステンションセンター

【お問い合わせ】
     龍谷大学 龍谷エクステンションセンター(REC滋賀)担当:城
     〒520-2194 大津市瀬田大江町横谷1-5 TEL:077-544-7299

お申込みはこちらから

6月
21
D-egg Cocktail セミナー「協調型自動運転のための情報通信プラットフォーム」 @ D-egg 2階会議室
6月 21 @ 17:00 – 19:30

今年3月27日、京都府内で初めての公道実験となる、自動車の自動運転の実証実験が関西文化学術研究都市で開始されました。同志社大学モビリティ研究センターなどの技術を持ち寄って実験し、実用化を目指しています。

ここでは、協調型自動運転のための情報通信システムの役割、位置づけ、定義、および、アプリケーションプラットフォームとしての応用例を示し、国内外の具体的な取組みの紹介と今後の展開についてお話しいただきます。

【日時】平成30年6月21日(木) 17:00~19:30(交流会:18:30~)

【場所】D-egg 2階会議室
(京田辺市興戸地蔵谷1番地 同志社大学京田辺キャンパス内)

【講師】佐藤 健哉(さとう けんや) 氏
同志社大学大学院理工学研究科 情報工学専攻 教授
同志社大学モビリティ研究センター長

1986年大阪大学電子工学専攻修士課程修了。同年住友電工入社。1991~1994年スタンフォード大学客員研究員。2000年奈良先端科学技術大学院大学博士後期課程修了。米国AMI-Cチーフテクノロジストを経て、2004年より現職。博士(工学)。分散システム、ITSの研究に従事。
国際標準化機構(ISO)/ITS専門委員会(TC204)日本代表、総務省自律型モビリティシステム研究開発運営委員会委員長を務める。

【参加費】無料(但し、交流会参加は1,000円)

【定員】30名(先着順)

【主催】中小機構 近畿 同志社大学連携型起業家育成施設D-egg

【共催】同志社大学リエゾンオフィス、京田辺市経済環境部産業振興課、京田辺市商工会

【詳細】http://www.smrj.go.jp/incubation/d-egg/event/2018/frr94k000002895x.html

【申込み・問合せ】
D-egg IM室(担当:上村、塚脇)
Tel:0774-68-1378 Fax:0774-68-1372 E-mail:tsukawaki-m@smrj.go.jp

PAGETOP
京都府 京都市 京都商工会議所 社団法人 京都工業会

京都大学 大学コンソーシアム京都 公益財団法人 京都産業21 京都高度技術研究所 京都産業育成コンソーシアム
Copyright © 京都産学公連携機構 All Rights Reserved.