京都産学公連携機構は、京都における産・学・公のあらゆる機関が相互に情報を共有しながら、連携と協働を進めます。
  • 相談窓口
  • 京都「大学の知恵」活用認定制度
  • 支援事業説明会

産学公連携イベント&ニュース

7月
23
「関西ICTイノベーションプロジェクト2018」~SCOPE成果発表&平成30年度「I-Challenge!」公募説明~(締切7/18)
7月 23 @ 13:30 – 16:30

総務省のICT分野における競争的資金「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)」の研究成果の発表と、ICTを活用した新事業の創出にチャレンジするベンチャー・中小企業等の事業育成支援・研究開発支援を一体的に推進する「I-Challenge!(※)」の公募説明を開催いたします。
(※研究開発の事業化を目指すプログラム。支援額:上限7,000万円)

【日 時】:平成30年7月23日(月) 13:30~16:30(13:00 受付開始)

【場 所】:大阪イノベーションハブ(OIH)
http://www.innovation-osaka.jp/ja/access

【プログラム】

①戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)成果発表
『高齢者見守りのための生活支援対話システムの研究開発』
奈良先端科学技術大学院大学 教授 中村 哲 氏

『精神や発達に障がい特性を持つ方でも継続学習できる、無料IT技能学習サイトの開発・運営』
神戸大学大学院保健学研究員 森本 かえで 氏

②ICTイノベーション創出チャレンジプログラム「I-Challenge!」

公募説明
1) 総務省 国際戦略局 技術政策課
2) 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
経済政策部/MUFG研修事業部(※業務支援機関)

【主 催】総務省近畿総合通信局、近畿情報通信協議会

【申 込】下記URLにある宛先までメール、または、FAXでお申し込み下さい。

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01001172.html

【問合先】近畿総合通信局 情報通信部 情報通信連携推進課
担当:雲林院(うじい)、白須、田口
TEL 06-6942-8546/FAX 06-6920-0609
E-mail renkei-k@soumu.go.jp

7月
25
「京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト」起業家セミナー~主婦からの起業、今や211人の大家族に~ @ 京都市成長産業創造センター(ACT京都)
7月 25 @ 13:30 – 17:00

起業を想い描いている方にとって、どこからどのように進めればよいか不安な面があると思います。
このセミナーを通じて、皆様が想い描く自分の起業を現実化するための参考としていただくとともに、同じ起業される方同士の仲間づくりとなりますようご案内いたします。

■開催日時:平成30年7月25日(水)13:30~17:00

■開催場所:京都市成長産業創造センター(ACT京都)共通会議室
(京都市伏見区治部町105番地)

■参加費:無料

■主催:京都府・(公財)京都産業21・京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進協議会

■共催:京都市成長産業創造センター((公財)京都高度技術研究所)

■お問合せ:京都市成長産業創造センター(ACT京都)

TEL 075-603-6700  FAX 075-603-6713

■詳細は以下サイトをご覧ください

https://www.act-Kyoto.jp/events/20180725ki21.html

D-egg Salon セミナー「知的財産の基礎知識&明細書の特許請求の範囲について~皆さんと共に考えてみましょう~」 @ D-egg 2階会議室
7月 25 @ 14:00 – 16:00

特許請求の範囲の理解ができると、明細書を読むことが楽しくなります。また、今後の技術の展開を知ることができます。
本セミナーでは、技術的創作(いわゆる発明)を行った場合に、どのように特許明細の範囲を作っていくのか、皆さんと共に考えて作ってみましょう!!
わかりやすく説明致しますので、お気軽に参加頂ければと思います。

【日時】平成30年7月25日(水)14:00~16:00(15:30~ 質疑応答)

【場所】D-egg 2階会議室
(京都府京田辺市興戸地蔵谷1番地 同志社大学京田辺キャンパス内)

【講師】弁理士 南 力(みなみ ちから) 氏
(特許業務法人クレイア特許事務所 所長)

学 歴:同志社大学 工学部 機械系学科卒業(1995年)、
同志社大学大学院工学部 機械系学科修了(1997年)
職歴等:株式会社キーエンス 商品設計グループ所属(1997~2000年)、
他の特許事務所勤務(2000~2007年)、特許業務法人クレイア特許事務所(2007年~)
所 属:日本弁理士会、関西特許研究会(KTK)、西日本弁理士クラブ

【参加費】無料

【定員】30名(先着順)

【申込み・問合せ】
D-egg IM室(担当:上村、塚脇) Tel:0774-68-1378 Fax:0774-68-1372
E-mail:D-egg_info@smrj.go.jp
http://www.smrj.go.jp/incubation/d-egg/

【主催】中小機構 近畿 同志社大学連携型起業家育成施設D-egg

【共催】同志社大学リエゾンオフィス、京田辺市経済環境部産業振興課、京田辺市商工会

【詳細】http://www.smrj.go.jp/incubation/d-egg/event/2018/frr94k000002uq2t.html

7月
26
京都商工会議所 繊維・染織部会 公開講演会「きもの文化と日本の心学」
7月 26 @ 16:00 – 17:10

京都商工会議所 繊維・染織部会では、ファッションやデザイン・伝統産業や文化、ライフスタイルなど様々な切り口から講演会を開催しています。
今回は、日本人の「道徳」や江戸時代に広がった「陽明学」に関する講演等で活躍されている円 純庵氏を講師にお招きし、「きもの文化と日本の心学」をテーマに公開講演会を開催します。
京都商工会議所 繊維・染織部会員以外の方もご参加頂けます。
和装産業の未来と日本人の関係性についてご関心のある方はお申し込みの上、ぜひご来場ください。

■日時:平成30年7月26日(木)16:00~17:10

■場所:京都ブライトンホテル(地下1階)英の間
<京都市上京区新町通中立売>

■募集締切:平成30年7月23日(月)正午

■定員:100名

■参加費:無料

■そ の 他: 定員に達し、ご参加いただけない場合のみご連絡いたします。

■主 催:京都商工会議所 繊維・染織部会

◇◇◇詳細・応募はこちら
⇒ https://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_109948.html

お問合せ先
京都商工会議所 産業振興部(津川、河村)
TEL:075-212-6450 FAX:075-255-0428 E-mail:shinkou@kyo.or.jp

7月
30
IoT/IoEビジネス研究会 第9回例会 @ 京都リサーチパーク 4号館 2F 「ルーム1」
7月 30 @ 13:30 – 17:00

挑戦する中小企業!
~IoT活用による現場改善を目指す~
今回のIoT/IoEビジネス研究会 第9回例会は、7月30日(月)から始まる『KRP-WEEK2018』の期間中に開催されます。

※ご参加には、IoT/IoEビジネス研究会への入会が必要です。
未入会の方は、本申込にて研究会入会(入会費・年会費無料)とさせていただきます。

IoTを利活用するにあたり、よく聞く困りごとで「導入方法がわからない」、「費用対効果が見えない」、「社内IT人材不足」等があります。
いつまでも、IoTの利活用に手を付けずに済ますことはできません。
まずは身近な困りごとの解決から取り組む必要があります。
今回の例会では、果敢に挑戦している中小企業を招き、参考になる生々しい事例を紹介いただき、困りごとの解決に役立てます。
きっとIoT利活用の一歩が見えてきます。

お申込み・詳細はコチラ
◆開催日時:平成30年7月30日(月)13:30~17:00(受付13:00~)
◆会場:京都リサーチパーク 4号館 2F「ルーム1」
◆定員:50名 【先着順 】 ※申し込み締切日 平成30年7月23日(月)
◆参加費:無料(但し、研究会終了後のネットワーキング参加は2,000円)
※研究会・ネットワーキングともに、申し込み後の欠席は必ずご連絡ください。
◆主催:公益財団法人京都産業21、京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進センター

◆内容
〈挨拶〉
椹木 哲夫 氏 IoT/IoEビジネス研究会総合アドバイザー(京都大学大学院工学研究科  教授)

〈講演〉
1.「IoTで遠隔管理~きめ細かいサービス提供と業務効率化を実現~」
福田 喜之 氏
株式会社FUKUDA 代表取締役社長

2.「IoT導入による生産性向上への取り組み
林 英夫 氏
武州工業株式会社 代表取締役

〈パネルディスカッション〉
sli.do(会場からの質問を匿名で集められるサービス)を利用したパネルディスカッションを予定
(参考:https://www.sli.do/)
・総合ファシリテーター 椹木 哲夫 氏
・ファシリテーター 高梨 千賀子 氏
IoT/IoEビジネス研究会経営アドバイザー(立命館アジア太平洋大学国際経営学部 准教授)
・パネラー 福田 喜之 氏、林 英夫 氏

〈京都企業によるシーズ説明会(10分/各社)〉
1)センサー(デバイス)        亀岡電子株式会社
2)開発試作              株式会社PROTEC
3)AI分野                           株式会社エクサウィザーズ
4)アプリケーション(ソリューション) 株式会社ピーパルシード
5)アプリケーション(ソリューション) 株式会社KYOSO
〈ネットワーキング〉(名刺交換会)研究会終了後~19:00
※ネットワーキングにも参加し、積極的に情報交換していただくことをお勧めします。

【お問合せ先】
(公財)京都産業21
イノベーション推進部 新産業創出グループ
京都IoT/IoE産業創出事業 事務局
TEL:075-315-8677  e-mail:iot@ki21.jp

第2回知恵ビジネスサロン「伝統を打ち破れ!老舗企業の新たな挑戦 ~新事業から生まれるブランド構築~」 @ 京都商工会議所
7月 30 @ 17:30 – 20:00

今回の「知恵ビジネスサロン」では、株式会社八代目儀兵衛の橋本代表取締役社長CEOを
お招きし、自社の“強み”や“知恵”を活用した新規事業展開、ブランド構築に向けた
これまでの取り組みと今後の展望等についてご講演頂きます。第2部では交流会を開催し、
講師や参加者との交流を通して“知恵ビジネス”を身近に感じて頂ける機会となりますの
で、ぜひ皆様にご参加頂きますよう心よりお待ちしております。

■日 時■ 平成30年7月30日(月)17:30~20:00
  
■場 所■ 京都商工会議所 3階 役員室
      http://www.kyo.or.jp/kyoto/img/k_map02.gif
      ※駐輪場はございません。公共交通機関をご利用ください。

■対 象■ 中小企業経営者・幹部の方(新事業や知恵ビジネスの展開を
       お考えの方、現状を打破したい方)
  
■内 容■
 第1部 
  <事例発表>
   橋本 隆志 氏(株式会社八代目儀兵衛 代表取締役社長CEO)
  「お米のデザインカンパニー 八代目儀兵衛の挑戦」
  <解説>
   佐藤 研司 氏(龍谷大学 名誉教授)
  <ファシリテータ>
   宮本 康史 氏(京都商工会議所青年部 ONE-STEP部会長/
           宮建工業株式会社 代表取締役)
 第2部 交流会

■定 員■ 50名  

■受講料■ セミナー無料
     *交流会のみ有料 京商会員1,000円/一般3,000円

■詳細・申込み■ ホームページをご覧下さい。
   https://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_110051.html
            
■主催、問合せ■
京都商工会議所 中小企業経営支援センター 知恵産業推進室
   担当:竹路・田村・細川 tel 075-212-6470

7月
31
- 成功事例に学ぶ - 平成30年度京都産学公連携セミナー~学の知恵を活かしてイノベーションをデザインする~
7月 31 @ 13:30 – 17:00

オープンイノベーションによる事業創出が重要となる中、大企業を中心に産学連携の取り組みが進み、多くの成功事例も報告されています。
しかしながら、中小企業に目を向けると、「大学の研究者との接点がない」、「産学連携の進め方が良く分からない」などの理由により、産学連携による自社製品のブランド化や高付加価値化、新たな事業領域への展開に成功した中小企業が少ないのが現状です。
このような現状を踏まえ、平成30年度の「京都産学公連携セミナー」では、中小企業による産学連携の成功事例を紹介することにより、成功のポイントやヒントを紐解き、産学連携に取り組む契機となるセミナーを開催します。
産学連携に取り組みたい意向はあるものの、産学連携に関する知識やノウハウ不足等から未だに産学連携に取り組めていない企業の皆さまのご参加をお待ちしております。

■ 日   時:平成30年7月31日(火)13:30~17:00(受付開始:13:00~)

■ 場   所:京都リサーチパーク 1号館 4階 サイエンスホール

■ 対   象:企業や大学、産業支援機関、経済団体、行政等

■ 参加費:無料

■ 主   催:京都産学公連携機構
(京都府、京都市、京都商工会議所、(公社)京都工業会、京都大学、(公財)大学コンソーシアム京都)

■ 後 援:近畿経済産業局

■ 協 力:京都リサーチパーク(株)

■ 定   員:100名(先着)

■ 参加申込:FAX、メール等により受付(平成30年7月26日(木)締切)

■ 詳   細(ホームページ):https://sangakukou.kyoto.jp/projects/renkei-seminar/h30/

■ 申請先・問合せ先
京都産学公連携機構 事務局(担当:細江、河上)
〒604‐0862 京都市中京区烏丸通夷川上ル京都商工会議所ビル6階
TEL:(075)229-6455、FAX:(075)211-1881
E-mail:sangakukou@kyo.or.jp

8月
9
第16回 生活を豊かにするロボットビジネス研究会 @ 京都リサーチパーク 1号館 4階「サイエンスホール」
8月 9 @ 14:00 – 17:00

「革新的サイバニックシステム最前線~社会変革を起こす~」をテーマとして、ロボットスーツHAL®(ハル)の誕生や、人とテクノロジーが共生する未来社会等についてお話いただきます。是非、ご参加ください。

◆開催日時:平成30年8月9日(木)14:00~17:00(受付13:30~)
◆会 場:京都リサーチパーク1号館4階「サイエンスホール」(京都市下京区中堂寺南町134)
◆参加費:無料(名刺交換会参加は3,000円)
◆定 員:100名(先着順)
◆内 容:<テーマ:革新的サイバニックシステム最前線~社会変革を起こす~>

1.講演
「日本型イノベーションの『神話』」
前川 佳一 氏
(本研究会ビジネスアドバイザー)京都大学大学院 経営管理研究部 特定准教授
〈講演要旨〉
これまでのモノ・仕組みに対して新しい考え方を取り入れて社会的価値をもたらす意味に使われている「イノベーション」。ところが、世の中にはまったく逆の解釈や“神話・迷信”がはびこる。講演では、技術力で勝るものの日本企業がビジネスから撤退した身近な事例等を紹介しながら、“神話・迷信”の正体を暴き、誰もがイノベーションに挑戦できるヒントを発信する。

「革新的サイバニックシステム最前線~社会変革を起こす~」
山海 嘉之 氏
筑波大学 システム情報系 教授
サイバニクス研究センター 研究統括
内閣府 ImPACT プログラムマネージャー
CYBERDYNE株式会社  代表取締役社長/CEO
〈講演要旨〉
山海先生が開発した「ロボットスーツHAL®(ハル)」は、新領域[サイバニクス:人・ロボット・情報系の融合複合]の技術を駆使した、身体機能の改善・補助・拡張・再生する世界初のサイボーグ型ロボットである。
「医療用HAL®」は、疾患等で脳・神経・筋系の機能が低下した患者さんが装着し、医師等が治療を行う革新的ロボット治療機器であり、装着する人の運動意思に従った運動を実現し、身体機能の改善・再生を促進する。
講演では、HAL®研究開発の歩みから活用事例、そして次の社会変革をもたらす「Society 5.0/5.1」「重介護ゼロ ®社会」の実現に向けた最新の取り組みについて語る。

2.パネルディスカッション
山海 嘉之 氏 ・ 前川 佳一 氏
松野 文俊 氏(京都大学大学院工学研究科教授/本研究会総合アドバイザー)
吉川 典子 氏(NPO医工連携推進機構客員研究員/本研究会サポーター)

3.名刺交換会(研究会終了後~18:30)
レストラン パティオ(京都リサーチパーク 1号館 1階)
会 費 : 3,000円

◆お申し込み方法:下記URLからお申し込みください。
http://kyoto-koyop.jp/support/16th-robot-business/
申込締切日:平成30年8月2日(木)

◆主 催:公益財団法人京都産業21、京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進センター

■本件に関するお問合せ先■
公益財団法人京都産業21
イノベーション推進部 新産業創出グループ
京都ライフサイエンスプロジェクト成長展開事業 事務局
TEL:075-315-8563    e-mail:life@ki21.jp

8月
10
第1回 産学公連携コーディネータ研鑽交流会
8月 10 @ 15:30 – 18:00

地域における産学連携、研究の実用化、企業の課題解決を進めるにあたり、支援機関,大学のコーディネータの活動がますます重要になってきています。支援人材のネットワーク形成により知見の共有等を行い今後の連携活動を円滑にすすめることを目的にコーディネータ研鑽交流会を開催致します。

今回、宇宙太陽電池発電、マイクロ波送電研究の第一人者であり、またマイクロ波送電を含むワイヤレス給電の実用化を牽引されている京都大学の篠原教授をお招きして研究のトピックスや大学発イノベーションの実用化の取り組みについてご講演頂きます。

【日時】  平成30年8月10日(金) 15:30~17:00 (15:00開場)17:00~18:00(懇親会)

【場所】  京都商工会議所ビル2階 第1,2教室 (交流会は第3教室)
京都市中京区烏丸通夷川上ル
丸太町駅下車-南6番出口が当ビル地階に直結
※駐車場・駐輪場はございません。お越しの際は、公共交通機関をご利用ください。

【プログラム】
15:30 -15:50 NEDO ベンチャー・中小・中堅企業向け支援事業のご紹介
NEDO イノベーション推進部 専門調査員 船木 照夫 氏

15:50 -16:50   招待講演
『マイクロ波無線電力伝送の研究現状と実用化の課題-ガラスの天井-』
京都大学生存圏研究所 教授 篠原 真毅 氏

17:00 -18:00 懇親会

【対象】  大学・産業支援機関の関係者、次世代ビジネスに興味のある方

【定員】  40名

【参加費】 無料(懇親会参加者は1,000円を受付にて拝受いたします)

【主催】  京都産学公連携機構

【申込先】 締切日:平成30年8月6日(月)

チラシはこちら⇒ちらし
①ご所属の企業・機関名、②貴名、③ご役職、④電話、⑤e-mail、⑥懇親会の参加有無を記載のうえ、FAXまたはメールでお申し込みください。
FAX:075-211-1881
E-mail:sangakukou@kyo.or.jp

【問い合わせ】
京都産学公連携機構(担当:石尾)
E-mail:sangakukou@kyo.or.jp
TEL:075-229-6455 FAX:075-211-1881

8月
28
平成30年度 デザイン活用セミナー ~ 知財トラブルにまきこまれないために ~
8月 28 @ 14:30 – 16:30

新しい事業や商品の開発、あるいは他との差別化を図る場合に、戦略的にデザインを活用することが重要であり、デザインの役割や位置づけが見直されてきています。一方で、デザインに関する著作権や意匠権などの知的財産権(知財権)に関わる知識不足や認識の誤りからトラブルにまきこまれる場合が多々あります。

本セミナーでは、芸術やデザインに関わる知的財産権(知財権) の取扱いについて、モデレーターの山田繁和氏(大阪工業大学大学院 教授)を中心に、そこに潜むリスクや回避策・解決策について、実例を交え紹介します。

デザインを活用した産学公連携や事業をお考えの上で、芸術やデザインに関わる知的財産権(知財権) の取扱いに悩まれている大学や専門学校等の産学連携の実務担当者、教員、学生、デザインの戦略的な活用を目指す企業の皆さまのご参加をお待ちしております。

【プログラム】

■第1回 (通算第4回)
【日 時】平成30年8月28日(火) 14:30~16:30
【場 所】京都リサーチパーク4号館2F ルーム2
【テーマ】芸術・デザイン系大学における知財教育の意義と実践に向けた動き
【内 容】
(1)芸術・デザイン系大学における知財教育の意義
※講 師:辰巳 明久 氏 (京都市立芸術大学 教授)

(2)特許庁知財教材「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」開発について
※講 師:吉田 悦子 氏 (大阪大学知的基盤総合センター 特任研究員)

(3)モデレーター(山田 繁和 大阪工業大学大学院 教授)によるまとめ

■第2回 (通算第5回)
【日 時】平成30年10月16日(火) 14:30~16:50
【場 所】京都リサーチパーク4号館2F ルーム2
【テーマ】デザイナーが身に着けておくべき知財の基本
【内 容】
(1)特許庁が作成した知財教材の教育効果
※講 師:山田 繁和 氏 (大阪工業大学大学院 教授)

(2)芸術・デザイン系大学における産学連携
※講 師:仲村 隆蔵 氏 ((一社)発明推進協会 産学連携知的財産アドバイザー)

(3)産学連携知的財産アドバイザー派遣事業について
※講 師:横内 猛 氏 (独立行政法人 工業所有権・研修館 知的人材部長代理)

(4)モデレーター(山田 繁和 大阪工業大学大学院 教授)によるまとめ

第3回 (通算第6回)
【日 時】平成30年12月25日(火) 14:30~16:30
【場 所】京都リサーチパーク4号館2F ルーム2
【テーマ】特許庁知財教材「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」を用いた取組み
【内 容】
(1)京都市立芸術大学における「クリエイターのための知的財産入門」-アクティブ・ラーニング導入例
※講 師:吉田 悦子 氏 (大阪大学知的基盤総合センター特任研究員)

(2)知財教材のPBL(Project Based Learning)の適用
※講 師:山田 繁和 氏 (大阪工業大学大学院 教授)

(3)モデレーター(山田 繁和 大阪工業大学大学院 教授)によるまとめ

【対 象】大学や専門学校等の産学連携の実務担当者、教員、学生、デザインの戦略的な活用を目指す企業

【主 催】京都産学公連携機構
(京都府、京都市、京都商工会議所、(公社)京都工業会、京都大学、(公財)大学コンソーシアム京都)

【後 援】特許庁、近畿経済産業局、(一社)京都発明協会

【人 数】先着50名/回 (定員になり次第締め切ります)

【参加費】
・大学や専門学校等、京都産学公連携機構関係者:無料
・デザインの戦略的な活用を目指す企業・個人:2,000円/回

【申込方法】添付の参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX、あるいはメールで京都産学公連携機構事務局まで、お申し込み下さい。
・メールでお申込みの場合は、件名を「デザイン活用セミナー参加申込」として、本文に、①氏名(ふりがな)、②企業・団体名(ふりがな)、③所属/役職、④企業・団体所在地、⑤TEL、⑥FAX、⑦セミナー(第1~3回)をご記入のうえ、同事務局(E-mail:sangakukou@kyo.or.jp)までご送付ください。

【申込締切】※平成30年8月17日(金)
セミナーの構成上、3回ともすべて受講することが前提です。

【添付資料】チラシ

【会場案内】京都リサーチパーク(KRP) 4号館2F ルーム2
(〒600-8813)京都市下京区中堂寺粟田町93
■京都駅より、JR嵯峨野線(山陰線)で1駅、「丹波口」駅下車 西へ徒歩5分
■京都駅より、タクシーで約10分

問い合わせ先
京都産学公連携機構 事務局(担当:細江、河上)
TEL:(075)229-6455
FAX:(075)211-1881
E-MAIL:sangakukou@kyo.or.jp

PAGETOP
京都府 京都市 京都商工会議所 社団法人 京都工業会

京都大学 大学コンソーシアム京都 公益財団法人 京都産業21 京都高度技術研究所 京都産業育成コンソーシアム
Copyright © 京都産学公連携機構 All Rights Reserved.