京都産学公連携機構は、京都における産・学・公のあらゆる機関が相互に情報を共有しながら、連携と協働を進めます。
  • 相談窓口
  • 京都「大学の知恵」活用認定制度
  • 支援事業説明会

産学公連携イベント&ニュース

1
全日
平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)の技術開発課題の提案の公募
平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)の技術開発課題の提案の公募
3月 1 全日
総務省では、平成30年度 ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)の技術開発課題の公募を4月12日(木)から開始しました。 本プログラムは、多くのベンチャー企業等が直面しているいわゆる「死の谷」の克服に向けた支援制度として、ICT(情報通信技術)分野におけるイノベーション創出に向け、民間の事業化ノウハウ等の活用による事業育成支援と研究開発支援を一体的に推進することにより、研究開発成果の実用化を促進し、新事業の創出を促進することを目的としています。 〇「I-Challenge!」に係る技術開発課題の提案の公募 1.公募の概要 公募の内容、応募方法等は下記の「I-Challenge!」ホームページをご覧ください。 総務本省 報道発表URL http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000239.html 2.公募期間 平成30年4月12日(木)~平成31年3月29日(金) ※平成30年度中は常時応募可能。 ■主催 総務省 【お問い合わせ先】 近畿総合通信局 情報通信部 情報通信連携推進課 TEL 06-6942-8546 E-mail renkei-k@soumu.go.jp (担当)雲林院(うじい)、白須、田口
「けいはんなベンチャーセンター」入居者募集中 @ (株)けいはんな
「けいはんなベンチャーセンター」入居者募集中 @ (株)けいはんな
3月 1 全日
京都府では、飛躍的な成長の可能性を秘めているベンチャー企業の皆さんを支援するため、平成12年6月より、「新産業創出都市」をめざす関西文化学術研究都市・けいはんなプラザにおいて、新産業創出・ベンチャー育成の拠点となるインキュベート・ルームを開設しています。 現在、インキュベート・ルームの使用(入居)者を募集しています。 ◇ 募集区画  けいはんなプラザのWEBサイトで最新の空室状況を確認して下さい。 ◇ 募集期間  入居申込書の提出をいつでも受付いたします。 ◇ 入居審査  年6回、偶数月に予定されています。 原則として、審査合格の翌月1日より入居できます。 ◇ 入居対象 ○創業をめざす方 ○学生ベンチャーをめざす方 ○創業後間もない方 ○創造的な事業活動を行う方 ○経営の革新・新事業の開拓を行う方等 ◇詳細 https://www.keihanna-plaza.co.jp/office-labo/incubate-room/ ◇主催 京都府、(株)けいはんな ◇問い合わせ (株)けいはんな TEL 0774-95-5117 E-MAIL labo@ml.keihanna-plaza.co.jp
京都大学インダストリアルデイ2019 (1) への企業ブース出展募集
京都大学インダストリアルデイ2019 (1) への企業ブース出展募集
3月 1 全日
京都大学では、先端研究を社会にアピールし産学連携につなげることを目的に、産学マッチング交流会(インダストリアルデイ)を開催してきました。第11回となる今回は、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第49回総会の京都開催に合わせ、テーマを「気候変動に関するレジリエンスの強化」としました。本イベントでは、本学研究シーズの発表に加え、企業様からのショートプレゼン(ピッチ)とブース展示を予定しています。気候変動に関連する技術(下記キーワードご参照)をお持ちの企業様を幅広く募集いたします。ご出展を是非ご検討ください。 ■申込み締切:2019年3月7日(木) ■出展費用 :無料 ■展示スペース:パネル(幅900 mm、高さ2000 mm程度)と机(幅1800 mm、奥行き450 mm)をご用意いたします。電源のご使用に関してはご相談ください。 ■申込み方法:下記お問い合わせ先までご連絡ください。ご登録方法をお返事いたします。 ■主催   :京都大学 学術研究支援室、工学研究科附属学術研究支援センター、京都市(予定) ■時期   :2019年5月24日 (金)13:30-17:10 ■会場(予定):京都リサーチパークもしくはキャンパスプラザ京都 ■テーマ  :気候変動に関するレジリエンスの強化 ■内容   : 基調講演(田中宏明 京都大学大学院工学研究科教授) 特別講演(京都市環境政策局) 研究シーズ発表(ピッチ&ポスター、京都大学若手研究者12名予定) 企業発表・展示(ピッチ&展示ブース、6社程度予定) ■キーワード:治水対策・洪水予測、水処理技術、防災システム、災害リスクマネジメント、リモートセンシング、エネルギー利用効率化、再生可能エネルギー、燃料電池 ■お問い合わせ:京都大学学術研究支援室 桂地区 (インダストリアルデイ担当) TEL: 075-383-2849 E-mail: 090ura@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
00:00
01:00
02:00
03:00
04:00
05:00
06:00
07:00
08:00
09:00
10:00
11:00
12:00
13:00
14:00
15:00
16:00
17:00
18:00
19:00
20:00
21:00
22:00
23:00
13:00 第4回デジタルヘルスシンポジウム~ AI & Multimedia Technologies for Smart Healthcare ~ @ 京都大学医薬系総合研究棟1F 藤多記念ホール
第4回デジタルヘルスシンポジウム~ AI & Multimedia Technologies for Smart Healthcare ~ @ 京都大学医薬系総合研究棟1F 藤多記念ホール
3月 1 @ 13:00 – 19:30
さてこのたび京都大学・国立台湾大学・東和薬品株式会社 / Tスクエアソリューションズ株式会社共催の第4回デジタルヘルスシンポジウム ~AI & Multimedia Technologies for Smart Healthcare~ を下記の通り開催することになりましたのでご案内申し上げます。 ご多用の事と存じますが、ご臨席賜れば幸甚でございます。 ◆開催日時 2019年3月1日(金)13:00~19:30 ※懇親会含む(開場:午後12時30分) ◆会 場  京都大学 医薬系総合研究棟 藤多記念ホール1F(下記URL 【68番】)http://www.med.kyoto-u.ac.jp/access/campusmap/ ◆目 的  医学、工学、物理学、情報科学など研究分野横断的なデジタルヘルス領域のアカデミアの研究成果を、新規医薬品、新規医療機器開発を含む医療分野への応用や質の高い健康・医療データの活用に繋げるためには、アカデミアと産業界の協働や国際的な連携を促進するリーダーシップが不可欠です。 本シンポジウムはまさにその役割を果たすべく企画致しました。 ◆共 催  京都大学・国立台湾大学・東和薬品株式会社 / Tスクエアソリューションズ株式会社 ◆定 員  250名(定員になり次第受付終了) ◆参加費  無料(懇親会参加費:1,000円) ◆申し込み 下記URLからお申込み下さい。 http://bit.ly/2SXAAmU 詳細はHPをご覧ください。https://www.saci.kyoto-u.ac.jp/event/e_event/10068.html ◆プログラム(日英同時通訳あり) 13:00-13:10  開会の挨拶 岩井一宏 (京都大学大学院医学研究科長 教授) Jiun-Rong Chen (Director Science & Technology Division, Taipei Economic & Cultural Representative Office in Japan) 13:10-13:30  黒田知宏 (京都大学医学部附属病院医療情報企画部 教授) 「臨床現場が必要なAIってなんだろう?」 13:30-13:50  Li Chen Fu (Professor/Director Department of Computer Science & Information Engineering, National Taiwan University/ MOST Joint Research Center for AI Technology and All Vista Healthcare) 「Where will AI and Robotics lead us in the realm of smart healthcare?」 13:50-14:10  神田崇行 (京都大学情報学研究科社会情報学専攻社会情報モデル講座 教授) 「人らしいロボットを用いたヘルスケアに向けて」 14:10-14:50  ポスター&コーヒーブレイク 14:50-15:10  Han-Mo Chiu (Clinical Professor Department of Internal Medicine, National Taiwan University Hospital) 「Development of novel computer-aided recognition system applying deep learning technology for verification of cecal intubation」 ...
14:30 大学連携型 5BI 合同 「ビジネスマッチング&交流会」
大学連携型 5BI 合同 「ビジネスマッチング&交流会」
3月 1 @ 14:30 – 18:30
大学連携型の5BI(京大桂VP、立命館BKC、龍大REC、関大イノベーション創生センター、同志社D-egg)合同の入居企業による事業内容のプレゼンテーション会及び交流会を実施します。大学及び入居ベンチャー企業と他企業とのネットワーク構築や、新規の連携パートナー発掘、新市場開拓のヒントを見つけにぜひお越しください。 【日時】2019年3月1日(金)14:30~18:30(受付:14:00~) 【会場】中小企業基盤整備機構 近畿本部 セミナールーム (大阪市中央区安土町2-3-13 大阪国際ビルディング 27階) 【プログラム概要】 ■各施設紹介(14:30~) ■特別講演(14:50~) 「5BI入居企業調査結果の中間報告」~研究成果事業化のための課題を探る~ 児玉俊洋 氏(同志社大学大学院ビジネス研究科 教授) ■入居企業プレゼンテーション(5社)(16:00~) ・マイキャン・テクノロジーズ株式会社(京大桂VP) ・株式会社ユニゾンファブリク(立命館BKCインキュベータ) ・有限会社オプトセラミックス(龍谷大学REC) ・株式会社ケーラボ(関西大学イノベーション創生センター) ・飛鳥メディカル株式会社(同志社大学D-egg) ■交流会(17:30~) 【定員】50名(先着順) 【参加費】無料(但し、交流会は2,000円) 【詳細・申込】 http://www.smrj.go.jp/incubation/d-egg/event/2018/frr94k0000064fdk.html 【主催】中小機構近畿 同志社大学連携型起業家育成施設(D-egg) 【共催】京大桂ベンチャープラザ(京大桂VP)、立命館BKCインキュベータ、 龍谷大学 龍谷エクステンションセンター(REC)、 関西大学イノベーション創生センター 【問合せ先】 同志社大学連携型起業家育成施設 D-egg IM室(担当:上村、塚脇) Tel:0774-68-1378 Fax:0774-68-1372 E-mail:D-egg_info@smrj.go.jp
PAGETOP
京都府 京都市 京都商工会議所 社団法人 京都工業会

京都大学 大学コンソーシアム京都 公益財団法人 京都産業21 京都高度技術研究所 京都産業育成コンソーシアム
Copyright © 京都産学公連携機構 All Rights Reserved.