京都産学公連携機構は、京都における産・学・公のあらゆる機関が相互に情報を共有しながら、連携と協働を進めます。
  • 相談窓口
  • 京都「大学の知恵」活用認定制度
  • 支援事業説明会

産学公連携イベント&ニュース

1
文部科学省「情報ひろば」にて 企画展示「世界の歴史をはかる年代ものさし」展および講演会を開催
文部科学省「情報ひろば」にて 企画展示「世界の歴史をはかる年代ものさし」展および講演会を開催 @ 文部科学省
10月 1 – 11月 8 全日
立命館大学は、文部科学省における大学・研究機関等との共同企画広報の一環で、 文部科学省「情報ひろば」において、古気候学研究センターの水月湖年縞研究に関わる 企画展示、および講演会を開催いたします。 「世界標準の年代ものさし」となった水月湖年縞の実物などを展示しております。 ぜひこの機会に来場いただき、ご高覧いただきたく案内を申し上げます。 ——————————————————————————————- 企画展示「世界の歴史をはかる年代ものさし」展 ——————————————————————————————- ■日時: 令和元年10月1日(火)~11月8日(金) ■開館: 月曜~金曜10:00~18:00(入館17:30まで、土・日・祝休館) ■会場: 文部科学省「情報ひろば」エントランス(新庁舎2階入口、入って左側) ■料金:無料 ■内容:古気候学研究センターの水月湖年縞研究に関する展示 水月湖年縞のステンドグラス、年縞採掘のフィールドワーク風景の映像、ほか ——————————————————————————————- 講演会「地質学のもっとも正確な時計 ―「歴史をはかるものさし」そして気候変動と文明の過去・現在・未来 ―」 ——————————————————————————————- ■日時 :令和元年10月30日(水)17:30~19:30 ■会場 :文部科学省「情報ひろば」ラウンジ(旧文部省庁舎1階) ■料金 :無料 ■申込 :事前申込み不要、当日会場受付 ■講師:中川 毅(立命館大学古気候学研究センター センター長/教授) 北場 郁子(立命館大学古気候学研究センター 副センター長/准教授) ↓↓↓ 展示会・講演会の詳細はコチラ ↓↓↓ http://www.ritsumei.ac.jp/file.jsp?id=435009 ——————————————————————————————-
京都大学サービスMBA入門プログラム
京都大学サービスMBA入門プログラム
10月 2 – 12月 21 全日
京都大学経営管理大学院(大学院経営管理教育部)は、サービス分野での経営や管理を担う中堅の社会人を対象にして、サービス経営学の基本的なセオリー、優秀サービス経営事例を体系的に学び、新規サービス事業の開発や観光経営学を学ぶ社会人講座を開講します。ご関心のある方は奮ってご応募ください。 なお、本社会人講座修了要件を満たした受講者には、京都大学経営管理大学院長発行の「京都大学サービスMBA入門プログラム履修証」が交付されます。(オプション選択者のみ) 「京都大学サービスMBA入門プログラム」チラシ ○申込・詳細:https://www.gsm.kyoto-u.ac.jp/smba/ ○日時:令和元年10月2日(水)から令和元年12月21日(土)まで ※オプション2(観光)のみ翌1月末まで ○場所:キャンパスプラザ京都(京都駅前)・京都大学・京都市内 ○定員:50名(選択科目各15名) ○申込締切:受講者募集期間:7月1日~8月16日 ○主催:京都大学経営管理大学院 共催:京大オリジナル株式会社 ○問合せ先: 京都大学経営管理大学院「京都大学サービスMBA入門プログラム」事務局 E-mail:svc-mba-office@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp Tel:075-753-3526
【京都工芸繊維大学】「先端ものづくり開発人材育成講座」
【京都工芸繊維大学】「先端ものづくり開発人材育成講座」
11月 1 全日
京都工芸繊維大学では社会人向け教育公開講座として、「先端ものづくり開発人材育成講座」を開講いたします。本講座は本学が実施している地域貢献COC事業の一環として、社会人生涯教育の一助とすることを狙って、研究開発型ものづくり事業を事業提案できるエンジニア人材の育成を目的としています。 本講座では、先端ものづくり開発人材に必要な力を育成するために、段階的に、①先端ものづくりプロセス技術コース、②先端ものづくり技術マネジメントコース、③プロジェクトマネジメントコースの3コースを開講いたします。 奮ってご応募願います。 【開講期間】令和元年11月1日(金)~12月18日(水)、この期間で合計8日間 【実施場所】京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス 15号館2階N205室 【受講対象】ものづくりに関わる経験が3年~10年程度の若手技術者 【募集人員】30名程度、最低実施人数10名 【受 講 料】 一般:コース①及び③ 45,000円、コース② 30,000円、全コース一括100,000円 京都工芸繊維大学産学連携協力会会員企業: コース①及び③ 30,000円、コース② 20,000円、全コース一括 60,000円 【主  催】京都工芸繊維大学ものづくり教育研究センター 【後  援】公益社団法人 京都工業会 【申 込 先】京都工芸繊維大学 研究推進課研究戦略係 (075-724-7209 , ken-senryaku[at]jim.kit.ac.jp) <申込み受付専用フォーム> https://www.kit.ac.jp/form/view/index.php?id=215811 【問 合 先】京都工芸繊維大学ものづくり教育研究センター 赤崎宏美(075-724-7379 ,akasaki_hi[at]jim.kit.ac.jp) 増田 新(075-724-7381 ,masuda[at]kit.ac.jp) ※メールアドレスの[at]は@に変更してください。 詳しくは、京都工芸繊維大学研究推進課ホームページをご覧ください。 http://research.jim.kit.ac.jp/nc/html/htdocs/?page_id=134
リカレント教育プログラム デジタルメディアを使って働くための講座(全般) 10:00
リカレント教育プログラム デジタルメディアを使って働くための講座(全般)
11月 1 @ 10:00 – 16:00
デジタルメディア制作の周辺領域で実務に就くために必要な知識や技術を一通り学べるプログラムが9月より開講されます。 デジタルメディア領域の概論から実際のツールを使っての制作講義など幅広い内容となっています。 興味のある方は詳細をご確認いただきお申し込みください。 ■日程:令和元年9月27日(金)~ 12月13日(金) 全13回 ■時間:10:00~16:00 休憩12:00〜13:00 ※10月11日開講分のみ14:30まで ■会場:オープンイノベーションカフェ「KOIN」 ■出願期間:2019年7月22日(月)~9月5日(木)当日消印有効 詳細はこちらから https://www.kyoto-seika.ac.jp/info/event/extension/2019/07/02/52466/ ■お問い合わせ 京都精華大学 社会連携センター 606-8588 京都市左京区岩倉木野町137 Tel:075-702-5263 Fax:075-722-5440 E-mail:crelab@kyoto-seika.ac.jp
【京都橘大学】たちばな教養講座(全4回)@キャンパスプラザ京都 18:10
【京都橘大学】たちばな教養講座(全4回)@キャンパスプラザ京都 @ キャンパスプラザ京都
11月 1 @ 18:10 – 19:30
京都橘大学公開講座 たちばな教養講座は、文・社・医療系の総合大学である京都橘大学の多様な教育・研究成果を広く社会に還元することを目的に、2019年度より新たに開講する教養講座です。事前申込は不要ですので、お気軽にご参加ください。 9月~12月の第1金曜日は「たちばな教養講座」へ! 第1回・歴史 令和元年9月6日(金)18:10~19:30 「後白河院の山科御所と女性たち」                                                                                               細川 涼一(京都橘大学文学部歴史学科教授) 第2回・英語 令和元年10月4日(金)18:10~19:30 「観光を通じた英語の”ディープ”なラーニング」                                                                                               エリス,メグ(京都橘大学国際英語学部国際英語学科助教)                                                                                               佐久間 浩司(京都橘大学国際英語学部国際英語学科教授)                                                                                                 ※講演は日本語解説を交えながら英語を中心に行います。 第3回・建築 令和元年11月1日(金)18:10~19:30 「京都のモダニズム建築」                                                                                               河野 良平(京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科准教授) 第4回・医療 令和元年12月6日(金)18:10~19:30 「猛威を振るう薬剤(抗生物質)耐性菌」                                                                                               中村 竜也(京都橘大学健康科学部臨床検査学科准教授)                                                                                               藤原 麻有(京都橘大学健康科学部臨床検査学科助教) ●事前申込不要                                                                                                ●会 場:キャンパスプラザ京都 4F 第3講義室 JR・地下鉄・近鉄「京都駅」下車、JR「京都駅」中央口より徒歩約5分(ビックカメラJR京都駅店前) ●受講料:無料 ●定 員:150名(先着順)                                                                                               ●詳 細:https://www.tachibana-u.ac.jp/research_area/extention/2019/03/2019-4-1.html                                                                                              ●主 催:京都橘大学 <受付注意事項> 受付は当日の先着順となります。状況により、入場制限をさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。講座は、天候等の都合により中止となることがあります。その際は、京都橘大学ホームページにてお知らせいたしますので、ご確認ください。 <お問い合わせ・お申し込み先> 京都橘大学 エクステンションセンター(学術振興課) TEL.075-574-4186(直通) 電話受付時間 9:00~17:00(土日祝を除く) FAX.075-574-4149 E-mail aca-ext@tachibana-u.ac.jp
2
同志社ビジネススクール 入試説明会(11月2日) 11:00
同志社ビジネススクール 入試説明会(11月2日) @ 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館3階 プレゼンテーションホール
11月 2 @ 11:00 – 12:00
あなたもMBA(Master of Business Administration)に挑戦しませんか。 同志社ビジネススクール(DBS)は、働きながら学ぶ人のためにカリキュラムを構成しています。 また、24時間いつでも利用できる図書館や学習スペースを用意しています。 以下の要領で、入試説明会を開催しますので、お気軽にご参加ください。 当日はビジネススクール専用の大教室や図書館も見学できます。 ■日時 令和元年11月2日(土) 11:00~12:00 ビジネス専攻(日本語)入試説明会 ■場所・アクセス 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館3階 プレゼンテーションホール (京都市営地下鉄「今出川」駅下車徒歩3分) アクセス:http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/muromachi.html ■詳細内容 DBSは、次のような方々に最適の学び舎です。 ・わが国企業の国際的競争力のなお一層の強化に従事する方々 ・中小企業の更なる成長と発展に日々取り組んでいる方々 ・ベンチャー企業の設立を検討している起業家の皆さん ・高度な経営知識を習得し、日本企業や自国企業でのキャリア形成を目指している留学生の皆さん DBSでMBAを取得した卒業生がすでに様々な企業の要職につき、活躍しています。 ■参加料 無料 ■交流会 なし ■申込み方法 事前申込不要です。 入試説明会終了後、個別相談をご希望の場合のみ、https://www.doshisha.ac.jp/form/business/inquiry/ よりご予約下さい。 ■問い合わせ先 同志社大学大学院ビジネス研究科事務室 TEL:075-251-4600 E-mail:ji-dbs@mail.doshisha.ac.jp http://bs.doshisha.ac.jp/inquiry/inquiry.html ■主催 同志社大学大学院ビジネス研究科(同志社ビジネススクール) ■詳細URL http://bs.doshisha.ac.jp/admission/briefing.html#examination
3
2019 秋のMBA連続公開講座 第2回「なぜ、京都の伝統産業は長く存続できるのか?」 13:30
2019 秋のMBA連続公開講座 第2回「なぜ、京都の伝統産業は長く存続できるのか?」 @ 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館2階 KMB211教室
11月 3 @ 13:30 – 15:30
同志社大学大学院ビジネス研究科では公益財団法人京都産業21の協賛の下、以下のとおり2019 秋のMBA連続公開講座の第2回を開催致します。奮ってご参加ください。 第2回「なぜ、京都の伝統産業は長く存続できるのか?」 京都は、多くの長寿企業が存在する、世界的にみても希有の都市です。これらの長寿企業の多くが、伝統産業と呼ばれる企業群に属していますが、京都では、なぜこのように多くの伝統産業が存続できたのでしょうか?この謎を、「継続のための文化イノベーション」というキーワードを使って解き明かします。本講座では、できるだけ多くの実例を紹介しつつ話を進め、京都における文化イノベーションのメカニズムを探ります。 ■日 時:令和元年11月3日(日)13:30~15:30(受付開始13:00) ■場 所:同志社大学 今出川校地 室町キャンパス 寒梅館2階 KMB211教室 ■講 師:村山 裕三 同志社大学大学院ビジネス研究科 教授 ■定 員:100名 ■参加費:無料 ■詳 細:http://bs.doshisha.ac.jp/openlect/schedule.html ■主 催:同志社大学 ■申込み:ビジネス研究科イベント申込みフォームよりお申込下さい。 (イベント名に「2019 秋のMBA連続公開講座第2回」とご入力下さい)
4
5
立命館大学 創剤×製剤技術研究コンソーシアム合同研究会 “創剤・製剤研究の変革” 13:00
立命館大学 創剤×製剤技術研究コンソーシアム合同研究会 “創剤・製剤研究の変革” @ 立命館大学朱雀キャンパス 5F大講義室
11月 5 @ 13:00 – 17:30
■日時 令和元年11月5日(火)13:00~19:00 ■プログラム 下記URLよりチラシをご覧ください。 http://www.ritsumei.ac.jp/file.jsp?id=434974 ■場所 場所:立命館大学朱雀キャンパス 5F大講義室 JR二条駅徒歩約2分 http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/suzaku/ ※公共交通機関を利用してご来校ください。 ■参加費 研究会:無料 意見交換会(懇親会):コンソーシアム非会員1000円 ■申込方法 以下の申込フォームよりご登録ください。 https://ssl.form-mailer.jp/fms/1e45274c636185 ■主催 立命館大学創薬科学研究センター 創剤研究コンソーシアム 製剤技術研究コンソーシアム ■問合せ先 立命館大学 創剤研究コンソーシアム事務局 加藤・菅 TEL:077-561-2802
Loftwork Producers’ Day @KOIN〜価値創造のプロセスを考える連続講座〜 14:00
Loftwork Producers’ Day @KOIN〜価値創造のプロセスを考える連続講座〜
11月 5 @ 14:00 – 16:30
情報設計や事業開発、空間設計など、年間500以上のプロジェクトを提案/制作しているロフトワークと、(一社)京都知恵産業創造の森と共催で課題解決のプロセスを伝える連続講座を開催します! 全3回の本講座では、毎回課題別にテーマを設け、 「課題→⽬標設定→アウトプットの道筋の⽴て⽅」を課題別/領域別に整理し、共有します。第1回はコミュニケーション戦略、第2回は共創で価値を⽣む仕掛けの作り⽅、そして第3回はものづくりの新たな可能性をテーマに、ロフトワークが⼿がけてきたプロジェクトの裏側を見せていただく貴重な機会であるとともに、価値創造の思考プロセスを解説いただきます。第1回は9/5(木)です。ぜひご参加ください。 開催日時 令和元年  9月  5日(木)14:00 ~ 16:30 令和元年10月10日(木)14:00 ~ 16:30 令和元年11月  5日(火)14:00 ~ 16:30 定員 30名 料金 無料 主催者名 株式会社ロフトワーク、(一社)京都知恵産業創造の森 場所 京都経済センター3階「KOIN」 スケジュール Day1:9/5(⽊):事業価値の整理とコミュニケーション戦略 Day2:10/10(⽊):共創を加速させる仕組みとコミュニティ醸成 Day3:11/5(⽕):新たなものづくりの可能性 プログラム 14:00-14:30 イントロダクション 14:30-15:00 事業モデルの整理とコミュニケーション計画 15:00-15:30 Webサイト、情報設計、UXデザイン 15:30-16:00 広義のプロモーションツール 16:00-16:30 ネットワーキング 備考 ※申込者多数の場合は、抽選となりますので予めご容赦ください。 ※本イベントは、広告代理店・Web制作会社など競業にあたる方、フリーランスなど個人でのお申し込みはお断りすることがございますので予めご了承ください。 ※プログラムは、予告なく変更される場合があります。 詳細URL https://loftwork.com/jp/event/20190905_producersday ■お問い合わせ 一般社団法人京都知恵産業創造の森 産業人材育成部 TEL:075-353-2301  FAX:075-353-2304 E-Mail:ikusei@chiemori.jp
同志社ビジネススクール共同企画 「経営力養成入門講座-持続的経営の実現のために-」(全6回) 受講者募集のご案内 14:55
同志社ビジネススクール共同企画 「経営力養成入門講座-持続的経営の実現のために-」(全6回) 受講者募集のご案内 @ 同志社大学室町キャンパス 寒梅館2階KMB213
11月 5 @ 14:55 – 18:10
企業の存続や持続的成長のためには、経営者の経営力が不可欠であり、特に事業承継直後の若い経営者、将来の事業承継を想定した後継者の経営力育成はそれぞれの企業にとって喫緊の課題です。 同志社ビジネススクールの先端的経営学研究実績と知見を活かし、事業承継を含めた持続的経営の実現を可能とするための経営のありかたやリーダーシップについて基本的視点を学ぶための連続講座を開催します。 ■日  程 :※いずれも火曜日 【第1回】10/8  【第2回】10/15  【第3回】10/29 【第4回】11/5   【第5回】11/12  【第6回】11/19 ■時 間 :毎回14:55~18:10 ■場  所 :同志社大学室町キャンパス 寒梅館2階KMB213 ■内 容 : 第1回「オリエンテーション」 「事業創造と事業承継」 第2回「事業承継の実践事例」 第3回「中小企業のための組織マネジメント」 第4回「中小企業のためのリーダーシップ育成」 第5回「M&Aによる事業承継」 第6回「100年継続企業」 ■定 員 :20名 ※受講者については選考の上決定します。 ※全回参加/代理出席は不可。 ■受講料 :20,000円/人(税込み) ■対象者 :京都府内の中小企業の経営者層、後継者、幹部候補者※ ※会社の経営状況を把握していること ■募集期間:令和元年7月16日~8月27日 ■詳細・お申込み → https://www.ki21.jp/career/koza/ ■お問い合わせ先 公益財団法人京都産業21 京都経済センター支所 連携推進・人材育成グループ(西村、柴田、坪内) TEL:075-708-3333 FAX:075-708-3262 MAIL:jinzai@ki21.jp
6
ABCIオープンセミナー in 京都「ビジネスに活かすAI開発 ~課題と対策、そして活用へ~」 13:00
ABCIオープンセミナー in 京都「ビジネスに活かすAI開発 ~課題と対策、そして活用へ~」 @ 京都リサーチパーク4号館 バズホール
11月 6 @ 13:00 – 17:40
国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)とASTEMは、日本のAI開発の加速に向け、機械学習で大規模なGPUを検討されている皆様を対象としたオープンセミナーを開催します。 「ビジネスに活かすAI」をテーマに、開発のポイントとビジネスへの活用のノウハウを紐解きます。 ※ABCIは、AI技術の最先端研究開発と社会実装の加速(橋渡し)に向け産総研が運用する世界トップクラスのAI用計算インフラです。 <日 時> 令和元年11月6日(水)13:00~17:40 <会 場> 京都リサーチパーク バズホール(西地区4号館B1F) JR嵯峨野線「丹波口駅」下車徒歩5分 アクセス:https://www.krp.co.jp/access/ <主 催> 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 <共 催> 公益財団法人 京都高度技術研究所(ASTEM) <プログラム> 【基調講演】 ・「計測とAI ~『人と地球の健康』へ貢献~」 株式会社島津製作所 上席執行役員  篠原 真 氏 ・「AIはデジタルトランスフォーメーションから」 ソフトバンク株式会社 アイディエーションディレクタ 谷川 拓司 氏 【お客様活用事例】 ・ギリア株式会社 代表取締役社長  清水 亮 氏 ・ソニー株式会社 シニアマシンラーニングリサーチャ 小林 由幸 氏 【パネルディスカッション】  ~AI活用の「リアル・ノウハウ」~ モデレータ:ソフトバンク株式会社 アイディエーションディレクター 谷川 拓司 氏 パネリスト:株式会社ディー・エヌ・エー AI戦略推進室長  村上 淳 氏 LINE株式会社 プラットフォームエバンジェリスト 砂金 信一郎 氏 Sansan株式会社 テクニカルエヴァンジェリスト 大隅 智春 氏 ◆プログラム詳細はこちら(産総研ウェブサイト) <定 員> 200名(先着順) <参加費> 無料 <申込方法>以下の申込フォームからお申し込みください。 https://technobridge.aist.go.jp/mailform/11078755/ <お問合せ先> 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 産総研・東工大 実社会ビッグデータ活用オープンイノベーションラボラトリ E-mail: abci-seminar-ml[at]aist.go.jp ※メールアドレスの[at]は半角@に替えて、送信してください。 URL: https://abci.ai/ja/
7
事業承継セミナー 14:00
事業承継セミナー @ 宮津市福祉・教育総合プラザ
11月 7 @ 14:00 – 16:00
昨今、中小企業の経営者の高齢化と後継者の確保が大きな問題となっております。こうした中、「事業承継については何から始めればよいのかわからない」、また、「後継者が決まらない」など基本的な悩みの声が多いのが実態です。 しかし、事業承継には5年から10年を要するもので待ったなしの課題です。 今回の事業承継セミナーは、事業承継中の企業、承継を終えた企業、さらには承継で苦労された企業など具体的な事例を紹介するセミナーです。是非、参加いただき皆様の会社の円滑な事業承継と未来を考えてみませんか。 ■開催日時: ①令和元年9月19日(木)14:00~16:00 ②令和元年10月24日(木)14:00~16:00 ③令和元年11月7日(木)14:00~16:00 ■開催場所: ①宮津市福祉・教育総合プラザ ②綾部市ものづくり交流館 ③京都経済センター ■参加費:無料 ■お問合せ:公益財団法人京都産業21 京都中小企業事業継続・創生支援センター (TEL:075-315-8897) ■詳細は以下サイトをご覧ください https://www.jigyo-keizoku.jp/event/201909-2/
【会場変更】京都橘大学社会人講座「ビジネスで活かせる心理学講座」 15:00
【会場変更】京都橘大学社会人講座「ビジネスで活かせる心理学講座」
11月 7 @ 15:00 – 17:00
京都橘大学がお届けする2回シリーズの心理学講座です。 「ビジネスで活かせる心理学」をテーマに、メンタルヘルスや、人々の購買行動に関する研究成果についてお話します。 ビジネス書には載っていない「こころの仕組み」について、ワークショップなどを交えながら楽しく学び、新たな気持ちで仕事と向き合っていける、そんな講座にできればと考えています。 若手の方からベテランの方まで、どなたでもご参加ください。 「ビジネスで活かせる心理学講座」チラシ(PDF) ■日時 第1回:10月11日(金) 第2回:11月7日(木) 15:00~17:00(受付開始 14:30~) ■場所(※会場が変更になりました) 京都経済センタービル3F オープンイノベーションカフェ「KOIN」 →京都経済センタービル7F EF会議室 お間違えの無いようにお越しください。 〇京都市営地下鉄烏丸線「四条駅」 〇阪急電車京都線「烏丸駅」26番出口直結 ■■第1回■■ 元気に働けるために知っておきたいメンタルヘルスとマネジメント 【講師】京都橘大学健康科学部准教授 田中 芳幸氏 ■■第2回■■ 無意識の消費者行動:衝動買いの原因や消費者の「五感」のもたらす影響を社会心理学から考える 【講師】京都橘大学健康科学部准教授 前田 洋光氏 ■主催:京都橘大学 ■共催:(一社)京都知恵産業創造の森(京都産学公連携機構) ■お問い合わせ 京都橘大学エクステンションセンター(学術振興課) TEL:075-574-4186 ※受付時間9:00~17:00(土日祝を除く) FAX:075-574-4149 E-mail:aca-ext@tachibana-u.ac.jp
8
リカレント教育プログラム デジタルメディアを使って働くための講座(全般) 10:00
リカレント教育プログラム デジタルメディアを使って働くための講座(全般)
11月 8 @ 10:00 – 16:00
デジタルメディア制作の周辺領域で実務に就くために必要な知識や技術を一通り学べるプログラムが9月より開講されます。 デジタルメディア領域の概論から実際のツールを使っての制作講義など幅広い内容となっています。 興味のある方は詳細をご確認いただきお申し込みください。 ■日程:令和元年9月27日(金)~ 12月13日(金) 全13回 ■時間:10:00~16:00 休憩12:00〜13:00 ※10月11日開講分のみ14:30まで ■会場:オープンイノベーションカフェ「KOIN」 ■出願期間:2019年7月22日(月)~9月5日(木)当日消印有効 詳細はこちらから https://www.kyoto-seika.ac.jp/info/event/extension/2019/07/02/52466/ ■お問い合わせ 京都精華大学 社会連携センター 606-8588 京都市左京区岩倉木野町137 Tel:075-702-5263 Fax:075-722-5440 E-mail:crelab@kyoto-seika.ac.jp
9
RoboMaster京都チャレンジチームメンバー募集 10:00
RoboMaster京都チャレンジチームメンバー募集
11月 9 @ 10:00 – 16:00
民生用ドローンの世界的企業・DJI主催のロボット競技「RoboMaster」を11/30・12/1の2日間、けいはんなロボット技術センターで開催します。 http://www.pref.kyoto.jp/sangyo-sien/robomaster2019.html 1チーム3機の走行ロボットを駆使し、相手ロボットと相手基地に球を撃ち合い、ヒットピントを競う競技です。 今回、この「RoboMaster」に参戦する混成チームメンバーを募集します。 ・全国から集まるチームとリーグ戦で戦えます! ・ロボットは無償貸与しますので、資金の心配もいりません! ・「技術講習会」に参加すれば、後は「本番」に参戦するのみ!  (メンバーの話し合い次第で、別途練習会や改修もOK!) ご関心のある方は、まずは「技術講習会」にご参加ください。   ■日時:11月9日(土)10:00~16:00 ■場所:けいはんなロボット技術センター(集合:KICK入口)    http://www.pref.kyoto.jp/sangyo-sien/robotcenterkyotoaccess.html ■内容:RoboMasterのルール、ロボットの操作・メンテナンスに関する説明、チームの結成に関する相談等 ■その他:ノートPCをお持ち方は持参してください。 ■問い合わせ先:京都府商工労働観光部ものづくり振興課        足利(tel:075-414-5100) ■詳細:http://www.pref.kyoto.jp/sangyo-sien/robomaster2019challenge.html
10
同志社ビジネススクール オープンスクール(11月10日) 10:00
同志社ビジネススクール オープンスクール(11月10日) @ 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館2階 KMB213(地下鉄「今出川」駅下車徒歩3分)
11月 10 @ 10:00 – 12:30
同志社ビジネススクール(DBS)は、働きながら学ぶ人のためにカリキュラムを構成しています。 本オープンスクールでは、ビジネススクールでどのように成果が得られるのか、仕事と学習はどのように両立するのか、教授陣の講義とともに修了生の実体験をお聞きいただけます。 幅広い分野で活躍する修了生に質問しご相談いただける機会でもあります。 当日はビジネススクール専用の大教室や学生が24時間利用できる図書館や学習スペースも見学できます。 ■開催日時 令和元年11月10日(日)10:00~12:30 ■場所 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館2階 KMB213教室 (地下鉄「今出川」駅下車徒歩3分) アクセス:http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/muromachi.html ■プログラム 優れた経営を目指して 先人の叡智に学び、実践的応用力を磨く 教授陣に聞く教育プログラム 修了生に聞く「働きながら、経営しながら学ぶ在学経験」と「ビジネスでの成果」 10:00 研究科からのメッセージ『同志社ビジネススクールで学ぶ意義』 同志社大学大学院ビジネス研究科 教授・研究科長 児玉 俊洋 10:40 休憩 10:50 修了生からのメッセージ『働くこと、学ぶこと、生きること』 (2019年3月修了生) 島津製作所 平井 毅 氏 イントロダクションおよび進行(下記相談会も同じ) 同志社大学大学院ビジネス研究科 教授 井上 福子 11:30 修了生・在学生による相談会 大企業および中小企業で、ビジネスパーソンとしてあるいは経営者として様々な立場で活躍している修了生と在学生が、仕事と学習の両立のあり方や在学生活などついて参加者のご質問、相談に応じます。 12:30 終了 ★終了後 施設見学および個別相談(修了生も参加しています。お気軽に懇談ください) ■料金 無料 ■交流会 なし ■申込み方法 オープンスクールへはご自由にご参加頂けます。オープンスクール終了後、個別相談をご希望の場合は、https://www.doshisha.ac.jp/form/business/inquiry/ よりご予約下さい。 ■主催 同志社大学大学院ビジネス研究科(同志社ビジネススクール) ■詳細URL http://bs.doshisha.ac.jp/admission/openschool.html ■問い合わせ先 同志社大学大学院ビジネス研究科事務室 TEL:075-251-4600 http://bs.doshisha.ac.jp/inquiry/inquiry.html
11
「マーケティング戦略実践講座」~自社価値の向上を目指す戦略(取り組み)を考える~(全5回) 10:30
「マーケティング戦略実践講座」~自社価値の向上を目指す戦略(取り組み)を考える~(全5回) @ 京都経済センター3階3-H
11月 11 @ 10:30 – 17:30
講座概要 自社の製品やサービスの市場における位置、優位性を客観的に捉え、より深く「自社の価値」を再認識したうえで、経営改善をおこなうことで、お客様の状況や今求めていることを把握し、お客様にとってさらに効果的なアプローチを実践、継続できるよう次の点をしっかりと学びます。 対象 京都府内に事業所を有する製造業・情報通信業の中小企業の経営者層・会社の方向付けに関わる方。 日時 【第1回】令和元年9月24日(火) 【第2回】令和元年10月 7日(月) 【第3回】令和元年10月30日(水) 【第4回】令和元年11月11日(月) 【第5回】令和元年12月 6日(金) 時間はいずれも10:30~17:30 場所 いずれも京都経済センター3階3-H 内容 【第1回】自社が提供する価値は何か? 【第2回】お客様が求めている価値は何か? 【第3回】お客様のことをどれくらい知っていますか? 【第4回】自社として変わるべきことは何ですか? 【第5回】自社価値向上を果たすためのシナリオの発表 受講料 30,000円/人(税込) 定員 16名 募集期間 令和元年7月1日(月)~8月5日(月) ※ただし、先着順・定員に達し次第締切 主催 京都府、公益財団法人京都産業21、京都の未来を拓く次世代産業人材活躍プロジェクト推進協議会 詳細はこちらから ※7月1日から閲覧可能 → https://www.ki21.jp/career/koza/ お問い合わせ先 公益財団法人京都産業21 京都経済センター支所 連携推進・人材育成グループ TEL:075-708-3333 FAX:075-708-3262  MAIL:jinzai@ki21.jp
「京都医療機器イノベーションセミナー」(2020日米医療機器イノベーションフォーラム京都プレイベント) 13:00
「京都医療機器イノベーションセミナー」(2020日米医療機器イノベーションフォーラム京都プレイベント)
11月 11 @ 13:00 – 19:00
日米医療機器イノベーションフォーラムは、2014年より毎年11月にMedtech Weekとして各都道府県で開催されており、2020年に京都で開催されることになりました。このフォーラムに先立ち、2019年11月11日(月)に京都産業会館ホールにて「京都医療機器イノベーションセミナー」を開催いたします。 京都では、最近医療機器のイノベーションに関わる様々な動きが生まれて来ております。 そのような中、本セミナーでは、「2020日米医療機器イノベーションフォーラム京都の展望」、「京都における医療機器イノベーション」、「医療機器イノベーションエコシステムの日米比較と今後の展望」の3テーマを設けました。 本セミナーが、イノベーションに関する考え方や、エコシステムの動向に関して新たな知見を得る機会となり、そこから新たな動きが生まれるきっかけになればと考えております。多くの方のご参加をお待ちしております。 ■日時:2019年11月11日(月)13:00~17:00(ネットワーキングレセプション17:30~19:00) ■場所: セミナー 京都産業会館ホール・北室(京都経済センター2階) 〒600-8009 京都府京都市下京区 室町東入函谷鉾町78番地 ネットワーキングレセプション からすま京都ホテル 〒600-8412 京都府京都市下京区 四条下ル 烏丸通り ■プログラム予定: 13:00-14:00 受付開始 14:00-14:05 開会挨拶 14:05-14:25 「2020日米医療機器イノベーションフォーラム京都の展望」 [登壇者]紅林 倫太郎 氏(JOHNAN株式会社 取締役執行役員) 14:05-14:25 「京都における医療機器イノベーション」 [登壇者]志賀 利一 氏(オムロンヘルスケア株式会社 開発統括本部 本部長付学術戦略担当 R&Dフェロー 技術専門職 工学博士) 15:10-15:30 休憩 15:30-16:50 「医療機器イノベーションエコシステムの日米比較と今後の展望」 [登壇者] 池野 文昭 氏 Medical Director, Experimental Interventional Laboratory, Stanford University 大下 創 氏  MedVenture Partners株式会社 代表取締役社長 正林 和也 氏 株式会社Biomedical Solutions 代表取締役社長 Dr. Aaron L Berez,  President and CEO of Alembic, LLC 16:50-17:00 閉会挨拶 17:30-19:00 懇親会 ■同時通訳:あり ■参加費: 無料 ■定員: 300名 ■お申込み・詳細 https://medtech-kyoto2019.peatix.com ■主催: JOHNAN株式会社、US Japan Medtech Frontier ■後援: 京都府(予定)、京都市(予定)、日本貿易振興機構(JETRO)京都貿易情報センター、 公益財団法人京都産業21、京都大学大学院医学研究科「医学領域」産学連携推進機構、 一般社団法人京都知恵産業創造の森、京都リサーチパーク株式会社、一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J) ■お問合せ JOHNAN株式会社 担当:上野敏寛 E-mail:info@medtech.kyoto (注)『日米医療機器イノベーションフォーラム』とは 米NPO法人であるUS Japan Medtech Frontierと日本の都道府県などが主催者として企画するフォーラムで、2014年より毎年11月に開催されています。日米の医療機器開発・事業にかかわる企業、医療関係者、スタートアップやアカデミア、投資家などによる講演やパネルディスカッションを通じて、日本の医療機器ビジネスの課題や障害を明らかにするとともに、今後の開発ニーズの見通しを探ることなどを目的としております。また本フォーラム前後は、学生とシリコンバレーからの参加者との懇親会や、Link-Jなどが主催されるピッチコンテストなどのイベントが1週間にわたって開催されるMedtech Weekとなっています。 ■参考リンク US Japan Medtech Frontiers https://www.usjmf.net/ JOHNAN株式会社 https://www.johnan.com/
12
京大イノベーションプログラムin深セン ~チャイナ・イノベーションを知る5日間~
京大イノベーションプログラムin深セン ~チャイナ・イノベーションを知る5日間~
11月 12 – 11月 16 全日
深センで先端企業の市場調査を行っている、京都大学イノベーションキャピタル㈱、AIS CAPITAL㈱、深セン清華大学研究院の目利き力でセレクトしたベンチャー7社以上とのセッションを通じて、未だ衰えないチャイナ・イノベーションの本質を探ります! 新規事業の企画や開発に携わっている方、深セン進出や現地スタートアップとの連携・M&Aをお考えの方、企業経営層の方は、是非ご参加ください。 ○特徴1:団長は、京大を代表する二人の「知」、様々な特別講義もご用意! 岩下直行教授(フィンテック)、椙山泰生教授(イノベーション経営) 【岩下教授からのメッセージ】 https://www.iwashita.kyoto.jp/archives/5146 ○特徴2:ユニコーン候補とのマッチングイベント! Webank(フィンテック系ユニコーン) Ant Financial(世界的フィンテックベンチャー) Dorabot(急成長のAI物流ロボット) AutoX(自動運転有望スタートアップ) 他にもユニコーン候補随時追加 ○特徴3:ハイテク企業が集まるChina Hi-Tech Fair2019 も視察 ○特徴4:日本語通訳付き、四つ星ホテル泊 ○詳細 https://www.kyodai-original.co.jp/?p=4955 「京大イノベーションプログラムin深セン」チラシ(PDF) ○概要 ・日時:令和元年11月12日(水)~11月16日(土) ・参加料:670,000円(税込み) ・定員:30名(最小催行人数:14名) ・旅行手配:㈱近畿日本ツーリスト関西 ・企画・主催:京大オリジナル㈱ ・企画・協力:京都大学イノベーションキャピタル㈱ AIS CAPITAL㈱
ASTEM開所30周年記念 ACT京都シンポジウム 14:00
ASTEM開所30周年記念 ACT京都シンポジウム @ 京都市成長産業創造センター(ACT京都)
11月 12 @ 14:00 – 18:30
京都市及び(公財)京都高度技術研究所(ASTEM)では、「ASTEM開所30周年記念 ACT京都シンポジウム」と題し、オープンイノベーション・グリーンイノベーションに関する取組や、産学公連携の最新の研究成果を発表するシンポジウムを開催します。 皆様のご参加をお待ちしております。 ■日 時:令和元年11月12日(火) 14:00~17:20(受付 13:30~) ※交流会 17:30~18:40 ■会 場:京都市成長産業創造センター(ACT京都) 2階 セミナー室 ※交流会 1階交流スペース (〒612-8374 京都市伏見区治部町105番地) http://www.act-kyoto.jp/access ■プログラム: 14:00~14:10 開会挨拶 14:10~14:30 「ACT京都の現在の取組」 京都市成長産業創造センター長/京都大学名誉教授 平尾 一之 14:30~15:15 基調講演 「京セラのオープンイノベーション:歯から音楽が聴こえる歯ブラシ”Possi”の開発」 京セラ(株) 研究開発本部メディカル開発センター所長 吉田 真 氏 15:15~15:30 休憩 15:30~16:15 特別講演 「ペロブスカイト太陽電池:最新研究成果と実用化への取り組み」 京都大学化学研究所 教授 若宮 淳志 氏 16:15~17:15 入居企業の活動紹介(各20分) 「バイオプラスチックの開発と3Dプリンター用基材への展開」 ネオマテリア(株) 代表取締役 増谷 一成 氏 「ウエットコートのドライプロセス化」 プロマティック(株) 代表取締役 福島 和宏 氏 「クリーンで効率的なエネルギー利用を推進する高度な触媒技術と膜分離技術」 (株)ルネッサンス・エナジー・リサーチ 代表取締役社長 岡田 治 氏 17:15~17:20 閉会挨拶 17:30~18:40 交流会(会費:2,000円) ■定 員:80名(事前申込制) ■参加費:無料(交流会参加費:2,000円) ■詳細・申込方法:以下のURLをご覧ください。(11/1締切) https://www.act-kyoto.jp/events/symposium20191112.html ■主 催:京都市、(公財)京都高度技術研究所 ■後 援:近畿経済産業局、中小企業基盤整備機構 近畿本部、 らくなん進都整備推進協議会、京都南部における企業懇話会(予定を含む) ■問合せ:(公財)京都高度技術研究所 地域産業活性化本部 京都市成長産業創造センター TEL: 075-603-6700 E-Mail:hashiwatashi[at]astem.or.jp ※[at]を半角@に置き換えてお送りください。
同志社ビジネススクール共同企画 「経営力養成入門講座-持続的経営の実現のために-」(全6回) 受講者募集のご案内 14:55
同志社ビジネススクール共同企画 「経営力養成入門講座-持続的経営の実現のために-」(全6回) 受講者募集のご案内 @ 同志社大学室町キャンパス 寒梅館2階KMB213
11月 12 @ 14:55 – 18:10
企業の存続や持続的成長のためには、経営者の経営力が不可欠であり、特に事業承継直後の若い経営者、将来の事業承継を想定した後継者の経営力育成はそれぞれの企業にとって喫緊の課題です。 同志社ビジネススクールの先端的経営学研究実績と知見を活かし、事業承継を含めた持続的経営の実現を可能とするための経営のありかたやリーダーシップについて基本的視点を学ぶための連続講座を開催します。 ■日  程 :※いずれも火曜日 【第1回】10/8  【第2回】10/15  【第3回】10/29 【第4回】11/5   【第5回】11/12  【第6回】11/19 ■時 間 :毎回14:55~18:10 ■場  所 :同志社大学室町キャンパス 寒梅館2階KMB213 ■内 容 : 第1回「オリエンテーション」 「事業創造と事業承継」 第2回「事業承継の実践事例」 第3回「中小企業のための組織マネジメント」 第4回「中小企業のためのリーダーシップ育成」 第5回「M&Aによる事業承継」 第6回「100年継続企業」 ■定 員 :20名 ※受講者については選考の上決定します。 ※全回参加/代理出席は不可。 ■受講料 :20,000円/人(税込み) ■対象者 :京都府内の中小企業の経営者層、後継者、幹部候補者※ ※会社の経営状況を把握していること ■募集期間:令和元年7月16日~8月27日 ■詳細・お申込み → https://www.ki21.jp/career/koza/ ■お問い合わせ先 公益財団法人京都産業21 京都経済センター支所 連携推進・人材育成グループ(西村、柴田、坪内) TEL:075-708-3333 FAX:075-708-3262 MAIL:jinzai@ki21.jp
13
【京都工芸繊維大学】「先端ものづくり開発人材育成講座」
【京都工芸繊維大学】「先端ものづくり開発人材育成講座」
11月 13 全日
京都工芸繊維大学では社会人向け教育公開講座として、「先端ものづくり開発人材育成講座」を開講いたします。本講座は本学が実施している地域貢献COC事業の一環として、社会人生涯教育の一助とすることを狙って、研究開発型ものづくり事業を事業提案できるエンジニア人材の育成を目的としています。 本講座では、先端ものづくり開発人材に必要な力を育成するために、段階的に、①先端ものづくりプロセス技術コース、②先端ものづくり技術マネジメントコース、③プロジェクトマネジメントコースの3コースを開講いたします。 奮ってご応募願います。 【開講期間】令和元年11月1日(金)~12月18日(水)、この期間で合計8日間 【実施場所】京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス 15号館2階N205室 【受講対象】ものづくりに関わる経験が3年~10年程度の若手技術者 【募集人員】30名程度、最低実施人数10名 【受 講 料】 一般:コース①及び③ 45,000円、コース② 30,000円、全コース一括100,000円 京都工芸繊維大学産学連携協力会会員企業: コース①及び③ 30,000円、コース② 20,000円、全コース一括 60,000円 【主  催】京都工芸繊維大学ものづくり教育研究センター 【後  援】公益社団法人 京都工業会 【申 込 先】京都工芸繊維大学 研究推進課研究戦略係 (075-724-7209 , ken-senryaku[at]jim.kit.ac.jp) <申込み受付専用フォーム> https://www.kit.ac.jp/form/view/index.php?id=215811 【問 合 先】京都工芸繊維大学ものづくり教育研究センター 赤崎宏美(075-724-7379 ,akasaki_hi[at]jim.kit.ac.jp) 増田 新(075-724-7381 ,masuda[at]kit.ac.jp) ※メールアドレスの[at]は@に変更してください。 詳しくは、京都工芸繊維大学研究推進課ホームページをご覧ください。 http://research.jim.kit.ac.jp/nc/html/htdocs/?page_id=134
第7回 令和元年度 知恵創出“目の輝き”成果発表会の開催 13:30
第7回 令和元年度 知恵創出“目の輝き”成果発表会の開催 @ からすま京都ホテル
11月 13 @ 13:30 – 19:00
(地独)京都市産業技術研究所では,当研究所が技術支援等を行い,「伝統技術と先進技術の融合」や「新たな気づき」といった知恵産業をキーワードに製品化・事業化に結び付いた企業4社を新たに知恵創出“目の輝き”企業として認定し,認定証の授与式及び成果発表会を開催します。 また,当研究所の研究成果発表会も併せて開催します。多数の御参加をお待ちしております。 ■日時  令和元年11月13日(水) 13:30~17:00 (交流会 17:20~19:00) ■場所  からすま京都ホテル(京都市下京区烏丸通四条下る) ■内容 13:30 開会・認定企業への授与式等 14:25 認定企業による成果発表 ・今河織物株式会社「独創的な意匠を備えた片側紗風通織物の開発と商品化」 ・佐々木化学薬品株式会社「クロム系硬質皮膜用除膜液の開発」 ・株式会社増田德兵衞商店「清酒酵母『京の華』を使用した新規清酒開発」 ・メテック株式会社「環境調和型スペキュラム(銅-スズ)合金めっき技術の開発」 15:55 京都市産業技術研究所による研究成果発表 ・「薄膜旋回分散を用いた漆の改質」高分子系チーム/橘洋一 ・「硬質皮膜用除膜液開発に向けた防食技術と除膜液設計」金属系チーム/山梨眞生 ・「セルロースナノファイバーを活用した先進セラミックス成形技術の開発と新たな作風の京焼・清水焼の創製」窯業系チーム/高石大吾 ・「2D/3D技術応用による伝統産業に適したデザイン開発手法の研究開発と普及事業」デザインチーム/比嘉明子 17:20 交流会 ■参加費 無料(交流会参加費:3,000円) ■締切日 11月6日(水) ■申込方法・内容詳細 http://tc-kyoto.or.jp/info/news/post-298.html FAX又はE-mailにてお申込みください。 ■お問合せ・申込先 〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町91番地 (地独)京都市産業技術研究所 知恵産業融合センター(担当:廣岡,梶原) TEL:075-326-6100 FAX:075-326-6200 E-mail:event_chie@tc-kyoto.or.jp
14
【京都工芸繊維大学】「先端ものづくり開発人材育成講座」
【京都工芸繊維大学】「先端ものづくり開発人材育成講座」
11月 14 全日
京都工芸繊維大学では社会人向け教育公開講座として、「先端ものづくり開発人材育成講座」を開講いたします。本講座は本学が実施している地域貢献COC事業の一環として、社会人生涯教育の一助とすることを狙って、研究開発型ものづくり事業を事業提案できるエンジニア人材の育成を目的としています。 本講座では、先端ものづくり開発人材に必要な力を育成するために、段階的に、①先端ものづくりプロセス技術コース、②先端ものづくり技術マネジメントコース、③プロジェクトマネジメントコースの3コースを開講いたします。 奮ってご応募願います。 【開講期間】令和元年11月1日(金)~12月18日(水)、この期間で合計8日間 【実施場所】京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス 15号館2階N205室 【受講対象】ものづくりに関わる経験が3年~10年程度の若手技術者 【募集人員】30名程度、最低実施人数10名 【受 講 料】 一般:コース①及び③ 45,000円、コース② 30,000円、全コース一括100,000円 京都工芸繊維大学産学連携協力会会員企業: コース①及び③ 30,000円、コース② 20,000円、全コース一括 60,000円 【主  催】京都工芸繊維大学ものづくり教育研究センター 【後  援】公益社団法人 京都工業会 【申 込 先】京都工芸繊維大学 研究推進課研究戦略係 (075-724-7209 , ken-senryaku[at]jim.kit.ac.jp) <申込み受付専用フォーム> https://www.kit.ac.jp/form/view/index.php?id=215811 【問 合 先】京都工芸繊維大学ものづくり教育研究センター 赤崎宏美(075-724-7379 ,akasaki_hi[at]jim.kit.ac.jp) 増田 新(075-724-7381 ,masuda[at]kit.ac.jp) ※メールアドレスの[at]は@に変更してください。 詳しくは、京都工芸繊維大学研究推進課ホームページをご覧ください。 http://research.jim.kit.ac.jp/nc/html/htdocs/?page_id=134
「知的財産セミナー」開催のご案内 14:00
「知的財産セミナー」開催のご案内
11月 14 @ 14:00 – 16:30
京都産学公連携機構では、今年も知的財産に関するセミナーを3回シリーズで開催します。初級編は、「身近な事例から見る知財」と題し、知財(特許・商標・意匠・著作権など)をわかりやすくご説明します。 中級編は、「大企業から見た知財戦略」と題し、大企業で知財戦略を担当していた講師から知財を複合的に押さえる手法など大企業でなくても今後に活かせる内容についてお話しします。また後半は、知財に携わるものとして一番大切なイノベーションを実現するための仕組みや組織など、知財の源泉について人気の講師からお話しいただきます。最終回は、実務編とし、産学連携に関する各種契約書の締結実務において、大学や企業の実務担当者が直面するさまざまな疑問に事例をあげて解決策をお話しします。 京都産学公連携機構「知的財産セミナー」チラシ(PDF) ※第2回、第3回の会場を変更いたしました。 ■日時 第1回【初級編】:10月10日(木)14:00ー16:00(開催終了) 第2回【中級編】:10月24日(木)14:00ー16:30(開催終了) 第3回【実務編】:11月14日(木)14:00ー16:00 ■対象 中小企業・デザイナー・クリエイター・大学リエゾン担当者・大学事務担当者・研究者・産業支援機関の関係者・知的財産に関係又は興味のある企業など ■場所(※会場が変更になりました) ・第2回:京都経済センター 4階 4-F 会議室→3階 3-H 会議室 ・第3回:京都経済センター 4階 4-F 会議室→6階 6-D 会議室 お間違いのないよう、お気を付けください ■参加費:無料 ■定員:定員50名(先着予約順) ■内容 第1回【初級編】(開催終了) 身近な事例から見る知財 「産学連携に活かせる知財の基本について」 ・知的財産とは ・チラシやHPの著作権から、商標・意匠について ・身近な特許技術の特許会報の解説 ・知財に触れていないことを確認する方法(jplat-pat) ・知的財産推進計画2019について 〇講師〇 独立行政法人 工業所有権情報・研修館 近畿統括本部 知財戦略エキスパート 濱野 廣明 様 第2回【中級編】 大企業から見た知財戦略 「大企業の知財戦略のスゴイところ」 ・知財の活用形態やビジネス視点の知財網について 〇講師〇 独立行政法人 工業所有権情報・研修館 近畿統括本部 知財戦略エキスパート 濱野 廣明 様 「イノベーションをデザインする」 〇講師〇 オムロン株式会社 イノベーション推進本部 インキュベーションセンター長 経営基幹職 竹林 一 様 第3回【実務編】 共同研究に必要となる契約実務について 「研究の開始から社会実装までの知財実務について」 ・先行技術調査・知財戦略の策定・知財ポリシー・知財合意書の整備 ・発明の差別化・ポートフォリオ構築の支援 ・契約の重要性・意義 ・秘密保持契約、共同研究契約、利益相反について ・契約締結前の留意点 〇講師〇 独立行政法人 工業所有権情報・研修館 近畿統括本部 知財戦略エキスパート 濱野 廣明 様 ■お申込み方法 下記の参加申込フォームからお申し込み下さい お申込はこちらをクリック ※定員になり次第、締め切りさせて頂きます ■お問い合わせ 京都産学公連携機構 事務局 〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78 京都経済センター3階 一般社団法人 京都知恵産業創造の森 内 TEL:075‐353‐2302 FAX:075‐353‐2304
15
【京都工芸繊維大学】「先端ものづくり開発人材育成講座」
【京都工芸繊維大学】「先端ものづくり開発人材育成講座」
11月 15 全日
京都工芸繊維大学では社会人向け教育公開講座として、「先端ものづくり開発人材育成講座」を開講いたします。本講座は本学が実施している地域貢献COC事業の一環として、社会人生涯教育の一助とすることを狙って、研究開発型ものづくり事業を事業提案できるエンジニア人材の育成を目的としています。 本講座では、先端ものづくり開発人材に必要な力を育成するために、段階的に、①先端ものづくりプロセス技術コース、②先端ものづくり技術マネジメントコース、③プロジェクトマネジメントコースの3コースを開講いたします。 奮ってご応募願います。 【開講期間】令和元年11月1日(金)~12月18日(水)、この期間で合計8日間 【実施場所】京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス 15号館2階N205室 【受講対象】ものづくりに関わる経験が3年~10年程度の若手技術者 【募集人員】30名程度、最低実施人数10名 【受 講 料】 一般:コース①及び③ 45,000円、コース② 30,000円、全コース一括100,000円 京都工芸繊維大学産学連携協力会会員企業: コース①及び③ 30,000円、コース② 20,000円、全コース一括 60,000円 【主  催】京都工芸繊維大学ものづくり教育研究センター 【後  援】公益社団法人 京都工業会 【申 込 先】京都工芸繊維大学 研究推進課研究戦略係 (075-724-7209 , ken-senryaku[at]jim.kit.ac.jp) <申込み受付専用フォーム> https://www.kit.ac.jp/form/view/index.php?id=215811 【問 合 先】京都工芸繊維大学ものづくり教育研究センター 赤崎宏美(075-724-7379 ,akasaki_hi[at]jim.kit.ac.jp) 増田 新(075-724-7381 ,masuda[at]kit.ac.jp) ※メールアドレスの[at]は@に変更してください。 詳しくは、京都工芸繊維大学研究推進課ホームページをご覧ください。 http://research.jim.kit.ac.jp/nc/html/htdocs/?page_id=134
「『焼き物からよむ平安時代』ー発掘でみえてきた食器・酒造り・饗宴―」京都橘大学文学部歴史遺産学科考古学コース・京都市考古資料館合同企画展 04:22
「『焼き物からよむ平安時代』ー発掘でみえてきた食器・酒造り・饗宴―」京都橘大学文学部歴史遺産学科考古学コース・京都市考古資料館合同企画展
11月 15 @ 04:22 – 05:22
京都や京文化を知るうえで、平安時代はその出発点と言うべき特別な時代です。平安時代の面影は京都にのこされていますが、地中にうまっている焼き物のカケラは、平安時代の歴史や文化を理解するうえで、多くのことを教えてくれます。発掘調査で必ずと言ってよいほど出土する土器片は、考古学の研究をするうえで欠かすことのできない資料です。近年、土器や陶器の研究が大きく進み、平安時代の日常生活や文化について新しいことが分かりつつあります。この展示では、平安時代の陶芸、窯業技術や焼き物の特徴について紹介します。平安京を中心とした当時の人々の食卓風景、平安時代の日常生活や貴族たちが興じた饗宴、それらを包み込む時代の特徴をぜひご覧ください。 ■展示名称:『焼き物からよむ平安時代』―発掘でみえてきた食器・酒造り・饗宴― 「焼き物から見る平安時代」チラシ(PDF) ■展示期間: 令和元年12月10日(火)~令和元年1月19日 ※月曜日休館(祝日または振替休日の場合は翌日火曜日が休館日) ※年末年始の休み12/28(土)~1/3(金) ■開催場所:京都市考古資料館 1階特別展示室 (京都市上京区今出川大宮東入ル元伊佐町265-1) ■開催時間:9時00分~17時00分(入館は16時30分まで) 展示解説は展示日の日曜日(12/15・22、1/5・12・19)の14~15時分に実施(予約不要) ■観覧料:無料 ■展示内容: ・Ⅰ部「平安京の暮らしを支えた各地の窯―平安時代の窯業」 京都市埋蔵文化財研究所や大阪大学の調査した焼き物の窯跡の発掘調査風景を写真パネルなどで紹介 平安京のまわりでつくられ、東寺の暮らしを支えた焼き物(約50点)とともに、最新の調査結果を展示 ・Ⅱ部「饗宴の器、日常の器ー焼き物から平安時代を読み解く」 平安時代前期の暮らしや貴族たちが興じた饗宴について出土土器(約100点)で紹介 平安時代に研究が進んできた酒造りに関する容器や酒器(約10点)なども紹介 ・Ⅰ部、Ⅱ部で展示する研究成果を基礎として、貴族の饗宴風景もイラストで復元 ■主 催:京都橘大学文学部歴史遺産学科考古学コース、京都市、京都市考古資料館、公益財団法人京都市埋蔵文化財研究所 ■共 催:京都歴史文化施設クラスター実行委員 ■後 援:歴史街道推進協議会 ※本合同企画展は、人材育成に主眼を置き「「平成31年度 文化庁 地域の博物館を中核としたクラスター形成事業」の一環として開催しています。 【合同企画展関連行事】 合同企画展関連行事として、本学の学生・教員により、以下の概要でミニ講演会を開催します。 開催日:令和元年12月21日(土)14:00~15:30 場 所:京都市考古資料館3階 旧貴賓室 内 容:・「平安時代の焼き物の魅力ー展示の見どころと研究の成果」京都橘大学文学部歴史遺産学科考古学コース学生有志 「考古学からみた日本古代の饗宴」京都橘大学文学部准教授 中久保 辰夫 定 員:80名(先着順、予約不要)
立命館グローバル・イノベーション研究機構[R-GIRO]シンポジウム 『科学が拓き、技術で手にする百年寿命』 14:00
立命館グローバル・イノベーション研究機構[R-GIRO]シンポジウム 『科学が拓き、技術で手にする百年寿命』 @ 立命館大学びわこ・くさつキャンパス ローム記念館 5F 大会議室
11月 15 @ 14:00 – 17:55
■日時 11月15日(金)14:00 – 17:55(交流会 18:00-19:00) ■プログラム 下記URLよりチラシをご覧ください。 http://www.ritsumei.ac.jp/file.jsp?id=436603 ■場所 立命館大学びわこ・くさつキャンパス ローム記念館 5F 大会議室(交流会:同3F 資料展示室) http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/bkc/ ※JR「南草津駅」より、近江鉄道バス「立命館大学行き」または立命館大学経由「飛鳥グリーンヒル行き」にて約20分。 ■参加費 無料(懇親会 無料) ■申込方法 以下の申込フォームよりご登録ください。 https://ssl.form-mailer.jp/fms/ec21f185640528 ■主催 立命館グローバル・イノベーション研究機構[R-GIRO] ■共催 文部科学省 私立大学研究ブランディング事業 ■問合せ先 立命館グローバル・イノベーション研究機構[R-GIRO] 事務局(野村、小林、向山) TEL:077-561-3488 MAIL:r-giro@st.ritsumei.ac.jp
16
京都大学森林科学公開講座「宇宙と森林科学・木質科学」 10:00
京都大学森林科学公開講座「宇宙と森林科学・木質科学」
11月 16 @ 10:00 – 15:30
京都大学農学研究科森林科学専攻ならびに生存圏研究所では、公開講座を開催します。 本年は「宇宙と森林科学・木質科学」をテーマに掲げ、中高生にもわかりやすいレベルで森林の科学を発信することをねらいとしています。 多数のご参加をお待ちしています。詳細はホームページ記載のタイムテーブルをご覧ください。※昼食は各自ご用意ください。 【日時】令和元年11月16日(土)10:00~15:30 【場所】京都大学 宇治キャンパス・木質ホール 〒 611-0011 京都府宇治市五ヶ庄 【共催】京都大学大学院 農学研究科森林科学専攻、京都大学生存圏研究所、京大オリジナル株式会社 【参加費】受講料:一般 3,000円(税込)、中高生・大学生 無料(学生の聴講を歓迎します) お支払い方法については、お申込みフォームおよび自動返信メールをご確認ください。 【人数】講義:90名、見学・実習:各30名 【申込方法】ホームページ(https://www.kyodai-original.co.jp/?p=5555)参照 【申込締切】申し込み期限:11月1日(金)定員になり次第締切 【問合せ先】京大オリジナル株式会社 研修・講習事業部 川村・柳本 TEL:075-753-7778 E-mail:kensyu@kyodai-original.co.jp
17
18
19
SIPシンポジウム ―食産業とIoT/ロボティクスが拓く、新たな潮流― 13:00
SIPシンポジウム ―食産業とIoT/ロボティクスが拓く、新たな潮流― @ 京都リサーチパーク 西地区4号館 地下1階 バズホール・バンケットホール
11月 19 @ 13:00 – 19:30
■開催日時 令和元年11月19日(火) 12:20受付開始/13:00~19:30(懇親会18:00~19:30) ※途中参加・途中退出可能 ■プログラム 下記URLよりチラシをご覧ください。 http://www.ritsumei.ac.jp/file.jsp?id=435381 ■場所 第1部・第2部:京都リサーチパーク 西地区4号館 地下1階 バズホール・バンケットホール 第3部:京都リサーチパーク 東地区1号館 1階 アトリウム ■参加費 無料(※第3部 交流会参加の場合は 1,000円) ■申込方法 参加申込フォームから(https://ssl.form-mailer.jp/fms/b3a605e6637596) ■主催 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期「フィジカル空間デジタルデータ処理基盤」 ■共催 立命館大学ロボティクス研究センター 立命館グローバル・イノベーション研究機構「先端材料に基づくロボティクス・イノベーション」拠点 ■後援 立命館科学技術振興会 ※本シンポジウムは内閣府が進める、 「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/フィジカル空間デジタルデータ処理基盤」(管理法人:NEDO)によって実施されます。 ■問合せ 立命館大学研究部BKCリサーチオフィス SIPプロジェクト事業化推進事務局 灘、岩崎、清水 TEL:077-561-2802 MAIL:ml-rits-sip@ml.ritsumei.ac.jp
官民による若手研究者発掘支援事業プレマッチングイベント 13:30
官民による若手研究者発掘支援事業プレマッチングイベント
11月 19 @ 13:30 – 18:00
経済産業省では、官民が協調して大学等の有望なシーズ研究の発掘と優秀な若手研究者を育成する仕組みの構築を目的として、令和2年度概算要求において、「官民による若手研究者発掘支援事業」を要求しています。 このたび、NEDOと京都知恵産業創造の森(京都産学公連携機構)とで大学と企業とのマッチングの場として、若手研究者のプレゼンテーションを 通じたプレマッチングイベントを開催します。 大学の研究シーズや若手研究者との産学連携にご関心の企業の皆様から、多数のご参加をお待ちしております。 https://www.meti.go.jp/policy/innovation_corp/jinzai/wakate_event.html ◆日 時:令和元年11月19日(火)13:30~18:00(情報交換会:18:00~19:00) ◆会 場:京都産業会館ホール (京都経済センター2階) 〒600-8009 京都府京都市下京区室町東入函谷鉾町78番地 四条通り https://kyoto-kc.jp/ ◆主 催:経済産業省 新エネルギー・産業技術総合開発機構 一般社団法人京都知恵産業創造の森 協 力:近畿経済産業局 ◆発表者: ・京都地域における環境・エネルギー分野を中心とした理工農系の若手研究者 京都大学 / 京都工芸繊維大学 / 京都府立大学 / 立命館大学 / 龍谷大学 ※発表内容等は、イベントポスターを御参照下さい。 ・大学等の技術と企業とのマッチングを支援する連携支援事業者 株式会社アークレブ / epiST株式会社 / 京大オリジナル株式会社 / 株式会社ジー・サーチ / ナインシグマ・ホールディングス株式会社 / 株式会社POL / 株式会社リバネス ◆対象者:産学連携に関心のある企業、大学及び自治体等の担当者 ◆定 員:100名(定員に達し次第、参加登録を締め切ります。) ◆参加費:無料(情報交換会にご参加の方は2000円) ◆プログラム(予定): 13:00- 受付開始 13:30- 開会挨拶 13:40- 趣旨説明 経済産業省 産業技術環境局 大学連携推進室 13:50- 若手研究者 シーズ発表(15名程度×5分) 16:00- ポスターセッション/個別相談会(個別相談会は17:00に開始予定) 17:50- 閉会挨拶 18:00- 情報交換会(希望者のみ) <詳細及びお申込について> 研究者の発表テーマ等詳細情報やお申し込み方法については、下記URLにて ご確認ください。 https://www.meti.go.jp/policy/innovation_corp/jinzai/wakate_event.html <お問い合せ先> 経済産業省 産業技術環境局 大学連携推進室 T E L :03-3501-0075 E-Mail:daigaku-renkei@meti.go.jp
同志社ビジネススクール共同企画 「経営力養成入門講座-持続的経営の実現のために-」(全6回) 受講者募集のご案内 14:55
同志社ビジネススクール共同企画 「経営力養成入門講座-持続的経営の実現のために-」(全6回) 受講者募集のご案内 @ 同志社大学室町キャンパス 寒梅館2階KMB213
11月 19 @ 14:55 – 18:10
企業の存続や持続的成長のためには、経営者の経営力が不可欠であり、特に事業承継直後の若い経営者、将来の事業承継を想定した後継者の経営力育成はそれぞれの企業にとって喫緊の課題です。 同志社ビジネススクールの先端的経営学研究実績と知見を活かし、事業承継を含めた持続的経営の実現を可能とするための経営のありかたやリーダーシップについて基本的視点を学ぶための連続講座を開催します。 ■日  程 :※いずれも火曜日 【第1回】10/8  【第2回】10/15  【第3回】10/29 【第4回】11/5   【第5回】11/12  【第6回】11/19 ■時 間 :毎回14:55~18:10 ■場  所 :同志社大学室町キャンパス 寒梅館2階KMB213 ■内 容 : 第1回「オリエンテーション」 「事業創造と事業承継」 第2回「事業承継の実践事例」 第3回「中小企業のための組織マネジメント」 第4回「中小企業のためのリーダーシップ育成」 第5回「M&Aによる事業承継」 第6回「100年継続企業」 ■定 員 :20名 ※受講者については選考の上決定します。 ※全回参加/代理出席は不可。 ■受講料 :20,000円/人(税込み) ■対象者 :京都府内の中小企業の経営者層、後継者、幹部候補者※ ※会社の経営状況を把握していること ■募集期間:令和元年7月16日~8月27日 ■詳細・お申込み → https://www.ki21.jp/career/koza/ ■お問い合わせ先 公益財団法人京都産業21 京都経済センター支所 連携推進・人材育成グループ(西村、柴田、坪内) TEL:075-708-3333 FAX:075-708-3262 MAIL:jinzai@ki21.jp
京大レクチャーズ Series1~村上春樹を読み解く~ 18:30
京大レクチャーズ Series1~村上春樹を読み解く~
11月 19 @ 18:30 – 20:30
著名な作家やその作品をテーマに各界の論客たちが持論を展開していく「京大レクチャーズ」を開講します! その第1回目のテーマは、京都で生まれ、いまや世界的な作家となったHaruki Murakami。 ノーベル文学賞候補として毎年名前が挙がり、作品がリリースされるたびにベストセラーになるも、その国内での評価は世間においても文学界においても定まっていません。 そんな村上春樹の真価を問うべく、縦横無尽に作品を読み解くのは、国内トップ・クラスの研究者。現代小説から古典文学、仏哲学から心理学まで、専門を異にする講師陣が独自の解釈を披露します。 司会は、京大若手人文知の一人である小島基洋准教授が務めます。 【日時】令和元年10月31日(木)ほか、各回18:30~20:30 【場所】京都アカデミアフォーラムin丸の内(東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10F) 【主催】京大オリジナル株式会社 【共催】京都大学大学院 人間・環境学研究科、京都大学こころの未来研究センター、京都大学人社未来形発信ユニット 【参加費】一括申込18,000円(学生13,500円)、各回申込 各4,000円(学生3,000円)※すべて税込 【人数】各回100名程度 【申込方法】ホームページ(https://www.kyodai-original.co.jp/?p=5396)参照 【申込締切】各回ホームページ参照、定員になり次第締切 【問合せ先】京大オリジナル株式会社 研修・講習事業部 岡田・松本 TEL:075-753-7778 E-mail:kensyu@kyodai-original.co.jp
20
【京都工芸繊維大学】「先端ものづくり開発人材育成講座」
【京都工芸繊維大学】「先端ものづくり開発人材育成講座」
11月 20 全日
京都工芸繊維大学では社会人向け教育公開講座として、「先端ものづくり開発人材育成講座」を開講いたします。本講座は本学が実施している地域貢献COC事業の一環として、社会人生涯教育の一助とすることを狙って、研究開発型ものづくり事業を事業提案できるエンジニア人材の育成を目的としています。 本講座では、先端ものづくり開発人材に必要な力を育成するために、段階的に、①先端ものづくりプロセス技術コース、②先端ものづくり技術マネジメントコース、③プロジェクトマネジメントコースの3コースを開講いたします。 奮ってご応募願います。 【開講期間】令和元年11月1日(金)~12月18日(水)、この期間で合計8日間 【実施場所】京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス 15号館2階N205室 【受講対象】ものづくりに関わる経験が3年~10年程度の若手技術者 【募集人員】30名程度、最低実施人数10名 【受 講 料】 一般:コース①及び③ 45,000円、コース② 30,000円、全コース一括100,000円 京都工芸繊維大学産学連携協力会会員企業: コース①及び③ 30,000円、コース② 20,000円、全コース一括 60,000円 【主  催】京都工芸繊維大学ものづくり教育研究センター 【後  援】公益社団法人 京都工業会 【申 込 先】京都工芸繊維大学 研究推進課研究戦略係 (075-724-7209 , ken-senryaku[at]jim.kit.ac.jp) <申込み受付専用フォーム> https://www.kit.ac.jp/form/view/index.php?id=215811 【問 合 先】京都工芸繊維大学ものづくり教育研究センター 赤崎宏美(075-724-7379 ,akasaki_hi[at]jim.kit.ac.jp) 増田 新(075-724-7381 ,masuda[at]kit.ac.jp) ※メールアドレスの[at]は@に変更してください。 詳しくは、京都工芸繊維大学研究推進課ホームページをご覧ください。 http://research.jim.kit.ac.jp/nc/html/htdocs/?page_id=134
令和元年度コーディネート人材育成事業(旧 コーディネータ研鑽会)
「コーディネート人材のためのスキルアップセミナー」
ーデザイン視点のコーディネーションー
13:00
令和元年度コーディネート人材育成事業(旧 コーディネータ研鑽会)
「コーディネート人材のためのスキルアップセミナー」
ーデザイン視点のコーディネーションー
11月 20 @ 13:00 – 17:00
従来の事業モデルや知識、成功体験が通用しにくい不確実性の時代に対峙し、継続可能な経済成長、生産活動を続けていくには、従来の常識を打ち破るようなイノベーションによる新たな価値創造や市場創造、顧客創造により、従来のライフスタイルを変えるような商品やサービスを開発することが重要です。 そのためには、従来の価値観にとらわれず、新たな価値創造や市場創造、顧客創造を実現できる起業家人材の育成はもちろんのこと、彼らをサポートするコーディネート人材(コーディネータ)のスキルアップも重要であると考えられます。 令和元年度「コーディネート人材育成事業」では、新たな価値創造や市場創造、顧客創造のプロセスとして注目されている「デザイン思考(Design thinking)」に着目し、モデレータの櫛 勝彦 氏(京都工芸繊維大学 教授)を中心に、デザイン思考の考え方やプロセス、アプローチ法について紐解き、事例紹介やワークショップを通して実践的なスキルアップを図ります。 「コーディネート人材のためのスキルアップセミナー」チラシ(PDF) 【日 時】 ・第1回:9月20日(金)  ※交流会17:30~19:00 ・第2回:10月25日(金) ・第3回:11月20日(水) いづれも13:00~17:00(受付12:45~) 【対 象】 ・支援機関や大学等のコーディネータ ・大学や企業等の事業創出を目指す教員(研究者)や学生、若手クリエータ 【定 員】  30名程度/回 (先着順 定員になり次第締め切ります) ※セミナーの性格上、すべて受講することが前提ですが、やむを得えない理由がある場合は、事務局にご相談ください。 【参加費】 無 料 (交流会:2,000円/人) 【お申込み方法】  参加申込書に必要事項をご記入のうえ、京都産学公連携機構事務局までお申込みください。 メールでのお申込みの場合は、件名を「【申込み】コーディネート人材のためのスキルアップセミナー」とし、本文に、①氏名(ふりがな)、②団体・組織名(ふりがな)、③所属/役職名、④所在地、⑤電話、⑥ファックス、⑦メールアドレス、⑧交流会(9/20)への出欠、⑨セミナーに期待することをご記入のうえ、同事務局 (E-mail:renkei@chiemori.jp)までご送付ください。 【お申込み締切】 令和元年9月18日(水) 【プログラム】 第1回(理論編とワークショップ) 【日 時】 令和元年9月20日(金) 13:00~17:00(交流会:17:30~19:00) 【場 所】 京都経済センター4F 4-B会議室 【内 容】 (1)オーバービュー ■演 題:共通言語・思考方法としてのデザイン ■講 師:櫛 勝彦 氏 (京都工芸繊維大学 デザイン・建築学系 教授) (2)特別講演 ■演 題:エフェクチュエーション ー市場創造のための思考様式ー ■講 師:吉田 満梨 氏 (立命館大学 経営学部 准教授) (3)ワークショップ 「一緒に考える・見つける」 ■テーマ:専門家だけのクローズドな世界をひらく、共創型のアイデア発想 ■狙 い:専門性と立場が異なる人たちが共にアイデアを出しあうためのフラットな議論の場作りを体験 ■講 師:寺井 翔茉 氏 / 株式会社 ロフトワーク (4)交流会(ワークショップ意見交換会) ■参加費:2,000円/人 (当日、受付でお支払いください) 第2回(事例紹介とワークショップ) 【日 時】 令和元年10月25日(金) 13:00~17:00 【場 所】 京都経済センター3F 3-H会議室 【内 容】 「リブランディング」 ■テーマ:ブランド化へのイノベーションデザインの極意 ■狙 い:生産者の都合から使い手の満足への気付きによる新たな価値創造 ■講 師:小林 新也 氏 / 合同会社 シーラカンス食堂 第3回(事例紹介とワークショップ) 【日 時】 令和元年11月20日(水) 13:00~17:00 【場 所】 京都経済センター3F 3-H会議室 【内 容】 「リフレーミング」 ■テーマ:顧客体験のデザインによるイノベーション発想 ー イノベーションの源泉となる「顧客の生の声」のその先のニーズを捉える視点と手法 ー ■狙 い:既成概念の脱却を目指した顧客ニーズの掘起こし ■講 師:井登 友一 氏 / 株式会社 インフォバーン 【会場(京都経済センター)案内】 (〒600-8009) 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78 ※京都市営地下鉄烏丸線「四条駅」北改札出てすぐ ※阪急電車京都線「烏丸駅」26番出口直結 【お問い合せ先】 京都産学公連携機構 事務局 (一般社団法人 京都知恵産業創造の森) 京都経済センター3階 TEL:075-353-2302 FAX:075-353-2304
21
22
「これから始めるIoT・AIの活用法&AI技術で進化するネット社会での情報発信」開催のご案内(全2回)受講者募集 01:30
「これから始めるIoT・AIの活用法&AI技術で進化するネット社会での情報発信」開催のご案内(全2回)受講者募集 @ 京都経済センター 3階 3-H
11月 22 @ 01:30 – 04:30
近年IoT・人工知能(AI)が急速に発展し、業種問わずIoTやAIによる業務改善が行われています。 また、様々な情報が発信されている現代社会において顧客への正確な情報発信は必須の課題です。 大きな時代変革の中で「IoT・AIってどのように使うの?」「自社で取組むことが出来るの?」と疑問をお持ちの方や自社ホームページで自社のターゲットとする顧客へ正確に、上手くアプローチしたいと考えておられる方を対象に上記講座を開催します。 参加費も無料ですので是非ご参加ください。 ■対象 京都府内の中小企業でIoT導入に関心のある方や自社の情報発信に取り組んでおられる方 ■日時 【第1回】11月22日(金)13:30~16:30<新時代、IoTの活用法> 【第2回】11月28日(木)13:30~16:30<AI技術で進化するネット社会での情報発信> ■場所 いずれも 京都経済センター3階 3-H ■内容 【第1回】新時代、IoTの活用法 活用事例を踏まえながらIoTの現状や必要な備えを知っていただき、 自社での活用方法するための基礎を知っていただきます。 【第2回】AI技術で進化するネット社会での情報発信 検索エンジンの仕組みを知って、自社のホームページを顧客に分かりやすくする仕組みをディスカッションも踏まえてながらご説明します。 ■受講料 無料 ■定員 25名 ■募集期間 令和元年11月21日(木)17:00迄 ※ただし、先着順・定員に達し次第締切 ■主催 公益財団法人京都産業21 ■詳細はこちらから ⇒ https://www.ki21.jp/kobo/r1/career/koza/plaza_bosyu/ ⇒ 専用フォームまたは申込書をダウンロードの上お申し込み下さい。 ■お問い合わせ先 公益財団法人京都産業21 京都経済センター支所 連携推進・人材育成グループ TEL:075-708-3333 FAX:075-708-3262 MAIL:jinzai@ki21.jp
リカレント教育プログラム デジタルメディアを使って働くための講座(全般) 10:00
リカレント教育プログラム デジタルメディアを使って働くための講座(全般)
11月 22 @ 10:00 – 16:00
デジタルメディア制作の周辺領域で実務に就くために必要な知識や技術を一通り学べるプログラムが9月より開講されます。 デジタルメディア領域の概論から実際のツールを使っての制作講義など幅広い内容となっています。 興味のある方は詳細をご確認いただきお申し込みください。 ■日程:令和元年9月27日(金)~ 12月13日(金) 全13回 ■時間:10:00~16:00 休憩12:00〜13:00 ※10月11日開講分のみ14:30まで ■会場:オープンイノベーションカフェ「KOIN」 ■出願期間:2019年7月22日(月)~9月5日(木)当日消印有効 詳細はこちらから https://www.kyoto-seika.ac.jp/info/event/extension/2019/07/02/52466/ ■お問い合わせ 京都精華大学 社会連携センター 606-8588 京都市左京区岩倉木野町137 Tel:075-702-5263 Fax:075-722-5440 E-mail:crelab@kyoto-seika.ac.jp
D-egg セミナー「クラウドファンディングで起業資金等を得る秘訣」 14:00
D-egg セミナー「クラウドファンディングで起業資金等を得る秘訣」 @ D-egg 2階会議室
11月 22 @ 14:00 – 16:00
「クラウドファンディング」の成功事例である、米国で8800万円を集めた、指に装着し指先の動きで入力するウエアラブル端末の「リング」や、1.3億円と日本で最も資金を獲得した「折り畳み式電動バイク」を紹介して頂きます。 また、「クラウドファンディング」の企画者と出資者の意識調査の結果に基づく、「クラウドファンディング」を成功させる秘訣もお話し頂きます。 【日時】令和元年11月22日(金)14時~16時(15時半~質疑応答) 【場所】D-egg 2階会議室 (京田辺市興戸地蔵谷1番地 同志社大学京田辺キャンパス内) 【講師】中田 行彦 氏 立命館アジア太平洋大学 名誉教授・客員教授 工学博士(大阪大学)、博士(技術経営:立命館大学) 【参加費】無料 【定員】30名(先着順) 【申込・問合せ】 D-egg IM室(担当:上村、塚脇) Tel:0774-68-1378 Fax:0774-68-1372 E-mail:D-egg_info@smrj.go.jp 【主催】中小機構 近畿 同志社大学連携型起業家育成施設D-egg 【共催】同志社大学リエゾンオフィス、京田辺市、京田辺市商工会 【詳細】https://www.smrj.go.jp/incubation/d-egg/event/2019/favgos0000000sns.html
令和元年度 京都臨床ニーズマッチング会 14:30
令和元年度 京都臨床ニーズマッチング会 @ 京都経済センター6階 6-C、6-D
11月 22 @ 14:30 – 19:00
京都市及び(公財)京都高度技術研究所では、市内のライフサイエンス関連産業の振興を図るため、「京都市ライフイノベーション創出支援センター」を拠点として、産学公連携による医療分野の研究開発や事業化の促進、健康・福祉・介護分野における新たな製品・サービスの創出、販路の開拓等を支援しています。 この度、健康長寿社会の実現につながる京都発の新たな医療機器及びサービスの創出を目指し、京都の中小企業者を対象に、京都の医療従事者から臨床ニーズの発表を行う「京都臨床ニーズマッチング会(京都市健康長寿産業創出プロジェクト定例会)」を開催します。是非ご参加ください。 ■日 時:令和元年11月22日(金)14:30~19:00 マッチング会 14:30~17:45、交流会 18:00~19:00 ■会 場:京都経済センター6階 6-C、6-D ※交流会 同階 6-E (京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78) ■対 象:京都府内に事業所を有する中小企業者 ※対象者のほか、全国の製販企業(医療機器メーカー)もご参加いただけます。 ■プログラム: 14:30~14:35 開会 14:35~14:45 京都臨床ニーズマッチング会の取組について 14:45~17:30 臨床ニーズ発表(14件) 【発表者】京都大学医学部附属病院、京都府立医科大学、 武田総合病院、三菱京都病院、同志社女子大学、 京都府臨床工学技士会会員等の医療従事者 ※発表する臨床ニーズの概要は、下記URLで公開しています。 https://www.astem.or.jp/lifeinov/teireikai/6331.html 17:30~17:45 事務連絡・閉会 18:00~19:00 交流会 ■参加費:マッチング会 無料、交流会 1,000円 ■定 員:100名 ■主 催:京都市、公益財団法人京都高度技術研究所 ■共 催:公益財団法人京都産業21、一般社団法人京都府臨床工学技士会 ■協 力:京都大学大学院医学研究科「医学領域」産学連携推進機構、京都府立医科大学、 医療法人医仁会武田総合病院、三菱京都病院、株式会社カワニシホールディングス、株式会社増田医科器械 ■申込方法:下記のURLからお申込みください。 https://www.astem.or.jp/lifeinov/teireikai/6331.html ※申込期限:令和元年11月15日(金) ※当日「秘密保持に関する申し合わせ」に御署名いただきます。 ■お問合せ先:(公財)京都高度技術研究所 地域産業活性化本部 京都市ライフイノベーション創出支援センター TEL:075-950-0880 FAX:075-950-0881 E-mail:ikouyaku[at]astem.or.jp ※[at]を@に置き換えてお送りください。
23
-産学公の連携スイッチ- 京の防災安全安心シンポジウム 13:00
-産学公の連携スイッチ- 京の防災安全安心シンポジウム @ 京都府立大学 教養教育共同化施設 「稲盛記念会館」103講義室
11月 23 @ 13:00 – 17:30
地球温暖化に伴う異常気象や活動期に入った地震による大災害、一方では、子どもの虐待・貧困、DV、いじめ、自殺など。ここ数ヶ月の報道を見ても、これらの問題が報道に取り上げられない日はありません。 この大きな、そして喫緊の社会問題に産学公が一体となって取り組むため、京都府立大学では、持続可能な開発目標(SDGs)に関する課題として、「防災・減災」と「人権リスク対策」をテーマに、文理各学部の教員に加え、元文化庁文化財部長の石野様をはじめ、京都府、京都市及び関西電力株式会社様から講演者をお招きし、産学公それぞれの視点からご発言いただいた後、パネルディスカッションによる意見交換を行うシンポジウムを開催することといたしました。 日時:令和元年11月23日(土) 13:00~17:30 会場:京都府立大学 教養教育共同化施設 「稲盛記念会館」103講義室 京都市左京区下鴨半木町1-5(京都市営地下鉄 北山駅 南へ徒歩5分) 参加費:無料 主催:京都府立大学 プログラムと主な出席者(敬称略) 13:00 開会・あいさつ 13:05 基調講演  「文化財保護行政-文化財の防災減災-」 一般社団法人筑波会議支援機構理事 元文化庁文化財部長 石野 利和 13:35 特別講演 「京都府の災害時要配慮者支援の取組について」 京都府健康福祉部地域福祉推進課 課長補佐 宮村 匡彦 14:05 特別講演 「気候危機への対応-誰一人取り残さないための気候変動対策」 京都市環境政策局地球温暖化対策室 地球温暖化対策課長 川﨑 明浩 14:35 招待講演 「停電復旧の仕組みと停電・復旧情報の発信について」 関西電力(株)送配電カンパニー 京都支社 電力本部 配電グループ チーフマネジャー  湯出口 幸久 15:10 京都府立大学の防災減災研究報告 「今後の山地災害を考える上での基礎研究の重要性」 京都府立大学 大学院生命環境科学研究科 教授 勝山 正則 「学区の資源を活かした防災まちづくりの研究と実践」 京都府立大学 大学院生命環境科学研究科 准教授 前田 昌弘 「災害時における要援護者の広域的な受け入れ」 京都府立大学 公共政策学部 准教授 松岡 京美 「京都府の災害史 — 千年超のタイムスパンでみる」 京都府立大学 文学部 教授 小林 啓治 16:45 パネルディスカッション「京の防災安全安心-産学行政の連携スイッチ-」 コーディネーター:京都府立大学 公共政策学部 教授 窪田 好男 氏 パ ネ リ ス ト : 前述の講演者・報告者 全8名 17:30  閉会 詳細はこちら https://kpu-envinfo.jp/w/wp-content/uploads/2019/11/kyotoalivesympo2019_11_23.pdf お問い合わせ: 京都府立大学 大学院生命環境科学研究科 京の防災安全安心シンポジウム事務局 kyotoalivesympo@mei.kpu.ac.jp
24
25
26
27
28
「これから始めるIoT・AIの活用法&AI技術で進化するネット社会での情報発信」開催のご案内(全2回)受講者募集 01:30
「これから始めるIoT・AIの活用法&AI技術で進化するネット社会での情報発信」開催のご案内(全2回)受講者募集 @ 京都経済センター 3階 3-H
11月 28 @ 01:30 – 04:30
近年IoT・人工知能(AI)が急速に発展し、業種問わずIoTやAIによる業務改善が行われています。 また、様々な情報が発信されている現代社会において顧客への正確な情報発信は必須の課題です。 大きな時代変革の中で「IoT・AIってどのように使うの?」「自社で取組むことが出来るの?」と疑問をお持ちの方や自社ホームページで自社のターゲットとする顧客へ正確に、上手くアプローチしたいと考えておられる方を対象に上記講座を開催します。 参加費も無料ですので是非ご参加ください。 ■対象 京都府内の中小企業でIoT導入に関心のある方や自社の情報発信に取り組んでおられる方 ■日時 【第1回】11月22日(金)13:30~16:30<新時代、IoTの活用法> 【第2回】11月28日(木)13:30~16:30<AI技術で進化するネット社会での情報発信> ■場所 いずれも 京都経済センター3階 3-H ■内容 【第1回】新時代、IoTの活用法 活用事例を踏まえながらIoTの現状や必要な備えを知っていただき、 自社での活用方法するための基礎を知っていただきます。 【第2回】AI技術で進化するネット社会での情報発信 検索エンジンの仕組みを知って、自社のホームページを顧客に分かりやすくする仕組みをディスカッションも踏まえてながらご説明します。 ■受講料 無料 ■定員 25名 ■募集期間 令和元年11月21日(木)17:00迄 ※ただし、先着順・定員に達し次第締切 ■主催 公益財団法人京都産業21 ■詳細はこちらから ⇒ https://www.ki21.jp/kobo/r1/career/koza/plaza_bosyu/ ⇒ 専用フォームまたは申込書をダウンロードの上お申し込み下さい。 ■お問い合わせ先 公益財団法人京都産業21 京都経済センター支所 連携推進・人材育成グループ TEL:075-708-3333 FAX:075-708-3262 MAIL:jinzai@ki21.jp
29
リカレント教育プログラム デジタルメディアを使って働くための講座(全般) 10:00
リカレント教育プログラム デジタルメディアを使って働くための講座(全般)
11月 29 @ 10:00 – 16:00
デジタルメディア制作の周辺領域で実務に就くために必要な知識や技術を一通り学べるプログラムが9月より開講されます。 デジタルメディア領域の概論から実際のツールを使っての制作講義など幅広い内容となっています。 興味のある方は詳細をご確認いただきお申し込みください。 ■日程:令和元年9月27日(金)~ 12月13日(金) 全13回 ■時間:10:00~16:00 休憩12:00〜13:00 ※10月11日開講分のみ14:30まで ■会場:オープンイノベーションカフェ「KOIN」 ■出願期間:2019年7月22日(月)~9月5日(木)当日消印有効 詳細はこちらから https://www.kyoto-seika.ac.jp/info/event/extension/2019/07/02/52466/ ■お問い合わせ 京都精華大学 社会連携センター 606-8588 京都市左京区岩倉木野町137 Tel:075-702-5263 Fax:075-722-5440 E-mail:crelab@kyoto-seika.ac.jp
産学官連携実務者向けの施策説明会~令和2年度予算要求を中心に~ 13:00
産学官連携実務者向けの施策説明会~令和2年度予算要求を中心に~
11月 29 @ 13:00 – 18:30
近畿経済産業局では、大学等と当局、大学等同士のネットワークの構築を図ることにより、産学官連携推進を促進するため、情報提供・情報交流を目的とした「産学官連携実務者向けの施策説明会」を年1~2回開催しております。 本会議では、大学・高専、公設試、産業支援機関・金融機関等の産学官連携のご担当者を対象に、主に、大学における先進事例や産学官連携に係る国の動向や支援施策をセミナー形式で紹介いたします。 1.日 時:令和元年11月29日(金)13:00~17:00 (交流会:17:20~18:30 ※希望者のみ) 2.場 所:関西大学 梅田キャンパス KANDAI Me RISE ホール(8階) (※交流会も同じ会場)(住所:大阪市北区鶴野町1番5号) http://www.kansai-u.ac.jp/umeda/access/ 3.主 催:近畿経済産業局・関西大学 4.対 象:大学・高専・公設試・産業支援機関・金融機関等の産学官連携のご担当者 5.定 員:100名 6.参加費:無料(交流会ご参加の場合、1,000円) 申込み方法 申し込みフォームに必要事項を入力し登録して下さい。(※定員に達し次第、受付を締め切らせていただきます。) (※申し込み期限:11月25日まで) お問い合わせ 近畿経済産業局 地域経済課 〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44 TEL.06-6966-6011(直通) kin-sangakukan@meti.go.jp
30
2019秋のMBA連続公開講座 第3回「グローバル企業経営」 13:30
2019秋のMBA連続公開講座 第3回「グローバル企業経営」 @ 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館2階 KMB211教室
11月 30 @ 13:30 – 15:30
同志社大学大学院ビジネス研究科では公益財団法人京都産業21の協賛の下、以下のとおり2019 秋のMBA連続公開講座の第3回を開催致します。奮ってご参加ください。 第3回「グローバル企業経営」 1980年代までの機械化、自動化社会の中で日本企業は海外の資源を活用したグローバル企業経営を推進してまいりました。また2000年度前半までの情報化社会の中では、情報技術の活用により新たな価値を取り込み発展させてきました。その一方、情報技術の発展した社会では、いままでにない新しい価値を作り出していくといった経営を求めてきています。「企業経営は独自解」を基本に置き、新しい価値を作り出すグローバル企業経営を探ります。 ■日 時:令和元年11月30日(土)13:30~15:30(受付開始13:00) ■場 所:同志社大学 今出川校地 室町キャンパス 寒梅館2階 KMB211教室 ■講 師:鈴木 吉宣 同志社大学大学院ビジネス研究科 客員教授 ■定 員:100名 ■参加費:無料 ■詳 細:http://bs.doshisha.ac.jp/openlect/schedule.html ■主 催:同志社大学 ■申込み:ビジネス研究科イベント申込みフォームよりお申込下さい。 (イベント名に「2019 秋のMBA連続公開講座第3回」とご入力下さい)
PAGETOP
京都府 京都市 京都商工会議所 社団法人 京都工業会

京都大学 大学コンソーシアム京都 公益財団法人 京都産業21 京都高度技術研究所
Copyright © 京都産学公連携機構 All Rights Reserved.