京都産学公連携機構は、京都における産・学・公のあらゆる機関が相互に情報を共有しながら、連携と協働を進めます。
  • 相談窓口
  • 京都「大学の知恵」活用認定制度
  • 支援事業説明会

産学公連携イベント&ニュース

9月
21
【京都工芸繊維大学】第1回電波暗室を使ってのEMC対策基本技術セミナー
9月 21 @ 13:30 – 17:00

安全で安心な電気・電子製品の新製品開発のためには、設計・試作段階から製品から放出される電磁ノイズの低減・規制対応、いわゆるEMC対策を行うことが基本となります。今まであまり着目されていなかった産業向け機械についても、IoTの普及によって新たな対応が求められるようになってきております。
このたび、京都工芸繊維大学では、新たに設置した電波暗室を実際に使ったEMC対策基本技術セミナーを、主に製品開発・品質管理に新たに従事された或いは従事予定の方を対象に開催します。是非ご参加下さい。

■日時:
A日程 平成30年9月20日(木) 13:30~17:00
B日程 平成30年9月21日(金) 13:30~17:00
※A日程、B日程とも同じ内容です。ご都合の良い日を選んでお申込み下さい。

■会場:京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス
京都市左京区松ヶ崎橋上町1(市営地下鉄松ヶ崎駅徒歩約10分)

■主催:京都工芸繊維大学 グリーンイノベーションセンター

■内容:
13:30~15:15 第1部 EMC対策の基本と国内外の規制の動向
15:15~15:30 休憩・移動
15:30~16:30 第2部 電磁波ノイズ測定の実際
16:30~17:00 個別相談会

■講師:京都工芸繊維大学 グリーンイノベーションセンター 特任専門職 iNARTE-EMCエンジニア 泉 誠一

■定員:各日とも10名

■受講料:無料

■詳細・申込:下記WEBサイトをご確認ください。

https://www.cgi-emc.kit.ac.jp/emc_seminar_2018092021/

直接電子メールの場合は、氏名、会社名、所属/役職、電話番号、メールアドレス、受講希望日を明記頂き、emckanri@kit.ac.jp宛お申込み下さい。

■締切:定員に達し次第

■問合せ:
京都工芸繊維大学 電波暗室担当 e-mail:emckanri@kit.ac.jp
又はTEL 075-724-7974 FAX:075-724-7030(研究戦略推進本部 向井まで)

事業承継セミナー&個別相談会 @ 宮津市福祉・教育総合プラザ
9月 21 @ 13:30 – 15:30

事業を継続していくためには避けられないのが「事業承継」ですが、日々の忙しさが優先され、ついつい後回しになりがちです。しかし、経営者の理念を引継ぎ、事業の継続・発展を後継者に託す準備は相当な時間が必要になってきます。まずは、「事業承継について考えてみる」「専門家や支援機関に話しを聞いてみる」といったところから始めてみませんか?

気軽に参加いただけるセミナー&個別相談会を府内3地域で開催します。

■開催日時
①平成30年  8月27日(月)13:30~15:30
②平成30年  9月21日(金)13:30~15:30
③平成30年10月26日(金)14:00~16:00

■開催場所
①宮津市福祉・教育総合プラザ
②綾部市ものづくり交流館 多目的ホール
③文化パルク城陽 東館4階 大会議室A

■参加費:無料

■主催:公益財団法人京都産業21

■お問合せ
公益財団法人京都産業21
京都中小企業事業継続・創生支援センター
(TEL:075-315-8897)
京都府よろず支援拠点
(TEL:075-315-8660)

■詳細は以下サイトをご覧ください

https://www.jigyo-keizoku.jp/jigyoushoukei/seminar20180827/

 

9月
27
【京都府立大学】第1回連続自治体特別企画セミナー(KIRPセミナー)『車の自動運転・シェアリングは地域をどう変えていくか』 @ 京都府立大学下鴨キャンパス内 教養教育共同化施設 「稲盛記念会館」
9月 27 @ 15:00 – 17:30

「新たな社会変革を活用する地域社会のゆくえ」を年間テーマとして、今後大きく変わりつつある社会における地域のあり方を模索します。
第1回は、近年目覚ましい進展を遂げている車の自動運転とシェアリングに焦点を当て、「車の自動運転・シェアリングは地域をどう変えていくか」をテーマに実施いたします。
世界的な車の自動運転・シェアリングの動向、地域における車のシェアリングの事例などから世界から地域に至る車の未来を考えたいと思います。

【日  時】平成30年9月27日(木)15:00~17:30
【場  所】京都府立大学下鴨キャンパス内 教養教育共同化施設「稲盛記念会館」104講義室

■ 講師 ■
ヤンディヤック シュマッカー氏 (京都大学工学研究科都市社会工学専攻准教授)
安藤 良輔氏(公益社団法人豊田都市交通研究所研究部長)
東 恒好氏(NPO法人「気張る!ふるさと丹後町」広報担当理事)
■ コーディネーター ■
青山 公三(京都地域未来創造センター副センター長・統括マネージャー)

【申込み】先着200名、申込みフォームまたはメール・FAXにてご連絡ください。

主催:京都府立大学 京都地域未来創造センター
後援:一般財団法人地域活性化センター

【問合せ先】京都府立大学 京都地域未来創造センター
電話・FAX 075-703-5319
e-mail:kirpinfo@kpu.ac.jp
詳細ホームページ

9月
28
女性起業家のための「お金の流れデザインセミナー」 @ メルパルク京都
9月 28 @ 13:30 – 17:00

「わたしらしく生きる」「自分の生き方を大切に」と、女性が軽やかに起業に踏みだせる時代になりました。しかしその一方で、起業後3年以上続けられる方は3割程度、10年続く企業はたったの1割です。また、例え続いていたとしても、6割の女性起業家の年収は100万円以下という統計データもあります。
本セミナーは起業することが目的ではなく、起業後を見据え、末永く事業を続けて頂くために企画しました。

■開催日時:平成30年9月28日(金)13:30~17:00

■開催場所:メルパルク京都

■参加費:無料

■主催:公益財団法人京都産業21

■詳細は以下サイトをご覧ください

https://www.jigyo-keizoku.jp/jigyoushoukei/seminar20180928/

■お問合せ:公益財団法人京都産業21
京都中小企業事業継続・創生支援センター
(TEL:075-315-8897)
京都府よろず支援拠点
(TEL:075-315-8660)

10月
3
起業家セミナー~起業という道を選ぶ条件は?~ @ 京都大学 国際科学イノベーション棟
10月 3 @ 13:30 – 17:00

当セミナーでは中小企業支援機関によるさまざまな起業支援活動のご紹介や、産学公連携により起業された方々の起業への想いから現在に至るまでの苦労や工夫などをご講演いただきます。
このセミナーを通じて、皆様が想い描く自分の起業を現実化するための参考としていただくとともに、起業される方同士の仲間づくりとなりますようご案内いたします。

■開催日時:平成30年10月3日(水)13:30~17:00

■開催場所:京都大学(吉田)国際科学イノベーション棟

■参加費:無料

■主催:京都府、(公財)京都産業21、京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進協議会

■お問合せ:公益財団法人京都産業21
京都中小企業事業継続・創生支援センター
(TEL:075-315-8897)

■詳細は以下サイトをご覧ください
https://www.jigyo-keizoku.jp/sogyoshien/seminar20181003/

日々の経理にお悩みの飲食店等開業者の皆様へ~「小規模開業者向け帳簿作成会」~ @ 京都高度技術研究所(ASTEM)
10月 3 @ 14:00 – 17:00

開業する人が増加している中、その約50%が3年以内に廃業に追い込まれているとも言われています。
帳簿を正しくつけられないことが原因で、自社の経営状況が把握できず、資金繰りが悪化して、結果、廃業寸前に追い込まれている事業者も多くいます。

そのような背景のもと、本会では、正しい帳簿のつけ方がわからず、確定申告で苦労されている小規模開業者(個人・法人問わず)を対象に、正しい帳簿作成を習慣づけていただきたいと思います。

わからないことが多く、1人では億劫でできないことも、アドバイスをもらえる場に通うことで、自然と苦手意識が消え、ご自身の経営状況を的確に把握できるようになり、申告前に慌てる必要がなくなります。
今後の事業展開に向けて経理関係の疑問点を解消し、足元を固めたい事業者の参加をお待ちしています。
起業家を育てる教育をベースにしたインキュベーション施設であるSTC3で、長年にわたり相談業務等を行ってきた税理士が担当させていただきます。

■日 時:平成30年8月29日、9月5日、19日、10月3日、17日、11月7日、21日、12月5日、19日(全て水曜日)
(1) 14:00~14:50
(2) 15:00~15:50
(3) 16:00~16:50 のうち、ご希望の時間帯で前日までにお申し込み下さい(先着順)。
詳細は https://stc3.net/user-info/1787/

■会 場:京都高度技術研究所(ASTEM)

■参加費:2,000円/回

■定 員:各回 最大5名 ※要申込・先着順

■内 容:
集合指導形式(最大5人)での領収書の整理、会計ソフト(クラウド会計を含む)の入力、等
講師:中元 亜紀(中元亜紀税理士事務所代表/ASTEM STC3インキュベーションマネージャー)

■持ち物:電卓、筆記具、領収書等証憑書類、ノートパソコン等

■申込方法:メールまたはFAXにて。ウェブサイトにある申込書をご確認ください。
https://stc3.net/user-info/1787/

■主 催:(公財)京都高度技術研究所

■お問い合わせ先:
(公財)京都高度技術研究所(ASTEM)
創業人財育成支援部 イノベーション創出コミュニティ(STC3)事務局
TEL: 075-315-3657 / FAX: 075-326-2190
E-mail:stc3office@astem.or.jp

10月
10
D-egg Cocktail セミナー「ベンチャーキャピタルとは~ベンチャーキャピタルからの資金調達について~」 @ D-egg 2階会議室
10月 10 @ 14:00 – 16:00

ベンチャーキャピタルのファンドの仕組みや、投資判断、投資から回収までについて説明いただきます。セミナー後には、講師の先生、参加者のみなさんで、飲み物を飲みながら、交流や情報交換(質疑応答含む)を行います。どうぞお気軽にご参加ください。

【日時】平成30年10月10日(水)14:00~16:00
・14:00~15:00 セミナー
・15:00~16:00 交流・情報交換会(質疑応答含む)

【場所】D-egg 2階会議室
(京都府京田辺市興戸地蔵谷1番地 同志社大学京田辺キャンパス内)

【講師】日本ベンチャーキャピタル株式会社
執行役員ベンチャーキャピタリスト 北岡 侑子 氏

【参加費】無料

【定員】30名(先着順)

【申込み・問合せ】
D-egg IM室(担当:上村、塚脇) Tel:0774-68-1378 Fax:0774-68-1372
E-mail:D-egg_info@smrj.go.jp

【主催】中小機構 近畿 同志社大学連携型起業家育成施設D-egg

【共催】同志社大学リエゾンオフィス、京田辺市、京田辺市商工会

【詳細】http://www.smrj.go.jp/incubation/d-egg/event/2018/frr94k0000045pvd.html

10月
11
平成30年度 iPS関連研修事業 「次世代医療を理解する-ライフサイエンス基礎講座」
10月 11 @ 13:30 – 17:30

iPS細胞を活用した再生医療を始め、癌の免疫療法や遺伝子治療など、次世代の医療技術が注目されていますが、難しい専門用語が先行して、その原理やしくみを理解することは容易ではありません。
そこで、(公財)京都産業21では、次世代医療の実現化・産業化をイメージする一助として、これら最先端医療を理解するための基礎知識から、実用化の現状や課題など最新動向までエッセンスを凝縮した基礎講座を開催します。
合わせて免疫と遺伝子分野の研究現場を見るラボツアーも企画しました。
初回は、9月18日(火)、京都リサーチパークにて、「iPS細胞と再生医療」について、京都薬科大学 統合薬科学分野教授 高田和幸 氏による基礎講座を開催しますので、是非ご参加ください。

【基礎講座】
○参加費用:無料
○定員:各回40名程度(先着順)
○形式:セミナー形式
○場所:京都リサーチパーク

<第1回>「iPS細胞と再生医療」
○日時:平成30年9月18日(火) 13:30~17:30
○内容:幹細胞の概要と再生医療への応用の現状等
○講師:京都薬科大学 統合薬科学分野教授 高田和幸 氏

<第2回>「免疫の基礎知識と免疫療法」
○日時:平成30年10月11日(木) 13:30~17:30
○内容:免疫系の概要と免疫チェックポイント阻害薬・CAR-T細胞等
○講師:京都薬科大学 薬理学分野教授 田中智之 氏

<第3回>「遺伝子治療とゲノム編集技術の進展」
○日時:平成30年10月26日(金) 13:30~17:30
○内容:遺伝子治療の基礎とゲノム編集技術の遺伝子治療への展開等
○講師:京都薬科大学 細胞生物学分野教授 藤室雅弘 氏

【実験見学ラボツアー】
○参加費用:無料
○定員:各回5名程度(先着順)
○形式:実験見学・質疑応答
○場所:京都薬科大学

<第1回>「遺伝子分野」
○日時:平成30年11月8日(木) 13:00~17:00
○内容:遺伝子研究の実験の見学及び使用機器の説明等
○講師:京都薬科大学 細胞生物学分野教授 藤室雅弘 氏

<第2回>「免疫分野」
○日時:平成30年11月22日(木) 13:00~17:00
○内容:免疫系の実験の見学及び使用機器の説明等
○講師:京都薬科大学 薬理学分野教授 田中智之 氏
■詳細・お申込みは下記ホームページをご覧ください。
http://kyoto-koyop.jp/support/ips-jinzai-2018/

■主催:公益財団法人京都産業21、京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進センター

■本件に関するお問合せ先■
公益財団法人京都産業21
イノベーション推進部 新産業創出グループ
京都ライフサイエンスプロジェクト成長展開事業 事務局
TEL:075-315-8563    e-mail:life@ki21.jp

10月
16
平成30年度 デザイン活用セミナー ~ 知財トラブルにまきこまれないために ~
10月 16 @ 14:30 – 16:30

新しい事業や商品の開発、あるいは他との差別化を図る場合に、戦略的にデザインを活用することが重要であり、デザインの役割や位置づけが見直されてきています。一方で、デザインに関する著作権や意匠権などの知的財産権(知財権)に関わる知識不足や認識の誤りからトラブルにまきこまれる場合が多々あります。

本セミナーでは、芸術やデザインに関わる知的財産権(知財権) の取扱いについて、モデレーターの山田繁和氏(大阪工業大学大学院 教授)を中心に、そこに潜むリスクや回避策・解決策について、実例を交え紹介します。

デザインを活用した産学公連携や事業をお考えの上で、芸術やデザインに関わる知的財産権(知財権) の取扱いに悩まれている大学や専門学校等の産学連携の実務担当者、教員、学生、デザインの戦略的な活用を目指す企業の皆さまのご参加をお待ちしております。

【プログラム】

■第1回 (通算第4回)
【日 時】平成30年8月28日(火) 14:30~16:30
【場 所】京都リサーチパーク4号館2F ルーム2
【テーマ】芸術・デザイン系大学における知財教育の意義と実践に向けた動き
【内 容】
(1)芸術・デザイン系大学における知財教育の意義
※講 師:辰巳 明久 氏 (京都市立芸術大学 教授)

(2)特許庁知財教材「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」開発について
※講 師:吉田 悦子 氏 (大阪大学知的基盤総合センター 特任研究員)

(3)モデレーター(山田 繁和 大阪工業大学大学院 教授)によるまとめ

■第2回 (通算第5回)
【日 時】平成30年10月16日(火) 14:30~16:50
【場 所】京都リサーチパーク4号館2F ルーム2
【テーマ】デザイナーが身に着けておくべき知財の基本
【内 容】
(1)特許庁が作成した知財教材の教育効果
※講 師:山田 繁和 氏 (大阪工業大学大学院 教授)

(2)芸術・デザイン系大学における産学連携
※講 師:仲村 隆蔵 氏 ((一社)発明推進協会 産学連携知的財産アドバイザー)

(3)産学連携知的財産アドバイザー派遣事業について
※講 師:横内 猛 氏 (独立行政法人 工業所有権・研修館 知的人材部長代理)

(4)モデレーター(山田 繁和 大阪工業大学大学院 教授)によるまとめ

第3回 (通算第6回)
【日 時】平成30年12月25日(火) 14:30~16:30
【場 所】京都リサーチパーク4号館2F ルーム2
【テーマ】特許庁知財教材「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」を用いた取組み
【内 容】
(1)京都市立芸術大学における「クリエイターのための知的財産入門」-アクティブ・ラーニング導入例
※講 師:吉田 悦子 氏 (大阪大学知的基盤総合センター特任研究員)

(2)知財教材のPBL(Project Based Learning)の適用
※講 師:山田 繁和 氏 (大阪工業大学大学院 教授)

(3)モデレーター(山田 繁和 大阪工業大学大学院 教授)によるまとめ

【対 象】大学や専門学校等の産学連携の実務担当者、教員、学生、デザインの戦略的な活用を目指す企業

【主 催】京都産学公連携機構
(京都府、京都市、京都商工会議所、(公社)京都工業会、京都大学、(公財)大学コンソーシアム京都)

【後 援】特許庁、近畿経済産業局、(一社)京都発明協会

【人 数】先着50名/回 (定員になり次第締め切ります)

【参加費】
・大学や専門学校等、京都産学公連携機構関係者:無料
・デザインの戦略的な活用を目指す企業・個人:2,000円/回

【申込方法】添付の参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX、あるいはメールで京都産学公連携機構事務局まで、お申し込み下さい。
・メールでお申込みの場合は、件名を「デザイン活用セミナー参加申込」として、本文に、①氏名(ふりがな)、②企業・団体名(ふりがな)、③所属/役職、④企業・団体所在地、⑤TEL、⑥FAX、⑦セミナー(第1~3回)をご記入のうえ、同事務局(E-mail:sangakukou@kyo.or.jp)までご送付ください。

【申込締切】平成30年10月12日(金)

【添付資料】チラシ

【会場案内】京都リサーチパーク(KRP) 4号館2F ルーム2
(〒600-8813)京都市下京区中堂寺粟田町93
■京都駅より、JR嵯峨野線(山陰線)で1駅、「丹波口」駅下車 西へ徒歩5分
■京都駅より、タクシーで約10分

問い合わせ先
京都産学公連携機構 事務局(担当:細江、河上)
TEL:(075)229-6455
FAX:(075)211-1881
E-MAIL:sangakukou@kyo.or.jp

10月
17
日々の経理にお悩みの飲食店等開業者の皆様へ~「小規模開業者向け帳簿作成会」~ @ 京都高度技術研究所(ASTEM)
10月 17 @ 14:00 – 17:00

開業する人が増加している中、その約50%が3年以内に廃業に追い込まれているとも言われています。
帳簿を正しくつけられないことが原因で、自社の経営状況が把握できず、資金繰りが悪化して、結果、廃業寸前に追い込まれている事業者も多くいます。

そのような背景のもと、本会では、正しい帳簿のつけ方がわからず、確定申告で苦労されている小規模開業者(個人・法人問わず)を対象に、正しい帳簿作成を習慣づけていただきたいと思います。

わからないことが多く、1人では億劫でできないことも、アドバイスをもらえる場に通うことで、自然と苦手意識が消え、ご自身の経営状況を的確に把握できるようになり、申告前に慌てる必要がなくなります。
今後の事業展開に向けて経理関係の疑問点を解消し、足元を固めたい事業者の参加をお待ちしています。
起業家を育てる教育をベースにしたインキュベーション施設であるSTC3で、長年にわたり相談業務等を行ってきた税理士が担当させていただきます。

■日 時:平成30年8月29日、9月5日、19日、10月3日、17日、11月7日、21日、12月5日、19日(全て水曜日)
(1) 14:00~14:50
(2) 15:00~15:50
(3) 16:00~16:50 のうち、ご希望の時間帯で前日までにお申し込み下さい(先着順)。
詳細は https://stc3.net/user-info/1787/

■会 場:京都高度技術研究所(ASTEM)

■参加費:2,000円/回

■定 員:各回 最大5名 ※要申込・先着順

■内 容:
集合指導形式(最大5人)での領収書の整理、会計ソフト(クラウド会計を含む)の入力、等
講師:中元 亜紀(中元亜紀税理士事務所代表/ASTEM STC3インキュベーションマネージャー)

■持ち物:電卓、筆記具、領収書等証憑書類、ノートパソコン等

■申込方法:メールまたはFAXにて。ウェブサイトにある申込書をご確認ください。
https://stc3.net/user-info/1787/

■主 催:(公財)京都高度技術研究所

■お問い合わせ先:
(公財)京都高度技術研究所(ASTEM)
創業人財育成支援部 イノベーション創出コミュニティ(STC3)事務局
TEL: 075-315-3657 / FAX: 075-326-2190
E-mail:stc3office@astem.or.jp

PAGETOP
京都府 京都市 京都商工会議所 社団法人 京都工業会

京都大学 大学コンソーシアム京都 公益財団法人 京都産業21 京都高度技術研究所 京都産業育成コンソーシアム
Copyright © 京都産学公連携機構 All Rights Reserved.