京都産学公連携機構は、京都における産・学・公のあらゆる機関が相互に情報を共有しながら、連携と協働を進めます。
  • 相談窓口
  • 京都「大学の知恵」活用認定制度
  • 支援事業説明会

産学公連携イベント&ニュース

11月
19
京大レクチャーズ Series1~村上春樹を読み解く~
11月 19 @ 18:30 – 20:30

著名な作家やその作品をテーマに各界の論客たちが持論を展開していく「京大レクチャーズ」を開講します!
その第1回目のテーマは、京都で生まれ、いまや世界的な作家となったHaruki Murakami。
ノーベル文学賞候補として毎年名前が挙がり、作品がリリースされるたびにベストセラーになるも、その国内での評価は世間においても文学界においても定まっていません。
そんな村上春樹の真価を問うべく、縦横無尽に作品を読み解くのは、国内トップ・クラスの研究者。現代小説から古典文学、仏哲学から心理学まで、専門を異にする講師陣が独自の解釈を披露します。
司会は、京大若手人文知の一人である小島基洋准教授が務めます。

【日時】令和元年10月31日(木)ほか、各回18:30~20:30

【場所】京都アカデミアフォーラムin丸の内(東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10F)

【主催】京大オリジナル株式会社

【共催】京都大学大学院 人間・環境学研究科、京都大学こころの未来研究センター、京都大学人社未来形発信ユニット

【参加費】一括申込18,000円(学生13,500円)、各回申込 各4,000円(学生3,000円)※すべて税込

【人数】各回100名程度

【申込方法】ホームページ(https://www.kyodai-original.co.jp/?p=5396)参照

【申込締切】各回ホームページ参照、定員になり次第締切

【問合せ先】京大オリジナル株式会社 研修・講習事業部 岡田・松本

TEL:075-753-7778 E-mail:kensyu@kyodai-original.co.jp

11月
20
【京都工芸繊維大学】「先端ものづくり開発人材育成講座」
11月 20 全日

京都工芸繊維大学では社会人向け教育公開講座として、「先端ものづくり開発人材育成講座」を開講いたします。本講座は本学が実施している地域貢献COC事業の一環として、社会人生涯教育の一助とすることを狙って、研究開発型ものづくり事業を事業提案できるエンジニア人材の育成を目的としています。
本講座では、先端ものづくり開発人材に必要な力を育成するために、段階的に、①先端ものづくりプロセス技術コース、②先端ものづくり技術マネジメントコース、③プロジェクトマネジメントコースの3コースを開講いたします。
奮ってご応募願います。

【開講期間】令和元年11月1日(金)~12月18日(水)、この期間で合計8日間
【実施場所】京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス 15号館2階N205室
【受講対象】ものづくりに関わる経験が3年~10年程度の若手技術者
【募集人員】30名程度、最低実施人数10名
【受 講 料】
一般:コース①及び③ 45,000円、コース② 30,000円、全コース一括100,000円
京都工芸繊維大学産学連携協力会会員企業:
コース①及び③ 30,000円、コース② 20,000円、全コース一括 60,000円
【主  催】京都工芸繊維大学ものづくり教育研究センター
【後  援】公益社団法人 京都工業会
【申 込 先】京都工芸繊維大学 研究推進課研究戦略係
(075-724-7209 , ken-senryaku[at]jim.kit.ac.jp)
<申込み受付専用フォーム>
https://www.kit.ac.jp/form/view/index.php?id=215811
【問 合 先】京都工芸繊維大学ものづくり教育研究センター
赤崎宏美(075-724-7379 ,akasaki_hi[at]jim.kit.ac.jp)
増田 新(075-724-7381 ,masuda[at]kit.ac.jp)
※メールアドレスの[at]は@に変更してください。

詳しくは、京都工芸繊維大学研究推進課ホームページをご覧ください。
http://research.jim.kit.ac.jp/nc/html/htdocs/?page_id=134

令和元年度コーディネート人材育成事業(旧 コーディネータ研鑽会)
「コーディネート人材のためのスキルアップセミナー」
ーデザイン視点のコーディネーションー
11月 20 @ 13:00 – 17:00

従来の事業モデルや知識、成功体験が通用しにくい不確実性の時代に対峙し、継続可能な経済成長、生産活動を続けていくには、従来の常識を打ち破るようなイノベーションによる新たな価値創造や市場創造、顧客創造により、従来のライフスタイルを変えるような商品やサービスを開発することが重要です。

そのためには、従来の価値観にとらわれず、新たな価値創造や市場創造、顧客創造を実現できる起業家人材の育成はもちろんのこと、彼らをサポートするコーディネート人材(コーディネータ)のスキルアップも重要であると考えられます。

令和元年度「コーディネート人材育成事業」では、新たな価値創造や市場創造、顧客創造のプロセスとして注目されている「デザイン思考(Design thinking)」に着目し、モデレータの櫛 勝彦 氏(京都工芸繊維大学 教授)を中心に、デザイン思考の考え方やプロセス、アプローチ法について紐解き、事例紹介やワークショップを通して実践的なスキルアップを図ります。

「コーディネート人材のためのスキルアップセミナー」チラシ(PDF)

【日 時】
・第1回:9月20日(金)  ※交流会17:30~19:00
・第2回:10月25日(金)
・第3回:11月20日(水)
いづれも13:00~17:00(受付12:45~)

【対 象】
・支援機関や大学等のコーディネータ
・大学や企業等の事業創出を目指す教員(研究者)や学生、若手クリエータ

定 員
 30名程度/回 (先着順 定員になり次第締め切ります)
※セミナーの性格上、すべて受講することが前提ですが、やむを得えない理由がある場合は、事務局にご相談ください。

参加費
無 料 (交流会:2,000円/人)

お申込み方法
 参加申込書に必要事項をご記入のうえ、京都産学公連携機構事務局までお申込みください。

メールでのお申込みの場合は、件名を「【申込み】コーディネート人材のためのスキルアップセミナー」とし、本文に、①氏名(ふりがな)、②団体・組織名(ふりがな)、③所属/役職名、④所在地、⑤電話、⑥ファックス、⑦メールアドレス、⑧交流会(9/20)への出欠、⑨セミナーに期待することをご記入のうえ、同事務局 (E-mail:renkei@chiemori.jp)までご送付ください。

お申込み締切
令和元年9月18日(水)

プログラム
第1回(理論編とワークショップ)
日 時 令和元年920() 13:0017:00(交流会:17:30~19:00)
場 所 京都経済センター4F 4-B会議室
内 容
(1)オーバービュー
■演 題:共通言語・思考方法としてのデザイン
■講 師:櫛 勝彦 氏 (京都工芸繊維大学 デザイン・建築学系 教授)

(2)特別講演
■演 題:エフェクチュエーション ー市場創造のための思考様式ー
■講 師:吉田 満梨 氏 (立命館大学 経営学部 准教授)

(3)ワークショップ 「一緒に考える・見つける」
■テーマ:専門家だけのクローズドな世界をひらく、共創型のアイデア発想
■狙 い:専門性と立場が異なる人たちが共にアイデアを出しあうためのフラットな議論の場作りを体験
■講 師:寺井 翔茉 氏 / 株式会社 ロフトワーク

(4)交流会(ワークショップ意見交換会)
■参加費:2,000円/人 (当日、受付でお支払いください)

第2回(事例紹介とワークショップ)
日 時 令和元年1025() 13:0017:00
場 所 京都経済センター3F 3-H会議室
内 容 「リブランディング」
■テーマ:ブランド化へのイノベーションデザインの極意
■狙 い:生産者の都合から使い手の満足への気付きによる新たな価値創造
■講 師:小林 新也 氏 / 合同会社 シーラカンス食堂

第3回(事例紹介とワークショップ)
日 時 令和元年1120() 13:0017:00
場 所 京都経済センター3F 3-H会議室
内 容 「リフレーミング」
■テーマ:顧客体験のデザインによるイノベーション発想
ー イノベーションの源泉となる「顧客の生の声」のその先のニーズを捉える視点と手法 ー
■狙 い:既成概念の脱却を目指した顧客ニーズの掘起こし
■講 師:井登 友一 氏 / 株式会社 インフォバーン

会場(京都経済センター)案内
(〒600-8009) 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78
※京都市営地下鉄烏丸線「四条駅」北改札出てすぐ
※阪急電車京都線「烏丸駅」26番出口直結

お問い合せ先
京都産学公連携機構 事務局 (一般社団法人 京都知恵産業創造の森)
京都経済センター3階
TEL:075-353-2302
FAX:075-353-2304

11月
22
「これから始めるIoT・AIの活用法&AI技術で進化するネット社会での情報発信」開催のご案内(全2回)受講者募集 @ 京都経済センター 3階 3-H
11月 22 @ 01:30 – 04:30

近年IoT・人工知能(AI)が急速に発展し、業種問わずIoTやAIによる業務改善が行われています。
また、様々な情報が発信されている現代社会において顧客への正確な情報発信は必須の課題です。
大きな時代変革の中で「IoT・AIってどのように使うの?」「自社で取組むことが出来るの?」と疑問をお持ちの方や自社ホームページで自社のターゲットとする顧客へ正確に、上手くアプローチしたいと考えておられる方を対象に上記講座を開催します。
参加費も無料ですので是非ご参加ください。

■対象 京都府内の中小企業でIoT導入に関心のある方や自社の情報発信に取り組んでおられる方

■日時
【第1回】11月22日(金)13:30~16:30<新時代、IoTの活用法>
【第2回】11月28日(木)13:30~16:30<AI技術で進化するネット社会での情報発信>

■場所 いずれも 京都経済センター3階 3-H

■内容
【第1回】新時代、IoTの活用法
活用事例を踏まえながらIoTの現状や必要な備えを知っていただき、 自社での活用方法するための基礎を知っていただきます。
【第2回】AI技術で進化するネット社会での情報発信
検索エンジンの仕組みを知って、自社のホームページを顧客に分かりやすくする仕組みをディスカッションも踏まえてながらご説明します。

■受講料 無料

■定員 25名

■募集期間 令和元年11月21日(木)17:00迄
※ただし、先着順・定員に達し次第締切

■主催 公益財団法人京都産業21

■詳細はこちらから
⇒ https://www.ki21.jp/kobo/r1/career/koza/plaza_bosyu/
⇒ 専用フォームまたは申込書をダウンロードの上お申し込み下さい。

■お問い合わせ先
公益財団法人京都産業21
京都経済センター支所 連携推進・人材育成グループ
TEL:075-708-3333 FAX:075-708-3262
MAIL:jinzai@ki21.jp

リカレント教育プログラム デジタルメディアを使って働くための講座(全般)
11月 22 @ 10:00 – 16:00

デジタルメディア制作の周辺領域で実務に就くために必要な知識や技術を一通り学べるプログラムが9月より開講されます。
デジタルメディア領域の概論から実際のツールを使っての制作講義など幅広い内容となっています。
興味のある方は詳細をご確認いただきお申し込みください。

■日程:令和元年9月27日(金)~ 12月13日(金) 全13回
■時間:10:00~16:00 休憩12:00〜13:00
※10月11日開講分のみ14:30まで

■会場:オープンイノベーションカフェ「KOIN」

■出願期間:2019年7月22日(月)~9月5日(木)当日消印有効

詳細はこちらから
https://www.kyoto-seika.ac.jp/info/event/extension/2019/07/02/52466/

■お問い合わせ
京都精華大学 社会連携センター
606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5263
Fax:075-722-5440
E-mail:crelab@kyoto-seika.ac.jp

D-egg セミナー「クラウドファンディングで起業資金等を得る秘訣」 @ D-egg 2階会議室
11月 22 @ 14:00 – 16:00

「クラウドファンディング」の成功事例である、米国で8800万円を集めた、指に装着し指先の動きで入力するウエアラブル端末の「リング」や、1.3億円と日本で最も資金を獲得した「折り畳み式電動バイク」を紹介して頂きます。
また、「クラウドファンディング」の企画者と出資者の意識調査の結果に基づく、「クラウドファンディング」を成功させる秘訣もお話し頂きます。

【日時】令和元年11月22日(金)14時~16時(15時半~質疑応答)

【場所】D-egg 2階会議室
(京田辺市興戸地蔵谷1番地 同志社大学京田辺キャンパス内)

【講師】中田 行彦 氏
立命館アジア太平洋大学 名誉教授・客員教授
工学博士(大阪大学)、博士(技術経営:立命館大学)

【参加費】無料

【定員】30名(先着順)

【申込・問合せ】
D-egg IM室(担当:上村、塚脇)
Tel:0774-68-1378 Fax:0774-68-1372 E-mail:D-egg_info@smrj.go.jp

【主催】中小機構 近畿 同志社大学連携型起業家育成施設D-egg

【共催】同志社大学リエゾンオフィス、京田辺市、京田辺市商工会

【詳細】https://www.smrj.go.jp/incubation/d-egg/event/2019/favgos0000000sns.html

令和元年度 京都臨床ニーズマッチング会 @ 京都経済センター6階 6-C、6-D
11月 22 @ 14:30 – 19:00

京都市及び(公財)京都高度技術研究所では、市内のライフサイエンス関連産業の振興を図るため、「京都市ライフイノベーション創出支援センター」を拠点として、産学公連携による医療分野の研究開発や事業化の促進、健康・福祉・介護分野における新たな製品・サービスの創出、販路の開拓等を支援しています。
この度、健康長寿社会の実現につながる京都発の新たな医療機器及びサービスの創出を目指し、京都の中小企業者を対象に、京都の医療従事者から臨床ニーズの発表を行う「京都臨床ニーズマッチング会(京都市健康長寿産業創出プロジェクト定例会)」を開催します。是非ご参加ください。

■日 時:令和元年11月22日(金)14:30~19:00
マッチング会 14:30~17:45、交流会 18:00~19:00

■会 場:京都経済センター6階 6-C、6-D ※交流会 同階 6-E
(京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78)

■対 象:京都府内に事業所を有する中小企業者
※対象者のほか、全国の製販企業(医療機器メーカー)もご参加いただけます。

■プログラム:
14:30~14:35 開会

14:35~14:45 京都臨床ニーズマッチング会の取組について

14:45~17:30 臨床ニーズ発表(14件)
【発表者】京都大学医学部附属病院、京都府立医科大学、
武田総合病院、三菱京都病院、同志社女子大学、
京都府臨床工学技士会会員等の医療従事者

※発表する臨床ニーズの概要は、下記URLで公開しています。
https://www.astem.or.jp/lifeinov/teireikai/6331.html

17:30~17:45 事務連絡・閉会

18:00~19:00 交流会

■参加費:マッチング会 無料、交流会 1,000円

■定 員:100名

■主 催:京都市、公益財団法人京都高度技術研究所

■共 催:公益財団法人京都産業21、一般社団法人京都府臨床工学技士会

■協 力:京都大学大学院医学研究科「医学領域」産学連携推進機構、京都府立医科大学、
医療法人医仁会武田総合病院、三菱京都病院、株式会社カワニシホールディングス、株式会社増田医科器械

■申込方法:下記のURLからお申込みください。
https://www.astem.or.jp/lifeinov/teireikai/6331.html

※申込期限:令和元年11月15日(金)
※当日「秘密保持に関する申し合わせ」に御署名いただきます。

■お問合せ先:(公財)京都高度技術研究所 地域産業活性化本部
京都市ライフイノベーション創出支援センター
TEL:075-950-0880 FAX:075-950-0881
E-mail:ikouyaku[at]astem.or.jp ※[at]を@に置き換えてお送りください。

11月
23
-産学公の連携スイッチ- 京の防災安全安心シンポジウム @ 京都府立大学 教養教育共同化施設 「稲盛記念会館」103講義室
11月 23 @ 13:00 – 17:30

地球温暖化に伴う異常気象や活動期に入った地震による大災害、一方では、子どもの虐待・貧困、DV、いじめ、自殺など。ここ数ヶ月の報道を見ても、これらの問題が報道に取り上げられない日はありません。
この大きな、そして喫緊の社会問題に産学公が一体となって取り組むため、京都府立大学では、持続可能な開発目標(SDGs)に関する課題として、「防災・減災」と「人権リスク対策」をテーマに、文理各学部の教員に加え、元文化庁文化財部長の石野様をはじめ、京都府、京都市及び関西電力株式会社様から講演者をお招きし、産学公それぞれの視点からご発言いただいた後、パネルディスカッションによる意見交換を行うシンポジウムを開催することといたしました。

日時:令和元年11月23日(土) 13:00~17:30

会場:京都府立大学 教養教育共同化施設 「稲盛記念会館」103講義室
京都市左京区下鴨半木町1-5(京都市営地下鉄 北山駅 南へ徒歩5分)

参加費:無料

主催:京都府立大学

プログラムと主な出席者(敬称略)

13:00 開会・あいさつ
13:05 基調講演  「文化財保護行政-文化財の防災減災-」
一般社団法人筑波会議支援機構理事 元文化庁文化財部長 石野 利和
13:35 特別講演 「京都府の災害時要配慮者支援の取組について」
京都府健康福祉部地域福祉推進課 課長補佐 宮村 匡彦
14:05 特別講演 「気候危機への対応-誰一人取り残さないための気候変動対策」
京都市環境政策局地球温暖化対策室 地球温暖化対策課長 川﨑 明浩
14:35 招待講演 「停電復旧の仕組みと停電・復旧情報の発信について」
関西電力(株)送配電カンパニー 京都支社 電力本部 配電グループ
チーフマネジャー  湯出口 幸久

15:10 京都府立大学の防災減災研究報告
「今後の山地災害を考える上での基礎研究の重要性」
京都府立大学 大学院生命環境科学研究科 教授 勝山 正則
「学区の資源を活かした防災まちづくりの研究と実践」
京都府立大学 大学院生命環境科学研究科 准教授 前田 昌弘
「災害時における要援護者の広域的な受け入れ」
京都府立大学 公共政策学部 准教授 松岡 京美
「京都府の災害史 — 千年超のタイムスパンでみる」
京都府立大学 文学部 教授 小林 啓治
16:45 パネルディスカッション「京の防災安全安心-産学行政の連携スイッチ-」
コーディネーター:京都府立大学 公共政策学部 教授 窪田 好男 氏
パ ネ リ ス ト : 前述の講演者・報告者 全8名
17:30  閉会

詳細はこちら
https://kpu-envinfo.jp/w/wp-content/uploads/2019/11/kyotoalivesympo2019_11_23.pdf

お問い合わせ:
京都府立大学 大学院生命環境科学研究科 京の防災安全安心シンポジウム事務局
kyotoalivesympo@mei.kpu.ac.jp

11月
28
「これから始めるIoT・AIの活用法&AI技術で進化するネット社会での情報発信」開催のご案内(全2回)受講者募集 @ 京都経済センター 3階 3-H
11月 28 @ 01:30 – 04:30

近年IoT・人工知能(AI)が急速に発展し、業種問わずIoTやAIによる業務改善が行われています。
また、様々な情報が発信されている現代社会において顧客への正確な情報発信は必須の課題です。
大きな時代変革の中で「IoT・AIってどのように使うの?」「自社で取組むことが出来るの?」と疑問をお持ちの方や自社ホームページで自社のターゲットとする顧客へ正確に、上手くアプローチしたいと考えておられる方を対象に上記講座を開催します。
参加費も無料ですので是非ご参加ください。

■対象 京都府内の中小企業でIoT導入に関心のある方や自社の情報発信に取り組んでおられる方

■日時
【第1回】11月22日(金)13:30~16:30<新時代、IoTの活用法>
【第2回】11月28日(木)13:30~16:30<AI技術で進化するネット社会での情報発信>

■場所 いずれも 京都経済センター3階 3-H

■内容
【第1回】新時代、IoTの活用法
活用事例を踏まえながらIoTの現状や必要な備えを知っていただき、 自社での活用方法するための基礎を知っていただきます。
【第2回】AI技術で進化するネット社会での情報発信
検索エンジンの仕組みを知って、自社のホームページを顧客に分かりやすくする仕組みをディスカッションも踏まえてながらご説明します。

■受講料 無料

■定員 25名

■募集期間 令和元年11月21日(木)17:00迄
※ただし、先着順・定員に達し次第締切

■主催 公益財団法人京都産業21

■詳細はこちらから
⇒ https://www.ki21.jp/kobo/r1/career/koza/plaza_bosyu/
⇒ 専用フォームまたは申込書をダウンロードの上お申し込み下さい。

■お問い合わせ先
公益財団法人京都産業21
京都経済センター支所 連携推進・人材育成グループ
TEL:075-708-3333 FAX:075-708-3262
MAIL:jinzai@ki21.jp

11月
29
リカレント教育プログラム デジタルメディアを使って働くための講座(全般)
11月 29 @ 10:00 – 16:00

デジタルメディア制作の周辺領域で実務に就くために必要な知識や技術を一通り学べるプログラムが9月より開講されます。
デジタルメディア領域の概論から実際のツールを使っての制作講義など幅広い内容となっています。
興味のある方は詳細をご確認いただきお申し込みください。

■日程:令和元年9月27日(金)~ 12月13日(金) 全13回
■時間:10:00~16:00 休憩12:00〜13:00
※10月11日開講分のみ14:30まで

■会場:オープンイノベーションカフェ「KOIN」

■出願期間:2019年7月22日(月)~9月5日(木)当日消印有効

詳細はこちらから
https://www.kyoto-seika.ac.jp/info/event/extension/2019/07/02/52466/

■お問い合わせ
京都精華大学 社会連携センター
606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5263
Fax:075-722-5440
E-mail:crelab@kyoto-seika.ac.jp

PAGETOP
京都府 京都市 京都商工会議所 社団法人 京都工業会

京都大学 大学コンソーシアム京都 公益財団法人 京都産業21 京都高度技術研究所
Copyright © 京都産学公連携機構 All Rights Reserved.