京都産学公連携機構は、京都における産・学・公のあらゆる機関が相互に情報を共有しながら、連携と協働を進めます。
  • 相談窓口
  • 京都「大学の知恵」活用認定制度
  • 支援事業説明会

産学公連携イベント&ニュース

12月
21
ものづくり中小企業のための支援策勉強会(2018/12/21) @ 京都高度技術研究所
12月 21 @ 13:30 – 17:30

経済産業省では、中小企業の活性化策の一環で革新的ものづくり産業創出連携促進事業として、ものづくり補助金やサポイン事業など、中小ものづくり高度化法にもとづく技術開発支援策が実施されています。
中小企業基盤整備機構近畿本部でも、新規事業の事業化をはじめとする、中小企業をサポートする支援策に種々取り組まれています。ASTEMでも京都地域の中小企業振興に資する事業や、中小企業技術支援の観点で京都市との連携による研究開発支援をはじめ、サポイン等の提案支援や事業支援を行っております。
この度、これら中小企業支援策の紹介と提案時のポイントを解説することにより、これらの施策に関心をもっていただき、自社技術の高度化にチャレンジされるきっかけづくりに役立てて頂くことを目的に、以下のとおり勉強会を開催いたします。

■日 程:平成30年12月21日(金)13:30~17:30

■会 場:京都高度技術研究所10F プレゼンテーションルーム
〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134番地
アクセス:https://www.astem.or.jp/about/access

■主 催:(独)中小企業基盤整備機構 近畿本部、(公財)京都高度技術研究所(ASTEM)

■内 容:
・「戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)について(仮題)」
・「サポイン制度における認定計画のブラッシュアップと事業化の考え方について」
・「事業化を促進する販路開拓コーディネート事業について」
・「NEDOのベンチャー・中小・中堅企業向け支援事業について」
・「JSTにおけるベンチャー中小企業向け支援事業について(仮題)」

※プログラムの詳細、お申し込みについては、ウェブサイトでご確認ください。
https://www.astem.or.jp/whatsnew/event/20181114-25049.html

■定 員:80名(要申込・先着順)

■参加費:無料

■問合せ:
公益財団法人 京都高度技術研究所(ASTEM)
地域産業活性化本部 企業特化型支援部(堀本、湯浅)
TEL:075-366-5222 / FAX:075-315-6634
E-MAIL:office-kanri@astem.or.jp

12月
22
次世代農業マイスターへのエッセンス研修 ~京大による農業と農学の最前線~
12月 22 @ 13:00 – 18:20

京大農学研究科の教員が、双方向型の講義や個別相談会を通して、ゲノム編集による作物の改良技術や環境変動における作物生産、施設園芸の先端技術など、農業と農学の最前線を紹介する講座を開催します。
「本やネットでは学べない!」、「京大研究者にその場で質問・相談できる!」という講座ですので、最新の農業・農学にご関心のある方のご参加をお待ちしております。

◇日時:平成30年12月22日(土)13:00~18:20(17:40~18:20は個別相談会)

◇場所:グランフロント大阪 ナレッジキャピタル カンファレンスルーム タワーC 8階 RoomC03
(大阪市北区大深町3-1)

◇参加費:10,000円(学生:6,000円)(税込)

◇定員:75名(先着順)

◇詳細・申込:https://www.kyodai-original.co.jp/?p=1707

◇主催:京都大学大学院農学研究科、同研究科附属農場、京大オリジナル株式会社

◇問合先:京大オリジナル(株)研修・講習事業部  担当:岡田・松本
kensyu@kyodai-original.co.jp
TEL 075-753-7778

12月
23
同志社ビジネススクール MBA入門シリーズ講座(10月7日~12月24日) @ 同志社大学 今出川校地 室町キャンパス 寒梅館、同志社大学 大阪サテライト
12月 23 @ 13:00 – 14:30

MBAとは何か? ビジネススクールではどんな勉強をしているのか? 勉強すると何が得られるのか? このような皆さんの疑問に応えるべく、同志社大学大学院ビジネス研究科(同志社ビジネススクール)では昨年度に引き続き、下記のとおり「同志社ビジネススクールによるMBA入門シリーズ講座」を開催いたします。
また、今年度より京都だけでなく、名古屋にてもこのMBA入門シリーズ講座を開催いたします。
今回は、日本語のMBA入門講座だけでなく、同志社ビジネススクールが誇る英語によるMBAの入門講座についてもご参加いただけます。
事前登録も不要、受講料も無料の講座です。「同志社ビジネススクールってどんなところだろう、何を勉強しているのだろう?」がわかるイベントです。お気軽にご参加ください。

■開催日
<京都会場>
平成30年10月7日(日)~12月23日(日)までの毎週日曜日 13:00~14:30および12月24日(月・祝)13:00~14:30
※10月21日(日)、11月18日(日)は開催なし
※11月11日(日)は14:00~15:30で開催
<名古屋会場>
平成30年10月14日(日)14:30~16:00、12月 2日(日)13:30~15:00

■場所・アクセス
<京都会場>
同志社大学 今出川校地 室町キャンパス 寒梅館 KMB213教室
【アクセス・地図】http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/muromachi.html
<名古屋会場>
ABOホール 201会議室
【アクセス・地図】 http://www.abohall.com/access/

■公開科目・日時
<京都会場>
10月   7日(日) 13:00~14:30 寒梅館 2階 213教室 ■ ミクロ経済学(成生 達彦 特別客員教授)
10月 14日(日) 13:00~14:30 寒梅館 2階 213教室 ■ ビジネス統計学(藤原 浩一 教授)
10月 28日(日) 13:00~14:30 寒梅館 2階 213教室 ■ コーポレートガバナンス(藏本 一也 教授・研究科長)
11月   4日(日) 13:00~14:30 寒梅館 2階 213教室 ■ マインドフルネスとリーダーシップ(飯塚 まり 教授)
11月 11日(日) 14:00~15:30 寒梅館 2階 211教室 ■ 中小企業の事業創造(児玉 俊洋 教授)
11月 25日(日) 13:00~14:30 寒梅館 2階 213教室 ■ Data Analysis on Human Resource Managemen(奥平 寛子 准教授)
12月   2日(日) 13:00~14:30 寒梅館 2階 213教室 ■ 管理会計(加登 豊 教授)
12月   9日(日) 13:00~14:30 寒梅館 2階 213教室 ■ ビジネスファイナンス(野瀬 義明 准教授)
12月 16日(日) 13:00~14:30 寒梅館 2階 213教室 ■ 組織マネジメント(井上 福子 教授)
12月 23日(日) 13:00~14:30 寒梅館 2階 213教室 ■ 京都の伝統産業と文化ビジネス(村山 裕三 教授)
12月 24日(月・祝)13:00~14:30 寒梅館 2階 213教室■ イノベーション・マネジメント(北 寿郎 教授)

<名古屋会場>
10月 14日(日) 14:30~16:00 ABOホール 101会議室■ ビジネスファイナンス(野瀬 義明 准教授)
※ 同日13:30~14:20にて入試説明会を実施。
12月   2日(日) 13:30~15:00 ABOホール 101会議室  ■ イノベーション・マネジメント(北 寿郎 教授)

■参加費
無料

■申込み方法
不要

■詳細URL
http://bs.doshisha.ac.jp/admission/mba.html

■問い合わせ先
同志社大学大学院ビジネス研究科事務室
TEL :075-251-4600
E-mail:ji-dbs@mail.doshisha.ac.jp

■主催
同志社大学大学院ビジネス研究科(同志社ビジネススクール)

 

12月
25
シャープ モノづくりメンタリングday in KRP @ 京都リサーチパーク 東地区1号館4階 F会議室
12月 25 @ 09:00 – 17:20

モノづくりの老舗メーカ、シャープ(株)現役技術者による相談会を、今月も開催します。保有技術の新たな事業化や第二創業に関するお悩み等幅広くご相談していただけます。モノづくり企業以外の方も歓迎します。

・モノづくりはどうすればいい?
・プロトタイプって何のためにどう作ればいいの?
・プロトタイプから量産に進むには何が必要?
・モノづくりの時間と費用は?
・国内外どちらで生産すべき?
・どうしたら早く、安くモノづくりが出来る?
・品質、信頼性ってどう大事?
など、お悩みなんでも受け付けます。是非この機会をご活用ください。

【開催日時】平成30年12月25日(火) 9:00~17:20

【開催場所】京都リサーチパーク 東地区1号館4階 F会議室

【参加費】無料

【定員】最大4社(13:00-14:20は既にお申込が入っております)

【お申込み】https://bit.ly/2Ecic5n

【詳細URL】https://www.krp.co.jp/sangaku/electronics/detail/918.html

【主催】シャープ株式会社
【共催】京都リサーチパーク株式会社

平成30年度 デザイン活用セミナー ~ 知財トラブルにまきこまれないために ~
12月 25 @ 14:30 – 16:30

新しい事業や商品の開発、あるいは他との差別化を図る場合に、戦略的にデザインを活用することが重要であり、デザインの役割や位置づけが見直されてきています。一方で、デザインに関する著作権や意匠権などの知的財産権(知財権)に関わる知識不足や認識の誤りからトラブルにまきこまれる場合が多々あります。

本セミナーでは、芸術やデザインに関わる知的財産権(知財権) の取扱いについて、モデレーターの山田繁和氏(大阪工業大学大学院 教授)を中心に、そこに潜むリスクや回避策・解決策について、実例を交え紹介します。

デザインを活用した産学公連携や事業をお考えの上で、芸術やデザインに関わる知的財産権(知財権) の取扱いに悩まれている大学や専門学校等の産学連携の実務担当者、教員、学生、デザインの戦略的な活用を目指す企業の皆さまのご参加をお待ちしております。

【プログラム】

■第1回 (通算第4回)※終了いたしました
【日 時】平成30年8月28日(火) 14:30~16:30
【場 所】京都リサーチパーク4号館2F ルーム2
【テーマ】芸術・デザイン系大学における知財教育の意義と実践に向けた動き
【内 容】
(1)芸術・デザイン系大学における知財教育の意義
※講 師:辰巳 明久 氏 (京都市立芸術大学 教授)

(2)特許庁知財教材「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」開発について
※講 師:吉田 悦子 氏 (大阪大学知的基盤総合センター 特任研究員)

(3)モデレーター(山田 繁和 大阪工業大学大学院 教授)によるまとめ

■第2回 (通算第5回)
【日 時】平成30年10月16日(火) 14:30~16:50
【場 所】京都リサーチパーク4号館2F ルーム2
【テーマ】デザイナーが身に着けておくべき知財の基本
【内 容】
(1)特許庁が作成した知財教材の教育効果
※講 師:山田 繁和 氏 (大阪工業大学大学院 教授)

(2)芸術・デザイン系大学における産学連携
※講 師:仲村 隆蔵 氏 ((一社)発明推進協会 産学連携知的財産アドバイザー)

(3)産学連携知的財産アドバイザー派遣事業について
※講 師:横内 猛 氏 (独立行政法人 工業所有権・研修館 知的人材部長代理)

(4)モデレーター(山田 繁和 大阪工業大学大学院 教授)によるまとめ

第3回 (通算第6回)
【日 時】平成30年12月25日(火) 14:30~16:30
【場 所】京都リサーチパーク4号館2F ルーム2
【テーマ】特許庁知財教材「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」を用いた取組み
【内 容】
(1)京都市立芸術大学における「クリエイターのための知的財産入門」-アクティブ・ラーニング導入例
※講 師:吉田 悦子 氏 (大阪大学知的基盤総合センター特任研究員)

(2)知財教材のPBL(Project Based Learning)の適用
※講 師:山田 繁和 氏 (大阪工業大学大学院 教授)

(3)モデレーター(山田 繁和 大阪工業大学大学院 教授)によるまとめ

【対 象】大学や専門学校等の産学連携の実務担当者、教員、学生、デザインの戦略的な活用を目指す企業

【主 催】京都産学公連携機構
(京都府、京都市、京都商工会議所、(公社)京都工業会、京都大学、(公財)大学コンソーシアム京都)

【後 援】特許庁、近畿経済産業局、(一社)京都発明協会

【人 数】先着50名/回 (定員になり次第締め切ります)

【参加費】
・大学や専門学校等、京都産学公連携機構関係者:無料
・デザインの戦略的な活用を目指す企業・個人:2,000円/回

【申込方法】添付の参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX、あるいはメールで京都産学公連携機構事務局まで、お申し込み下さい。
・メールでお申込みの場合は、件名を「デザイン活用セミナー参加申込」として、本文に、①氏名(ふりがな)、②企業・団体名(ふりがな)、③所属/役職、④企業・団体所在地、⑤TEL、⑥FAX、⑦セミナー(第1~3回)をご記入のうえ、同事務局(E-mail:sangakukou@kyo.or.jp)までご送付ください。

【添付資料】チラシ

【会場案内】京都リサーチパーク(KRP) 4号館2F ルーム2
(〒600-8813)京都市下京区中堂寺粟田町93
■京都駅より、JR嵯峨野線(山陰線)で1駅、「丹波口」駅下車 西へ徒歩5分
■京都駅より、タクシーで約10分

問い合わせ先
京都産学公連携機構 事務局(担当:細江、河上)
TEL:(075)229-6455
FAX:(075)211-1881
E-MAIL:sangakukou@kyo.or.jp

1月
11
井手町新産業育成施設入居者募集
1月 11 – 2月 11 全日

井手町では、新産業の育成及び既存産業の活性化を図るため、「井手町新産業育成施設」を設置しています。
今回、新たに入居者を募集することになりましたので、お知らせします。

■申請期間:平成31年1月11日(金)~平成31年2月11日(月)

■募集区画:井手町新産業育成施設 第1棟(京都府綴喜郡井手町井手扇畑32番地15)

■主催:井手町

■問合せ先:井手町役場 地域創生推進室(℡0774-82-6170)

■詳細:井手町ホームページ http://www.town.ide.kyoto.jp/soshiki/sousei/shnsangyou/1394017438305.html

1月
12
平成30年度創業塾(平成31年1月12日開講)「成功する創業の秘訣とは」 @ 京都商工会議所 3階 役員室
1月 12 @ 10:00 – 17:00

本気で創業を志す方々を対象に、創業塾を開講します。
講義やグループワークを通じて、創業するための経営知識や創業計画書の作成などの実践的な内容を習得していただきます。
京都商工会議所なら創業後のサポートも万全。
成功する創業を実現されたい方はぜひご参加ください。

■日 時 2019年1月12・19日、2月2・9・16日の各土曜日
いずれも10:00~17:00 (計5日間30時間)

■場 所 京都商工会議所 3F 役員室
(京都市中京区烏丸通夷川上ル 地下鉄「丸太町」駅6番出口直結)

■主 催 京都商工会議所

■定 員 30名(先着順)

■参加費 10,000円(全5回)
(初日・最終日の終了後の懇親会への参加は別途各回2,000円)

■内 容
・経営戦略
・財務
・人材育成
・販路開拓
・創業体験談 ほか

■講 師 賀長 哲也 氏/中小企業診断士 賀長哲也事務所 代表
藤村 正弘 氏/藤村マネージメントサポート代表・中小企業診断士

■詳細、お申込は下記URLにてご確認ください。
https://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_110571.html

◇◇◇お申込み・お問合せ先
京都商工会議所 中小企業経営支援センター
創業・事業承継推進室
TEL 075-212-6435  FAX 075-255-7124
E-mail sjb@kyo.or.jp

1月
16
第2回EAJジェンダーシンポジウム「女性参画で産業を変える、未来社会が変わる」
1月 16 @ 13:00 – 17:10

この度、京都大学時計台国際交流ホールにて日本工学アカデミー主催、京都大学ELP共催で、第2回EAJジェンダーシンポジウム『女性参画で産業を変える、未来社会が変わる』を開催いたします。
基調講演には久能祐子氏(S&R財団CEO兼理事長・京都大学特命教授)をお招きし、パネルディスカッションでは、『三途の川の飛び越え方』と題し京都大学山極壽一総長をはじめ様々な先生にご登壇いただきます。皆さんに楽しんでいただける内容となっておりますのでぜひご参加ください。ご参加にはお申し込みが必要です。ご希望の皆様は下記の申込メールアドレスよりお申し込みください。

◆日程:2019年1月16日(水)13:00~17:10(懇親会申込者はこの後懇親会あり)
◆場所:京都大学時計台国際交流ホール2階
◆主催:日本工学アカデミー ジェンダー委員会
◆共催:京都大学ELP、京都大学男女共同参画推進センター、京都大学大学院工学研究科
◆申込:下記のメールアドレスに①~④をご記入の上、お申し込みください。
①氏名、②EAJ会員・賛助会員・非会員(いずれか記入)、③懇親会への参加・不参加、④連絡先(電話orメールアドレス)
◆申込メールアドレス:academy@eaj.or.jp
◆参加費:無料(懇親会参加者は、学生2,000円・一般4,000円)
◆対象:興味のある方はどなたでもご参加いただけます。
◆内容:基調講演には久能祐子氏(S&R財団CEO兼理事長・京都大学特命教授)をお招きし、パネルディスカッションでは、『三途の川の飛び越え方』と題し京都大学山極壽一総長をはじめ様々な先生にご登壇いただきます。
◆ホームページ:https://www.eaj.or.jp/?ai1ec_event=event-20190116
◆申込締切:2019年1月14日(月・祝)

<問い合わせ先>
公益社団法人 日本工学アカデミー事務局
Mail:academy@eaj.or.jp
Tel:03-6811-0586
Fax:03-6811-0587

龍谷大学瀬田学舎開学30周年記念・第30回 龍谷大学 新春技術講演会 @ びわ湖大津プリンスホテル
1月 16 @ 13:00 – 19:00

龍谷大学では、新年恒例の新春技術講演会を開催いたします。
今回は、テーマに「課題への挑戦、科学で拓く新たな未来」を掲げております。
基調講演では、パナソニック株式会社 執行役員 藤井 英治 様より 「総合電機メーカーの挑戦~ 社会課題に向き合うソリューションカンパニーを目指して ~」と題しましてご講演いただきます。
また、今回は瀬田学舎開学30周年記念として、本学学長による記念講演も予定しております。
その他にも、本学教員による講演と研究成果の展示・ポスターセッション、技術相談、懇親交流会を行います。
本講演会を機会に、相互の交流が一層深まりますことを期待しております。皆様お誘いあわせのうえ、御参加いただきますよう御案内いたします。

【日 時】2019(平成31)年1月16日(水)13:00~18:00(交流会18:00~)
【会 場】びわ湖大津プリンスホテル(滋賀県大津市) http://www.princehotels.co.jp/otsu/
【プログラム】
13:00~16:10
ご 挨 拶  経済産業省 近畿経済産業局
<講演会  第1部>
龍谷大学瀬田学舎開学30周年記念講演
「科学と仏教」 龍谷大学 学長 入澤 崇
基調講演Ⅰ
「総合電機メーカーの挑戦 社会課題に向き合うソリューションカンパニーを目指して 」
パナソニック株式会社 執行役員 藤井 英治 様
基調講演Ⅱ
「おいしさの構造と客観的評価法の開発」
龍谷大学 農学部食品栄養学科 教授 伏木 亨

16:10~17:00
<ポスターセッション・技術相談>

17:00~18:00
<講演会  第2部>
講演Ⅰ
「自然に学ぶものづくり ハスの葉とホウセンカの種飛ばしを模倣して」
龍谷大学 理工学部 物質化学科 教授 内田 欣吾
講演Ⅱ
「伝統素材「柿渋」とその利活用の新たな展開」
龍谷大学 農学部 資源生物科学科 教授 米森 敬三

18:00~
<懇親交流会>【会費制】
懇親交流会のみ、会費制としております。(講演会、ポスターセッション等は参加費無料)
お1人2,000円の会費を当日現金にて申し受けます。

【イベントURL】
(龍谷大学瀬田学舎開学30周年記念・第30回 龍谷大学 新春技術講演会)
https://kagiken.seta.ryukoku.ac.jp/kouen/30_2019annai.htm

【お申込方法】
上記のイベントURLからweb申込ができます。また、FAXによる申込も可能です。

【主 催】
龍谷大学研究部、龍谷大学龍谷エクステンションセンター(REC)

【お問い合わせ先】
龍谷大学 研究部(瀬田)
〒520-2194 大津市瀬田大江町横谷1-5
TEL 077-543-7548   FAX 077-544-7195
E-Mail kagiken@ad.ryukoku.ac.jp

第8回 知財なんでも勉強会  @ 京都リサーチパーク 1号館 4階 G会議室
1月 16 @ 13:30 – 16:30

第8回目の知財なんでも勉強会では、オムロン(株)の事業・技術と知的財産活動について、技術者の知財スキル強化の仕組みや意識・風土改革など、継続的に発明創出力を高める取り組みを紹介します。
皆様、是非ともご参加ください!

◇ 日 時 平成31年1月16日 13:30~15:30(交流会15:30~16:30)

◇ 会 場 京都リサーチパーク 1号館 4階 G会議室

◇ 主 催 一般社団法人京都発明協会

◇ 講 師 酒井 顕一郎氏(オムロン(株)知的財産センタ事業支援課長)

◇ テーマ オムロン(株)の事業・技術と知的財産活動について

◇ 参加費 会員は無料(他府県発明協会会員1,000円、非会員2,500円)

◇ 交流会 会費1,500円(会員・非会員共)参加は任意。名刺交換と懇談(軽食付き)

◇ 詳 細 京都発明協会のHPをご覧ください
http://kyoto-hatsumei.com/news/archives/82

◇ 申 込 申込みフォーム:https://goo.gl/forms/27xnkr7OHqQq0PhO2

◇ 問合先 (一社)京都発明協会
〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134
京都リサーチパーク内 京都府産業支援センター2階
TEL:075-315-8686  FAX:075-321-8374
E-mail:hatsumei@ninus.ocn.ne.jp

PAGETOP
京都府 京都市 京都商工会議所 社団法人 京都工業会

京都大学 大学コンソーシアム京都 公益財団法人 京都産業21 京都高度技術研究所 京都産業育成コンソーシアム
Copyright © 京都産学公連携機構 All Rights Reserved.