京都産学公連携機構は、京都における産・学・公のあらゆる機関が相互に情報を共有しながら、連携と協働を進めます。
  • 相談窓口
  • 京都「大学の知恵」活用認定制度
  • 支援事業説明会

産学公連携イベント&ニュース

4月
12
平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)の技術開発課題の提案の公募
4月 12 2018 – 3月 29 2019 全日

総務省では、平成30年度 ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)の技術開発課題の公募を4月12日(木)から開始しました。
本プログラムは、多くのベンチャー企業等が直面しているいわゆる「死の谷」の克服に向けた支援制度として、ICT(情報通信技術)分野におけるイノベーション創出に向け、民間の事業化ノウハウ等の活用による事業育成支援と研究開発支援を一体的に推進することにより、研究開発成果の実用化を促進し、新事業の創出を促進することを目的としています。

〇「I-Challenge!」に係る技術開発課題の提案の公募

1.公募の概要
公募の内容、応募方法等は下記の「I-Challenge!」ホームページをご覧ください。

総務本省 報道発表URL
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000239.html

2.公募期間 平成30年4月12日(木)~平成31年3月29日(金)
※平成30年度中は常時応募可能。

■主催 総務省

【お問い合わせ先】
近畿総合通信局 情報通信部 情報通信連携推進課
TEL 06-6942-8546 E-mail renkei-k@soumu.go.jp
(担当)雲林院(うじい)、白須、田口

6月
25
「けいはんなベンチャーセンター」入居者募集中 @ (株)けいはんな
6月 25 2018 – 3月 31 2019 全日

京都府では、飛躍的な成長の可能性を秘めているベンチャー企業の皆さんを支援するため、平成12年6月より、「新産業創出都市」をめざす関西文化学術研究都市・けいはんなプラザにおいて、新産業創出・ベンチャー育成の拠点となるインキュベート・ルームを開設しています。
現在、インキュベート・ルームの使用(入居)者を募集しています。

◇ 募集区画  けいはんなプラザのWEBサイトで最新の空室状況を確認して下さい。

◇ 募集期間  入居申込書の提出をいつでも受付いたします。

◇ 入居審査  年6回、偶数月に予定されています。
原則として、審査合格の翌月1日より入居できます。

◇ 入居対象
○創業をめざす方
○学生ベンチャーをめざす方
○創業後間もない方
○創造的な事業活動を行う方
○経営の革新・新事業の開拓を行う方等

◇詳細
https://www.keihanna-plaza.co.jp/office-labo/incubate-room/

◇主催 京都府、(株)けいはんな

◇問い合わせ
(株)けいはんな
TEL 0774-95-5117
E-MAIL labo@ml.keihanna-plaza.co.jp

2月
6
「次世代農業マイスター育成プログラム」受講者募集中 ~京都大学研究者から学び、履修証明書ももらえる!~
2月 6 – 2月 20 全日

京都大学大学院農学研究科附属農場が2017年から開講している社会人履修証明プログラム「次世代農業マイスター育成プログラム」の受付が開始されました。
本プログラムは学校教育法第 105 条に基づくもので、次のような特徴がございます。

・講義と実習から構成され、京都大学農学研究科教員が分担して担当
・農業と農学に関する基礎的知識と最新情報を学べる
・農作物の生産に関わる基礎的な技術取得ができる
・講義と実習は、京都大学農学研究科附属農場(木津川市城山台)などで実施。
・2019 年 4 ~ 12 月の原則隔週土曜日(夏期除く)、15 回各 9 時間程度(計129 時間)
・修了要件を満たした修了者に農学研究科長名の履修証明書を交付

農業及び農業関係の業務に従事されている方から、これから従事しようとされている方、家庭菜園の趣味が高じてさらに学びたい方にまで、最適なプログラムとなっております。
「自社の生産活動にフィードバックしたい。」、「他者との差別化を図りたい。」、「科学的に家庭菜園を営みたい。」などのお考えをお持ちの方など、ご関心がございましたらご応募をご検討いただくとともに、関係者さまにご周知いただきますようお願いします。

■募集要件など(抜粋)
・大卒程度の基礎知識を有すること(農業・職業経験なども考慮。)
・募集人員:40 名
・受講料:150,000 円
・出願期限:平成31年2月20日まで(間に合わない場合は、事前にご相談ください。)
・詳細はこちら:http://www.farm.kais.kyoto-u.ac.jp/shakajin-rishu
(過去の講義・実習の様子も公開しています。)

■主催:京都大学附属農場

■問い合わせ先
京都大学大学院農学研究科附属農場長・教授 白岩立彦
TEL 075-753-6044, FAX 075-753-6065
E-mail:shiraiwa@kais.kyoto-u.ac.jp
(離席していることが多いため、お問い合せはメールでいただければ確実にご対応できます。)

2月
16
平成30年度創業塾(平成31年1月12日開講)「成功する創業の秘訣とは」 @ 京都商工会議所 3階 役員室
2月 16 @ 10:00 – 17:00

本気で創業を志す方々を対象に、創業塾を開講します。
講義やグループワークを通じて、創業するための経営知識や創業計画書の作成などの実践的な内容を習得していただきます。
京都商工会議所なら創業後のサポートも万全。
成功する創業を実現されたい方はぜひご参加ください。

■日 時 2019年1月12・19日、2月2・9・16日の各土曜日
いずれも10:00~17:00 (計5日間30時間)

■場 所 京都商工会議所 3F 役員室
(京都市中京区烏丸通夷川上ル 地下鉄「丸太町」駅6番出口直結)

■主 催 京都商工会議所

■定 員 30名(先着順)

■参加費 10,000円(全5回)
(初日・最終日の終了後の懇親会への参加は別途各回2,000円)

■内 容
・経営戦略
・財務
・人材育成
・販路開拓
・創業体験談 ほか

■講 師 賀長 哲也 氏/中小企業診断士 賀長哲也事務所 代表
藤村 正弘 氏/藤村マネージメントサポート代表・中小企業診断士

■詳細、お申込は下記URLにてご確認ください。
https://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_110571.html

◇◇◇お申込み・お問合せ先
京都商工会議所 中小企業経営支援センター
創業・事業承継推進室
TEL 075-212-6435  FAX 075-255-7124
E-mail sjb@kyo.or.jp

2月
20
日立京大ラボ・京都大学シンポジウム「生物の群れと進化に学ぶ新たな社会システムの可能性」 @ 上野イーストタワー
2月 20 @ 13:30 – 17:00

現在、京都大学と日立製作所とは、包括連携協定を締結いたしまして、さまざまな研究や活動を行っております。その一環として、今回、2月20日(水)に、日立京大ラボ・京都大学シンポジウム「生物の群れと進化に学ぶ新たな社会システムの可能性」を開催させていただくこととなりました。皆様の御参加をお待ちしております。

【開催日時】: 平成31年2月20日(水)  13:30~17:00
【場  所】: 上野イーストタワー2階 Main Meeting Room
(〒110-0015 東京都台東区東上野2-16-1)
【対  象】: どなたでも参加できます
【参 加 費】 : 無料
【定  員】: 200名(先着順)

【概 要】
日立京大ラボでは、生物の群れと進化に学ぶ社会システムの研究として、環境や構造の変化に対してロバストかつ柔軟に適応するシステムについて検討を進めています。今回のシンポジウムでは、以下の研究発表を通じて、生物としてのヒトが織りなす社会システムのあり方と新たな可能性について議論を行います。

「生物の群れと進化に学ぶ」
第一部:群れに学ぶ多様性を許容する生物の群れの姿と、群行動ダイナミクスと分散協調制御技術
第二部:進化に学ぶ最適化ではなく適応化による生物の進化の姿と、最新の進化計算手法

【主 催】: 日立京大ラボ、京都大学

※イベント告知・申込サイト※
http://www.hitachi.co.jp/rd/event/index.html

 

京都大学第13回ICTイノベーション @ 京都大学 百周年時計台記念館2階 国際交流ホールI・II・III
2月 20 @ 14:00 – 17:30

京都大学において研究開発されている情報通信技術(ICT)を公開し、産官学連携を促進するためのイベントを開催いたします。
京大の研究者、大学院生が研究開発したアルゴリズム、ソフトウェア、コンテンツ等約60件をポスター・デモ展示するとともに、一部については口頭発表を行います。
昨年は550名超のご参加をいただき新たな共同研究がスタートするなど成果を生み出しています。
今回も最新の技術・コンテンツならびに産官学連携活動が紹介されます。
皆様のご参加をお待ちしています。

■日 時: 平成31年2月20日(水)14:00~17:30(終了後交流会)

■場 所: 京都大学 百周年時計台記念館2階 国際交流ホールI・II・III

■入場料: 無料(交流会有料)

■主 催: 京都大学大学院情報学研究科、京都大学学術情報メディアセンター、京都大学デザイン学大学院連携プログラム、京都大学産官学連携本部

■事前申込: 要

■詳細・申込: http://ict-nw.i.kyoto-u.ac.jp/ict-innovation/13th/

■問合せ先: 京都大学第13回ICTイノベーション事務局
担当 京大オリジナル株式会社
E-mail 13th-ict@ict-nw.i.kyoto-u.ac.jp

【龍谷大学】RECイノベーションカレッジ やさしい高分子化学「高分子材料の基礎と応用製品」 @ 龍谷大学瀬田キャンパス RECホール
2月 20 @ 14:20 – 17:30

プラスチック、高分子フィルム、化学繊維等の高分子材料は、私達の身の回りのいたるところで使われており、すべての産業分野の部材として極めて重要な役割を果たしています。関連する企業では、高分子材料の知識や技術を持った、開発、製造あるいは営業に従事できる人材が望まれています。
本講座では、企業の人材育成の一助として、高分子材料の科学・技術を理解していただくために、高分子材料を用いた応用製品について、“なぜその材料が使われるのか?”、“なぜその材料が適しているのか?”を実際の製品の機能、構造、製造法について学びます。

【日 時】2019年2月6日(水)、14日(木)、20日(水)14:20~17:30

【場 所】龍谷大学瀬田キャンパスRECホール教室
大津市瀬田大江町横谷1-5
JR琵琶湖線「瀬田」駅よりバス約8分

【定 員】30名(申込先着順)

【詳 細】http://rec.seta.ryukoku.ac.jp/news/detail.php?id=10029

【カリキュラム】
2月6日(水)
①14:20~15:50 「高分子の基礎(1)」
内容:高分子とは何か?
<高分子の歴史、高分子の構造(結晶と高次構造)、キャラクタリゼーション、結晶化度>
②16:00~17:30 「高分子の基礎(2)」
内容:高分子の評価法
<固体高分解能NMR、X線による分析、赤外分光法による構造解析と定量法、分子構造と力学特性>

講師:龍谷大学理工学部物質化学科 教授 中沖 隆彦

2月14日(木)
①14:20~15:50 「繊維製品」
内容:衣料品繊維と産業資材用繊維の特徴、製法および評価
②16:00~17:30 「フィルム製品」
内容:フィルム製品の特徴、製法および評価

講師:龍谷大学REC 顧問 石原 英昭

2月20日(水)
①14:20~15:50 「エンジニアリングプラスチック(複合材料含む)」
内容:自動車、などの輸送関係、家電・電子機器、医療機器などに応用されるプラスチック製品の特徴と製造方法
②16:00~17:30 「高分子製品における複合化効果」
内容:繊維、フィルム、エンプラ製品の高性能化・高機能化の実際例

講師:龍谷大学REC 顧問 石原 英昭

【受講料(税込)】
■会員 全講座受講 12,000円、スポット受講 6,000円
※会員とは、龍谷大学BIZ-NET会員、滋賀県プラスチック工業会員です。

■非会員 全講座受講 24,000円、スポット受講 12,000円

【主 催】龍谷大学

【お問い合わせ】
龍谷大学 龍谷エクステンションセンター(REC)担当:城
〒520-2194 滋賀県大津市瀬田大江町横谷1-5 TEL:077-544-7299

お申し込みはこちら

2月
21
京都大学インダストリアルデイ2019 (1) への企業ブース出展募集
2月 21 – 3月 7 全日

京都大学では、先端研究を社会にアピールし産学連携につなげることを目的に、産学マッチング交流会(インダストリアルデイ)を開催してきました。第11回となる今回は、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第49回総会の京都開催に合わせ、テーマを「気候変動に関するレジリエンスの強化」としました。本イベントでは、本学研究シーズの発表に加え、企業様からのショートプレゼン(ピッチ)とブース展示を予定しています。気候変動に関連する技術(下記キーワードご参照)をお持ちの企業様を幅広く募集いたします。ご出展を是非ご検討ください。

■申込み締切:2019年3月7日(木)

■出展費用 :無料

■展示スペース:パネル(幅900 mm、高さ2000 mm程度)と机(幅1800 mm、奥行き450 mm)をご用意いたします。電源のご使用に関してはご相談ください。

■申込み方法:下記お問い合わせ先までご連絡ください。ご登録方法をお返事いたします。

■主催   :京都大学 学術研究支援室、工学研究科附属学術研究支援センター、京都市(予定)

■時期   :2019年5月24日 (金)13:30-17:10

■会場(予定):京都リサーチパークもしくはキャンパスプラザ京都

■テーマ  :気候変動に関するレジリエンスの強化

■内容   :
基調講演(田中宏明 京都大学大学院工学研究科教授)
特別講演(京都市環境政策局)
研究シーズ発表(ピッチ&ポスター、京都大学若手研究者12名予定)
企業発表・展示(ピッチ&展示ブース、6社程度予定)

■キーワード:治水対策・洪水予測、水処理技術、防災システム、災害リスクマネジメント、リモートセンシング、エネルギー利用効率化、再生可能エネルギー、燃料電池

■お問い合わせ:京都大学学術研究支援室 桂地区 (インダストリアルデイ担当)
TEL: 075-383-2849
E-mail: 090ura@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

2月
26
第31回京都大学宇治キャンパス産学交流会
2月 26 @ 14:00 – 19:00

京都大学宇治キャンパスにある4つの研究所(エネルギー理工学、生存圏、防災、化学)との産学連携や参加企業間の業種の垣根を越えた連携を目的に開催しています。今回は化学研究所との交流会です。どなたでもご参加いただけますのでお気軽にお越しください。(第2部の懇親会は会費制)

◇ 日 時 2019年2月26日(火) 14:00~19:00

◇ 場 所 京都大学宇治キャンパス 共同研究棟(化研) 1階 大セミナー室
◇ 内 容
◆第1部 講演会・施設見学 14:00~17:30
・「有機フッ素材料の物性を設計可能にする分子論」
京都大学化学研究所 教授 長谷川 健 氏
・「ー次世代化学産業に向けてー化学資源を活用する有機合成化学:鉄と森で倖せな未来を」
京都大学化学研究所 教授 中村 正治 氏
・「商品開発の有機合成技術」
(株)ダイセル イノベーション・パーク 有機合成カンパニー 研究開発センター 上席技師(博士)北山 健司 氏
・「フローケミストリー技術で次世代の有機合成へ貢献」
(株)DFC 代表取締役 松本 一希 氏
・施設見学 研究室(本館N棟・M棟)
◆第2部 懇親会 17:40~19:00
生協宇治食堂にて、要会費

◇ 受講料
第1部 無料
第2部 企業連絡会員2,000円・会員外5,000円

◇ 定 員  60名

◇ 詳 細  https://www.kptc.jp/sangakukou/190226/

◇ 主 催  京都大学、京都大学宇治キャンパス産学交流企業連絡会、京都府中小企業技術センター、(公財)京都産業21

◇ 問合先  京都府中小企業技術センター けいはんな分室
TEL 0774-95-5052  FAX 0774-66-7546
E-mail  keihanna@kptc.jp

3月
1
第4回デジタルヘルスシンポジウム~ AI & Multimedia Technologies for Smart Healthcare ~ @ 京都大学医薬系総合研究棟1F 藤多記念ホール
3月 1 @ 13:00 – 19:30

さてこのたび京都大学・国立台湾大学・東和薬品株式会社 / Tスクエアソリューションズ株式会社共催の第4回デジタルヘルスシンポジウム ~AI & Multimedia Technologies for Smart Healthcare~ を下記の通り開催することになりましたのでご案内申し上げます。
ご多用の事と存じますが、ご臨席賜れば幸甚でございます。

◆開催日時 2019年3月1日(金)13:00~19:30 ※懇親会含む(開場:午後12時30分)

◆会 場  京都大学 医薬系総合研究棟 藤多記念ホール1F(下記URL 【68番】)http://www.med.kyoto-u.ac.jp/access/campusmap/

◆目 的  医学、工学、物理学、情報科学など研究分野横断的なデジタルヘルス領域のアカデミアの研究成果を、新規医薬品、新規医療機器開発を含む医療分野への応用や質の高い健康・医療データの活用に繋げるためには、アカデミアと産業界の協働や国際的な連携を促進するリーダーシップが不可欠です。
本シンポジウムはまさにその役割を果たすべく企画致しました。

◆共 催  京都大学・国立台湾大学・東和薬品株式会社 / Tスクエアソリューションズ株式会社

◆定 員  250名(定員になり次第受付終了)

◆参加費  無料(懇親会参加費:1,000円)

◆申し込み 下記URLからお申込み下さい。
http://bit.ly/2SXAAmU

詳細はHPをご覧ください。https://www.saci.kyoto-u.ac.jp/event/e_event/10068.html

◆プログラム(日英同時通訳あり)

13:00-13:10  開会の挨拶
岩井一宏 (京都大学大学院医学研究科長 教授)
Jiun-Rong Chen (Director Science & Technology Division, Taipei Economic & Cultural Representative Office in Japan)

13:10-13:30  黒田知宏 (京都大学医学部附属病院医療情報企画部 教授)
「臨床現場が必要なAIってなんだろう?」

13:30-13:50  Li Chen Fu (Professor/Director Department of Computer Science & Information Engineering, National Taiwan University/
MOST Joint Research Center for AI Technology and All Vista Healthcare)
「Where will AI and Robotics lead us in the realm of smart healthcare?」

13:50-14:10  神田崇行 (京都大学情報学研究科社会情報学専攻社会情報モデル講座 教授)
「人らしいロボットを用いたヘルスケアに向けて」

14:10-14:50  ポスター&コーヒーブレイク

14:50-15:10  Han-Mo Chiu (Clinical Professor Department of Internal Medicine, National Taiwan University Hospital)
「Development of novel computer-aided recognition system applying deep learning technology for verification of cecal intubation」

15:10-15:30  瀬尾智 (京都大学医学部附属病院肝胆膵移植外科 / 小児外科 助教)
「ICG蛍光画像のダイナミックプロジェクションマッピングで可能となったリアルタイムナビゲーション肝切除」

15:30-15:50  Man-Ling Wang (Attending Physician Department of Anesthesiology, National Taiwan University Hospital)
「Nerve visualization ultrasound」

15:50-16:00  休憩

16:00-16:20  中尾恵 (京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻医用工学分野 准教授)
「肺微小結節の術中位置同定へ向けた総計的モデリングと画像認識」

16:20-16:40  Jiun-Yu Yu (Assistant Professor College of Management, National Taiwan University)
「A Telehealth-enabled Digital Me」

16:40-17:00  石見拓(京都大学環境安全保健機構健康管理部門附属健康科学センター 教授)
「生涯型パーソナルヘルスレコード (PHR) 京大モデル ~データを活用した健康増進の実現に向けて~ 」

17:00-17:20  山本勇樹 (Tスクエアソリューションズ株式会社 取締役事業企画部部長)
「健康長寿社会をインテグレーションするICT戦略」

17:20-17:40  Ted Chang (Chief Technology Officer (CTO) and Vice President Quanta Computer, Taiwan)
「AloT for Smarter eHealth of the Future」

17:40-17:50  総括及びQ&A

17:50-18:05  閉会の挨拶
天野雄介 (Tスクエアソリューションズ株式会社 代表取締役社長 / 東和薬品株式会社業務推進部長 兼 次世代事業推進室長)
Tsai-Kun Li (Associate Dean/Principal Investigator College of Medicine, National Taiwan University/NTU SPARK)
阿曽沼慎司 (京都大学理事 / 京都大学産官学連携本部長)

18:05-19:30  懇親会

PAGETOP
京都府 京都市 京都商工会議所 社団法人 京都工業会

京都大学 大学コンソーシアム京都 公益財団法人 京都産業21 京都高度技術研究所
Copyright © 京都産学公連携機構 All Rights Reserved.