京都産学公連携機構は、京都における産・学・公のあらゆる機関が相互に情報を共有しながら、連携と協働を進めます。
  • 相談窓口
  • 京都「大学の知恵」活用認定制度
  • 支援事業説明会

産学公連携イベント&ニュース

1月
5
戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)研究開発課題の公募- ICT研究開発の競争的資金の公募説明会を開催 -
1月 5 @ 09:00 – 2月 5 @ 19:00

総務省は、ICT分野の競争的資金である「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)」の平成30年度から新規に実施する研究開発課題の公募を行います。
近畿総合通信局では、本公募にあたり、制度の概要及び提案要領等についての説明会を開催いたします。

【平成30年度SCOPE公募について】

◆公募期間:平成30年1月5日(金)~同年2月5日(月)17:00まで

◆公募対象プログラム
・重点領域型研究開発(ICT重点研究開発分野推進型)(3年枠)、(2年枠)
・ICT研究者育成型研究開発(中小企業枠)
・電波有効利用促進型研究開発
(先進的電波有効利用型、若手ワイヤレス研究者等育成型)

【公募説明会】
◆日時 平成30年1月10日(水)14:00~(2時間程度)
◆会場 総務省 近畿総合通信局 4階 会議室
(大阪市中央区大手前1‐5‐44 大阪合同庁舎第1号館)
◆定員 40名
(参加費無料。定員になり次第、申込受付を終了いたします。)
◆申込方法 電子メール{renkei-k@soumu.go.jp} で、お申し込み下さい。

説明会の申込締切は平成30年1月5日(金)17:00まで
説明会詳細や公募内容については下記ホームページをご参照ください。

◆戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の平成30年度研究開発課題の公募
(総務省 報道資料)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000229.html

◆研究開発における競争的資金の公募説明会を開催(近畿総合通信局 報道資料)
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01001090.html

◆主催 近畿総合通信局

本件お問い合わせ先
近畿総合通信局 情報通信連携推進課(担当:雲林院、高木、角地)
TEL:06-6942-8546
近畿総合通信局HP: http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/

1月
17
第29回龍谷大学新春技術講演会 ~伝統を究め、新たな未来へ~ @ びわ湖大津プリンスホテル
1月 17 @ 13:30 – 18:30

龍谷大学では、新年恒例の新春技術講演会を開催いたします。
今回は、テーマに「伝統を究め、新たな未来へ」を掲げております。
基調講演では、新日鐵住金株式会社 常任顧問 宮坂 明博 様より、「未来を拓く鉄づくり - ナノレベルで特性を制御して、キロメートルでつくり込む -」と題しまして、新日鐵住金が開発してきた高機能鋼・高性能鋼(鋼材、鋼板)の現状と今後の発展性や展望について紹介されます。
その他にも、本学教員による講演と研究成果の展示・ポスターセッション、技術相談、懇親交流会を行います。
本公演会を機会に、相互の交流が一層深まりますことを期待しております。皆様お誘いあわせのうえ、御参加いただきますよう御案内いたします。

【日 時】平成30年1月17日(水)13:30~17:35 懇親交流会17:40~

【会 場】びわ湖大津プリンスホテル(滋賀県大津市) http://www.princehotels.co.jp/otsu/

【プログラム】
13:30~15:00
ご 挨 拶  経済産業省 近畿経済産業局
<講演会 第1部>基調講演
未来を拓く鉄づくり - ナノレベルで特性を制御して、キロメートルでつくり込む -
新日鐵住金株式会社 常任顧問 宮坂 明博 氏

15:00~16:00
<ポスターセッション・技術相談>

16:00~17:35
<講演会 第2部>
講 演 I   螺旋と敷き詰めの幾何学
龍谷大学理工学部数理情報学科 准教授 山岸 義和

講 演 Ⅱ  「ごみ」って何?
龍谷大学理工学部環境ソリューション工学科 准教授 奥田 哲士

講 演 Ⅲ  蕎麦製麺加工の伝統的技法の物性論的解析
龍谷大学農学部食品栄養学科 准教授 朝見 祐也

17:40~
<懇親交流会>【会費制】
懇親交流会のみ、会費制としております。(講演会、ポスターセッション等は参加費無料)お1人2,000円の会費を当日現金にて申し受けます。

【イベントURL】
(第29回龍谷大学新春技術講演会)http://kagiken.seta.ryukoku.ac.jp/kouen/29_2018annai.htm

【お申込方法】
上記のイベントURLからweb申込ができます。また、FAXによる申込も可能です。

【主 催】龍谷大学科学技術共同研究センター、龍谷大学龍谷エクステンションセンター(REC)

【お問い合わせ先】
龍谷大学 科学技術共同研究センター事務室<研究部(瀬田)内>
〒520-2194 大津市瀬田大江町横谷1-5
TEL 077-543-7548   FAX 077-544-7195
E-Mail kagiken@ad.ryukoku.ac.jp

第5回知恵ビジネスサロン「チャレンジ精神を育む経営 ~苦境があるから人は成長できる!~」 @ 京都商工会議所
1月 17 @ 17:30 – 20:00

知恵ビジネスサロンでは、自社の強みや知恵を活かして新事業展開に取り組む経営者の事例発表及び解説をする勉強会と交流会がセットになったセミナーを開催します。 今回は㈱ベルクシー/㈱ケイルックの本田社長より、苦境に立ち向かってきた経営者としての経験や、チャレンジ精神を育む組織運営について発表いただきます。 経営のヒントを学べるほか、多くの企業との交流も図れます。
皆様のご参加お待ちしております。

日 時■平成30年1月17日(水)17:30~20:00

場 所■京都商工会議所 役員室 (3階)
(京都市中京区烏丸通夷川上ル 地下鉄丸太町駅6番出口直結)

内 容■
第1部
<事例発表>
本田 欣也 氏(株式会社ベルクシー/株式会社ケイルック 代表取締役)
「私の半生、人として経営者として」
<解説>
佐藤 研司 氏(龍谷大学 名誉教授)
<ファシリテータ>
平井 大輔 氏(京都商工会議所青年部 スタートアップ部会長/株式会社ARK 代表取締役)
第2部 交流会

参加費■セミナー無料(先着50名)
*交流会のみ有料 京商会員1,000円/一般3,000円

主 催■京都商工会議所

協 力■京都商工会議所青年部

お申込先■https://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_109127.html

お問合先■京都商工会議所 中小企業経営支援センター
知恵産業推進室 TEL:075-212-6470

1月
19
【京都大学・mixi共催】「第3回デジタルヘルスシンポジウム」
1月 19 @ 13:00 – 18:30

京都大学ではmixiグループと共催にて「第3回デジタルヘルスシンポジウム:PHRと情報銀行の今後の展望」を下記日程にて開催いたします。
ご関心のある方々のご参加を心よりお待ちしております。

●日 時:平成30年1月19日(金)13:00 ~18:30

●場 所:京都大学 国際科学イノベーション棟5階シンポジウムホール
http://www.saci.kyoto-u.ac.jp/?page_id=4

●参加費:無料

●定員:先着240名様

●詳細:https://www.saci.kyoto-u.ac.jp/?p=6509

●参加申込みは下記サイトからお願いします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSevSE8hqFOC2NayukZITEVIhkx2TCi2wnwQBr4kHmoRpWuCPQ/viewform?c=0&w=1

●主 催:mixiグループ、京都大学

プログラム

12:30~開場
13:00-13:05 開会挨拶:上本伸二(京都大学医学研究科長 教授)
13:05-13:30   趣旨説明:黒田知宏(京都大学医学情報企画部 教授)
「情報銀行がやってくる、PHRはどう繋がるのだろう?」
13:30-14:00 陳 和夫(京都大学大学院医学研究科呼吸管理睡眠制御学講座 特定教授)
「在宅呼吸管理と遠隔医療ー睡眠時無呼吸に対するCPAP治療を中心にー」
14:00-14:30 池田昭夫(京都大学医学研究科てんかん・運動異常生理学講座 特定教授)
「デジタル脳波の遠隔判読診断の現状」
14:30-14:40  休憩
14:40-15:20  江崎禎英(経済産業省 商務・サービス政策統括調整官(兼)内閣官房 健康・医療戦略室 次長)
「健康・医療情報を活用した予防政策の実現 ー医療分野における人工知能の役割ー」
15:20-15:50  株式会社ミクシィ代表取締役社長 森田仁基
株式会社スマートヘルス代表取締役 荻野泰弘
「コミュニケーションとフリーミアムで切り拓くパーソナルヘルスレコード」
15:50-16:00  休憩
16:00-16:30  野間春生(立命館大学情報理工学部 教授)
「運動誘導のためのICTの活用 ”みんなで一緒にながはま健康ウォーク ”」
16:30-17:00 脇 嘉代(東京大学大学院医学系研究科健康空間情報学講座 特任准教授)
「ICTを用いた自己管理支援」
17:00-17:10  休憩
17:10-17:50  パネルディスカッション
17:50-18:00  閉会挨拶:足立 壯一(京都大学医学研究科人間健康科学系専攻長 教授)
18:00-18:30  懇親会(名刺交換会)

<お問い合わせ先>
京都大学産官学連携本部 liaison@saci.kyoto-u.ac.jp

1月
22
平成29年度 第3回ライフサイエンス・ビジネスセミナー @ 京都リサーチパーク 4号館 地階「バズホール」
1月 22 @ 13:00 – 17:00

このセミナーで医療機器プログラム取り扱いの現状と課題がわかる

本セミナーでは、医療機器プログラムを中心に、ソフトウェアの医療機器プログラム該当性や開発に係るポイント、医薬品医療機器等法に基づく許認可手続きや監視指導、さらにこれまでの開発事例等、事業成功に向けたヒントを提示します。
ちらしはコチラ
詳細はコチラ

日 時:平成30年1月22日(月)13:00~17:00(受付12:30~)

場 所:京都リサーチパーク 4号館 地階「バズホール」
(京都市下京区中堂寺南町94)

定 員:200名 (先着順。定員になり次第締切りとさせていただきます。)

参加費:無料

内 容:
◆医療機器プログラムを取り巻く法制度と最近の動向について
厚生労働省 医薬・生活衛生局 医療機器審査管理課 医療機器係長 高村 建人 氏

◆医療機器プログラムについて ~該当性と医療機器化への対応~
一般社団法人 日本画像医療システム工業会 法規・安全部会 部会長
(東芝メディカルシステムズ株式会社※経営企画部) 古川 浩 氏
※1月4日キヤノンメディカルシステムズ株式会社に社名変更

◆リスク対応を考慮したヘルスソフトウエアの製品化:GHS活動の展開
一般社団法人 日本画像医療システム工業会 産業戦略室 専任部長
(富士フイルム株式会社 メディカルシステム事業部) 舟橋 毅 氏

◆医療機器のリスクマネジメント規格について
一般社団法人 日本画像医療システム工業会 法規・安全部会 部会長
(東芝メディカルシステムズ株式会社※経営企画部) 古川 浩 氏
※1月4日キヤノンメディカルシステムズ株式会社に社名変更

◆京都府健康福祉部薬務課からの情報提供

お申し込み方法:お申し込みはコチラ
※参加証は発行しておりませんので、お送りいただいた申込書または名刺を当日会場受付までお持ちください。

主 催:公益財団法人京都産業21、京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進センタ

【お問い合わせ先】
公益財団法人京都産業21 イノベーション推進部 新産業創出グループ
京都ライフサイエンスプロジェクト成長展開事業 事務局
〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134
TEL:075-315-8563 FAX:075-314-4720
e-mail:life@ki21.jp

平成29年度「社会人パワーエレクトロニクス講座(実践応用編)」受講生募集 @ 公益財団法人京都高度技術研究所 10階プレゼンテーションルーム
1月 22 @ 13:30 – 17:00

(公財)京都高度技術研究所は京都府、京都市とともに研究成果展開事業(スーパークラスタープログラム)(国立研究開発法人科学技術振興機構委託)に採択され平成25年12月より、SiC技術ならびに周辺技術の研究開発と製品化社会実装を促進し、低環境負荷社会の実現に寄与するとともに、パワーエレクトロニクスの技術革新により新産業創出への貢献を目指す「クリーン・低環境負荷社会を実現する高効率エネルギー利用システムの構築」を実施しております。
本プログラムの一環として、実践応用編では本プログラムへの関心を深めていただくとともに、パワーエレクトロニクスの実用に際して直面するであろう諸問題に対して、現場のニーズも取り込みながら、解決の糸口を見出す基礎知識を構築することを目的として開催いたします。
皆様の現在の、また、これからの仕事に活かしていただくことを期待し、ご参加をお待ちしております。

■日時・内容
第1回 平成29年10月27日(金)
「制御工学の基礎とパワーエレクトロニクス制御」
講師:蛯原 義雄 氏(京都大学大学院工学研究科 電気工学専攻 准教授)

第2回 平成29年11月14日(火)
「電力変換用スイッチング回路技術(基礎編、応用編)」
講師:木村 真之 氏(京都大学国際高等教育院 特定講師)

第3回 平成29年11月30日(木)
「EMC設計 1」
講師:豊田 啓孝 氏(岡山大学大学院自然科学研究科 教授)

第4回 平成29年12月14日(木)
「EMC設計 2」
講師:松嶋 徹 氏(京都大学大学院工学研究科 電気工学専攻 助教)

第5回 平成30年1月12日(金)
「回転機(基礎編、応用編)」
講師:中村 武恒 氏(京都大学大学院工学研究科 電気工学専攻 特定教授)

第6回 平成30年1月22日(月)
「サーマルマネジメント(基礎知識、パワーエレクトロニクスシステムへの適用事例) 」
講師:中尾 一成 氏(福井工業大学 工学部電気電子工学科 教授)

※各回とも13:30~17:00(全て90分×2講座)

■会場:京都高度技術研究所 10階プレゼンテーションルーム

■募集人数:20名(各回ごとの参加が可能です。)
※EMC設計1、EMC設計2は連続講座となります。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

■参加費:無料

■主催:公益財団法人京都高度技術研究所

■詳細・申込み:
https://kyoto.supercluster.jp/2017/09/15/power-electronics-2/

■問合せ先:
公益財団法人京都高度技術研究所 スーパークラスター事業推進部
TEL:075-366-5269
E-mail: sc_gr@astem.or.jp

KCOI第5回シンポジウム「これまでの成果と今後の取り組み」 @ 京都大学 国際科学イノベーション棟5階 シンポジウムホール
1月 22 @ 14:00 – 18:00

京都大学では、文科省、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)の支援を受け、産学連携で社会にイノベーションを起こすべく「Center of Innovation(COI)」として女性子育て支援、ヘルスケア、災害インフラの分野で取り組みを行っております。
このたび、下記のように第5回シンポジウムを行いますので、ご多忙の折とは存じますが、ご参加いただければ幸甚でございます。

◇日時:平成30年1月22日(月) 14:00~16:50【懇親会】17:00~18:00

◇場所:京都大学 国際科学イノベーション棟5階 シンポジウムホール
【懇親会】国際科学イノベーション棟1階 ラウンジ

◇内容:
(1)特別講演 京都大学COIに期待すること
松田 譲(COI STREAMビジョン1ビジョナリーリーダー)
(2)拠点概要説明 京都大学COIの成果と取り組み
野村 剛(プロジェクトリーダー/パナソニック(株) 客員)
(3)テーマ説明
・女性・子育て支援:あかちゃんと親に対する育児サポート
菅 文美(ユニ・チャーム(株))
・センサー:非接触見守りセンサ―
水谷 研治(パナソニック(株))
・ヘルスケア:歩行支援ロボット
高橋 玲(サンコール(株))
・災害インフラ:センサー無線給電
谷 博之(パナソニック(株))

◇参加費:無料(シンポジウムのみ)、2,000円(懇親会参加費)

◇詳細・申し込み:http://www.coi.kyoto-u.ac.jp/event20180122

◇申し込み期日:平成30年1月15日

◇主催:京都大学COI拠点研究推進機構

◇問合先:京都大学 COI拠点研究推進機構
京都市左京区吉田本町36-1 国際科学イノベーション棟
Tel.075-753-5641 Fax.075-753-5643 URL:http://www.coi.kyoto-u.ac.jp/

1月
23
プロフェショナル・デザインキャンプ+004「京大デザインスクール式デザイン思考の実践」~「ロボット共生社会を予想する」をテーマとして~ @ 京都リサーチパーク
1月 23 @ 10:00 – 1月 25 @ 17:00

プロフェッショナルデザインキャンプは、様々な業種の企業から集う参加者でチームを組み、3日間のデザインワークで新たな価値を生み出し、そのプロセスを学ぶ場です。
京都大学デザインスクールとコラボするデザインイノベーションコンソーシアムが立ち上がって5年目に入ろうとしています。この間に培われた京大デザインスクール式のデザイン思考を、今回のデザインキャンプでは価値創造プロセスとして実践します。
京大デザインスクールの強みは、多様な専門領域の教授陣が参画していて、それぞれの分野の知見が持ち寄れることです。今回のキャンプでは、教育心理と機械工学という全く異なる視点から、共通のテーマに対する知見を持ち寄ります。
デザインイノベーションコンソーシアムの強みは、メンバが属する業界は多様なのに、共通の問題に協働してアプローチするメソッドを持つことです。そのメソッドの一つが、今回のキャンプで実施する価値創造プロセスです。
デザインワークのテーマとして、「ロボット共生社会を予想する」を設定しました。テーマについての知見を深めながら、業界を超えた知見を交換しあうメソッドを実践します。

■日程:平成30年1月23日(火)~25日(木)

■会場:京都リサーチパーク
京都市下京区中堂寺南町134
http://www.krp.co.jp/access/

■講師:
楠見 孝 教授 京都大学教育学研究科 教育認知心理学講座
「人-ロボット協働場面の評価について、心理学の視点から」
椹木 哲夫 教授 京都大学工学研究科 機械理工学専攻
「人とロボットのインタラクションについて、工学の視点から」

■主な流れとキーワード:
1)オリエンテーションとコミュニティビルディング
2)京都大学の叡智に触れる
3)時代の文脈と未来の潮流を探求する
4)未来の解像度を上げる
5)次代のコンセプトを出現させる

■参加のメリット:
・京大デザインスクール式のデザイン思考の体験
・異業種とのコラボレーション力の獲得と人的ネットワーク構築
・デザイン手法の習得
・ロボット共生社会に関する知見獲得

■定員:30名程度

■参加費:
一般 180,000円(税込)
デザインイノベーションコンソーシアム 正会員A 95,000円(税込)
デザインイノベーションコンソーシアム 正会員B 135,000円(税込)
※宿泊費は含まれません。

■申込:https://pro.form-mailer.jp/fms/e6d839fa132400

■申込〆切:平成29年12月22日(金)

■主催: デザインイノベーションコンソーシアム

■後援:京都大学デザイン学大学院連携プログラム

■問合せ:
デザインイノベーションコンソーシアム事務局
京都リサーチパーク株式会社 担当:山口、柳本
tel: 075-315-8522
mail: info@designinnovation.jp

1月
24
京都商工会議所 定例会員講演会 山中伸弥教授 「iPS細胞がひらく新しい医学」 @ 京都ホテルオークラ 4階 暁雲
1月 24 @ 14:00 – 15:15

京都商工会議所では、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞された京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授をお招きして、定例会員講演会を開催します。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

■日時 平成30年1月24日(水)14:00~15:15
■会場 京都ホテルオークラ 暁雲(4F)
(中京区河原町御池/地下鉄東西線「京都市役所前駅」直結)
■テーマ 「iPS細胞がひらく新しい医学」
■講師  京都大学iPS細胞研究所 所長 山中 伸弥 氏
■参加費
京都商工会議所会員:無料
非会員:3,000円(当日拝受いたします)
■定員 1,200名
■詳細・申込み https://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_108889.html
■主催 京都商工会議所
■お問合せ先 京都商工会議所 会員部 人材開発センター 研修担当
TEL:075-212-6446  FAX:075-222-2612
e-mail:jinzai@kyo.or.jp

1月
25
「京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト」起業家セミナー~産学公連携から起業実現へ~ @ 京都大学大学院工学研究科イノベーションプラザ
1月 25 @ 13:30 – 18:00

(公財)京都産業21では、創業を考えている方や創業まもない企業を対象に起業家セミナーを開催します。
今回は中小企業支援機関によるさまざまな起業支援活動のご紹介や、産学公連携により起業された方々の、起業への想いから現在に至るまでの苦労や工夫などをご講演いただきます。
このセミナーを通じて、皆様が想い描く夢を実現するための参考にして頂くとともに、起業される方同士の仲間づくりとなりますようご案内致します。この機会にぜひご参加ください。

■開催日時:平成30年1月25日(木)13:30~18:00

■開催場所:京都大学大学院工学研究科イノベーションプラザ1階セミナー室
(京都市西京区御陵大原1-30)

■参加費:無料(名刺交換会に参加される場合は会費1,000円/名)

■主催:京都府・公益財団法人京都産業21・京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進協議会

■共催:公益財団法人京都高度技術研究所・独立行政法人中小企業基盤整備機構 近畿本部

■お問合せ:
(独)中小企業基盤整備機構 近畿本部
京大桂ベンチャープラザ  担当:松井、畑
TEL:075-382-1062 FAX:075-382-1072

■詳細は以下サイトをご覧ください

http://www.smrj.go.jp/incubation/kkvp/seminar/101825.html

PAGETOP
京都府 京都市 京都商工会議所 社団法人 京都工業会

京都大学 大学コンソーシアム京都 公益財団法人 京都産業21 京都高度技術研究所 京都産業育成コンソーシアム
Copyright © 京都産学公連携機構 All Rights Reserved.