京都産学公連携機構は、京都における産・学・公のあらゆる機関が相互に情報を共有しながら、連携と協働を進めます。
  • 相談窓口
  • 京都「大学の知恵」活用認定制度
  • 支援事業説明会

産学公連携イベント&ニュース

4月
12
平成30年度ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)の技術開発課題の提案の公募
4月 12 2018 – 3月 29 2019 全日

総務省では、平成30年度 ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)の技術開発課題の公募を4月12日(木)から開始しました。
本プログラムは、多くのベンチャー企業等が直面しているいわゆる「死の谷」の克服に向けた支援制度として、ICT(情報通信技術)分野におけるイノベーション創出に向け、民間の事業化ノウハウ等の活用による事業育成支援と研究開発支援を一体的に推進することにより、研究開発成果の実用化を促進し、新事業の創出を促進することを目的としています。

〇「I-Challenge!」に係る技術開発課題の提案の公募

1.公募の概要
公募の内容、応募方法等は下記の「I-Challenge!」ホームページをご覧ください。

総務本省 報道発表URL
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000239.html

2.公募期間 平成30年4月12日(木)~平成31年3月29日(金)
※平成30年度中は常時応募可能。

■主催 総務省

【お問い合わせ先】
近畿総合通信局 情報通信部 情報通信連携推進課
TEL 06-6942-8546 E-mail renkei-k@soumu.go.jp
(担当)雲林院(うじい)、白須、田口

6月
1
「第12回文化ベンチャーコンペティションin京都」募集
6月 1 – 9月 18 全日

当実行委員会では、「第12回 文化ベンチャーコンペティション in 京都」として、幅広く芸術や文化を対象とした、心豊かでより質の高い生活に寄与する内容のビジネスプランやアイデアを募集しています。
京都で活動している方、又は京都で事業を展開する予定の方であれば、個人、グループ、法人、現住所、国籍等は問いません。
京都府知事賞、近畿経済産業局長賞、京都経済界賞、企業・団体賞多数あります。
また、ビジネスプランを支援する観点から、審査通過者に対して、専門家によるアドバイスを受けていただく機会を設けます。
皆様からのたくさんのご応募をお待ちしております!!

◇ 募集期間 平成30年6月1日(金)~9月18日(火)まで(必着)

◇ 賞(一例)

【ビジネスモデル部門(京都府知事賞)】
・最優秀賞   1件/活動奨励金30万円
・優秀賞    1件/活動奨励金20万円
・奨励賞    1件/活動奨励金 5万円

◇ 詳細  http://kyotobunka-v.net/

◇ 応募方法
所定の応募申込書に必要事項を記入の上、事務局まで郵送又はメールでご応募ください。

◇ 主催 京都・文化ベンチャーコンペティション実行委員会
((公財)大学コンソーシアム京都、(公財)京都文化財団、NPO法人京都藝際交流協会、(一社)京都経済同友会、京都商工会議所、(公財)京都産業21、(公財)京都高度技術研究所、学識経験者(小暮宣雄 京都橘大学教授)、京都府)

◇ 応募・問合せ先
京都・文化ベンチャーコンペティション実行委員会事務局
〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入 京都府文化芸術課内
電 話: 075-414-4219 FAX: 075-414-4223
E-mail: info@kyotobunka-v.net

6月
25
「けいはんなベンチャーセンター」入居者募集中 @ (株)けいはんな
6月 25 2018 – 3月 31 2019 全日

京都府では、飛躍的な成長の可能性を秘めているベンチャー企業の皆さんを支援するため、平成12年6月より、「新産業創出都市」をめざす関西文化学術研究都市・けいはんなプラザにおいて、新産業創出・ベンチャー育成の拠点となるインキュベート・ルームを開設しています。
現在、インキュベート・ルームの使用(入居)者を募集しています。

◇ 募集区画  けいはんなプラザのWEBサイトで最新の空室状況を確認して下さい。

◇ 募集期間  入居申込書の提出をいつでも受付いたします。

◇ 入居審査  年6回、偶数月に予定されています。
原則として、審査合格の翌月1日より入居できます。

◇ 入居対象
○創業をめざす方
○学生ベンチャーをめざす方
○創業後間もない方
○創造的な事業活動を行う方
○経営の革新・新事業の開拓を行う方等

◇詳細
https://www.keihanna-plaza.co.jp/office-labo/incubate-room/

◇主催 京都府、(株)けいはんな

◇問い合わせ
(株)けいはんな
TEL 0774-95-5117
E-MAIL labo@ml.keihanna-plaza.co.jp

7月
4
12/16(日)開催「ミライノピッチ2018」~ぶち上げろ企画!~登壇者募集
7月 4 – 10月 12 全日

近畿総合通信局は、大阪イノベーションハブ(OIH)、近畿情報通信協議会及び国立研究開発法人情報通信研究機構との共催により、ICTベンチャーの起業家を目指す方(学生の方・一般の方)がお持ちのアイデアの事業化を支援することを目的としたピッチイベント「ミライノピッチ2018」を開催いたします。販路開拓や資金調達を目指す方は、この機会にご応募ください。

なお、本イベントは、総務省、国立研究開発法人情報通信研究機構共催の「起業家甲子園・起業家万博」の近畿地区予選としての位置付けでもあり、成績優秀者を、「起業家甲子園・起業家万博」全国大会へ送り出すこととしています。

【ピッチ登壇者募集期間】平成30年7月4日(水)~10月12日(金)

【申込み】下記のウェブページからお申込みください。

http://www.innovation-osaka.jp/ja/mirainno2018

【詳細】募集要項等については下記ホームページをご参照ください。

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01001196.html

【主 催】大阪イノベーションハブ

【共 催】近畿総合通信局、近畿情報通信協議会、情報通信研究機構

【ピッチイベント開催日】 平成30年12月16日(日)13:00~19:00
【会 場】 大阪イノベーションハブ(大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワー C-7F)http://www.innovation-osaka.jp/ja/access

【本件お問い合わせ先】
近畿総合通信局 情報通信部 情報通信連携推進課
TEL 06-6942-8584 E-mail renkei-kikakukinki@soumu.go.jp

7月
9
平成30年度「京都市健康長寿産業展示会出展支援事業」(2次公募)
7月 9 @ 09:00 – 11月 30 @ 17:00

京都市及び公益財団法人京都高度技術研究所では、京都市ライフイノベーション創出支援センターを拠点に、ライフサイエンス分野の産学公連携による研究開発支援、事業化支援等を展開しています。
この度、京都市内の中小・ベンチャー企業(以下「中小企業者」という。)を対象に、健康長寿社会の実現につながる新たな技術・製品の事業化を促進させるため、下記のとおり、「京都市健康長寿産業展示会出展支援事業」の支援企業の募集を行いますので、お知らせします。

■申請受付期間:平成30年7月9日(月)~11月30日(金)17:00(随時受付)
※申請受付後、審査委員会にて審査を行い、採択の決定をします。なお、予算額(118万円)に達し次第、申請受付を終了します。

■目 的:
本事業は、京都市が展開する「京都市ライフイノベーション推進戦略」の一翼を担うものとして、ライフサイエンス関連産業の育成を図るため、京都市内の中小企業者を対象に、健康長寿社会の実現につながる健康・福祉・介護分野、医療機器分野等の新技術・製品の事業化促進に向けた展示会出展の支援を行い、新産業の創出、雇用創出につなげることを目的としています。

■支援対象企業:
京都市内に事業拠点を有し、健康長寿社会の実現につながる健康・福祉・介護分野、医療機器分野等の新技術・製品の事業化促進に向けた、採択決定日から平成31年3月18日(月)までの間に、日本国内で開催される展示会(学会併設の展示会を含む)に出展する中小企業者

■経費負担
 小間料及び基本小間装飾費(展示会主催者に発注・支払うものに限る)の合計額の1/2以内、上限30万円の範囲。

■募集説明会:
<日時>平成30年7月19日(木)16:00~16:30
<会場>(公財)京都高度技術研究所 10階プレゼンテーションルーム
(京都市下京区中堂寺南町134番地/五条通七本松下る東側KRP東地区内)

<申込>問合せ先までメールで名前をご連絡ください。当日参加も可能です。

■主催:京都市、公益財団法人京都高度技術研究所

■詳細・申請書類:以下のURLをご覧ください。
https://www.astem.or.jp/lifeinov/projects03-2018-2

■応募書類提出先・問合せ先:
(公財)京都高度技術研究所 京都市ライフイノベーション創出支援センター
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 京都大学医学部附属病院
先端医療機器開発・臨床研究センター507号室
TEL:075-950-0880 / FAX:075-950-0881 E-Mail:ikouyaku@astem.or.jp

7月
20
京都エコスタイル認定製品ロゴマークデザイン募集
7月 20 @ 09:00 – 9月 20 @ 17:00

(一社)京都産業エコ・エネルギー推進機構は、京都の中小企業が生産するエコ製品を募集・認定し、京都産業の特色を広くアピールする京都エコスタイル認定制度を実施しておりますが、このたび、認定製品の一層の普及を図るため、新規にロゴマークデザイン(※)を下記のとおり募集しますので、お知らせします。
どなたでも応募できますので、是非ご応募ください!

※ここで言うロゴマークとは、「シンボルマークとロゴタイプを組み合わせたもの」及び「シンボルマークのみ」を言います。

◇募集期間
平成30年7月20日(金)~平成30年9月20日(木)17:00必着

◇応募資格
どなたでも応募できます。

◇デザインコンセプト
製品の製造や使用の段階において環境負荷が低くエコが認められる製品であることを想起させるもの。

◇募集内容
・採用されたロゴマークは、ホームページ、ポスター、パンフレット等様々な印刷物等で使用しますので、見やすく分かりやすいものにしてください。
・単色、モノクロ、拡大、縮小で使用することもありますので、それを考慮して作成してください。
・デザイン中に文字(「京都エコスタイル認定」等)を入れても構いません。

◇表彰等
最優秀賞(採用作品) 1点:表彰状、副賞10万円相当の図書カード
優秀賞        2点:表彰状、副賞 3万円相当の図書カード
結果発表:平成30年11月下旬頃を予定

◇その他
採用作品の著作権、使用権に関するすべての権利は、エコエネ機構に帰属します。また、採用作品の制作者は、著作者人格権は行使しないものとし、これらを証するため、後日、承諾書に署名捺印のうえ、提出するものとします。

◇主催
(一社)京都産業エコ・エネルギー推進機構

◇申込方法及びお問い合わせ先
詳しくは当機構ホームページを御覧ください。
http://www.kyoto-eco.jp/news/news_ecostyle/ecostyle_logo.html

(一社)京都産業エコ・エネルギー推進機構
〒615-0801  京都市右京区西京極豆田町2番地 京都工業会館3階
Tel  075-323-3840   Fax  075-323-3841
E-mail  center.k-ecoene@k-ecoene.org

8月
3
平成30年度 「次世代地域産業」推進事業補助金事業募集~先端技術の事業化を目指す産学連携グループの取組を支援します~
8月 3 @ 09:00 – 9月 28 @ 17:00

京都府・京都産業21で実施する新たな補助金が公募開始となりました。
事業化のために必要な経費が補助対象ですので、今まであまり対象とならなかった特許出願に係る調査委託や弁理士報酬なども対象になります。

応募を検討される際は詳細のご説明に参りますのでご連絡ください。

【次世代地域産業推進事業】
(先端技術の事業化を目指す産学連携グループの取組を支援)
https://www.ki21.jp/kobo/h30/jisedai/index.html
・産学連携グループ向け
・支援規模:1000万円以内
・補助率:1/2
・募集期間:平成30年8月3日(金)~9月28日(金)17:00必着
・提出先:京都産業21
※要項に規定する中小企業に該当する必要があります

●対象経費の事例●
・特許出願に係る調査委託や弁理士報酬
・国内外市場調査のためのマーケティングリサーチのためのコンサル委託
・協業企業や大学等研究機関とのライセンス契約及び共同研究契約
・科学的エビデンスの補完に必要な分析等の委託、材料調達、機器使用
・国内外展示会出展、事業PR動画制作

■主催 京都府、(公財)京都産業21

問合せ 公益財団法人京都産業21
〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134
TEL 075-315-9425
E-mail sangaku@ki21.jp

8月
27
事業承継セミナー&個別相談会 @ 宮津市福祉・教育総合プラザ
8月 27 @ 13:30 – 15:30

事業を継続していくためには避けられないのが「事業承継」ですが、日々の忙しさが優先され、ついつい後回しになりがちです。しかし、経営者の理念を引継ぎ、事業の継続・発展を後継者に託す準備は相当な時間が必要になってきます。まずは、「事業承継について考えてみる」「専門家や支援機関に話しを聞いてみる」といったところから始めてみませんか?

気軽に参加いただけるセミナー&個別相談会を府内3地域で開催します。

■開催日時
①平成30年  8月27日(月)13:30~15:30
②平成30年  9月21日(金)13:30~15:30
③平成30年10月26日(金)14:00~16:00

■開催場所
①宮津市福祉・教育総合プラザ
②綾部市ものづくり交流館 多目的ホール
③文化パルク城陽 東館4階 大会議室A

■参加費:無料

■主催:公益財団法人京都産業21

■お問合せ
公益財団法人京都産業21
京都中小企業事業継続・創生支援センター
(TEL:075-315-8897)
京都府よろず支援拠点
(TEL:075-315-8660)

■詳細は以下サイトをご覧ください

https://www.jigyo-keizoku.jp/jigyoushoukei/seminar20180827/

 

8月
28
平成30年度 デザイン活用セミナー ~ 知財トラブルにまきこまれないために ~
8月 28 @ 14:30 – 16:30

新しい事業や商品の開発、あるいは他との差別化を図る場合に、戦略的にデザインを活用することが重要であり、デザインの役割や位置づけが見直されてきています。一方で、デザインに関する著作権や意匠権などの知的財産権(知財権)に関わる知識不足や認識の誤りからトラブルにまきこまれる場合が多々あります。

本セミナーでは、芸術やデザインに関わる知的財産権(知財権) の取扱いについて、モデレーターの山田繁和氏(大阪工業大学大学院 教授)を中心に、そこに潜むリスクや回避策・解決策について、実例を交え紹介します。

デザインを活用した産学公連携や事業をお考えの上で、芸術やデザインに関わる知的財産権(知財権) の取扱いに悩まれている大学や専門学校等の産学連携の実務担当者、教員、学生、デザインの戦略的な活用を目指す企業の皆さまのご参加をお待ちしております。

【プログラム】

■第1回 (通算第4回)
【日 時】平成30年8月28日(火) 14:30~16:30
【場 所】京都リサーチパーク4号館2F ルーム2
【テーマ】芸術・デザイン系大学における知財教育の意義と実践に向けた動き
【内 容】
(1)芸術・デザイン系大学における知財教育の意義
※講 師:辰巳 明久 氏 (京都市立芸術大学 教授)

(2)特許庁知財教材「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」開発について
※講 師:吉田 悦子 氏 (大阪大学知的基盤総合センター 特任研究員)

(3)モデレーター(山田 繁和 大阪工業大学大学院 教授)によるまとめ

■第2回 (通算第5回)
【日 時】平成30年10月16日(火) 14:30~16:50
【場 所】京都リサーチパーク4号館2F ルーム2
【テーマ】デザイナーが身に着けておくべき知財の基本
【内 容】
(1)特許庁が作成した知財教材の教育効果
※講 師:山田 繁和 氏 (大阪工業大学大学院 教授)

(2)芸術・デザイン系大学における産学連携
※講 師:仲村 隆蔵 氏 ((一社)発明推進協会 産学連携知的財産アドバイザー)

(3)産学連携知的財産アドバイザー派遣事業について
※講 師:横内 猛 氏 (独立行政法人 工業所有権・研修館 知的人材部長代理)

(4)モデレーター(山田 繁和 大阪工業大学大学院 教授)によるまとめ

第3回 (通算第6回)
【日 時】平成30年12月25日(火) 14:30~16:30
【場 所】京都リサーチパーク4号館2F ルーム2
【テーマ】特許庁知財教材「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」を用いた取組み
【内 容】
(1)京都市立芸術大学における「クリエイターのための知的財産入門」-アクティブ・ラーニング導入例
※講 師:吉田 悦子 氏 (大阪大学知的基盤総合センター特任研究員)

(2)知財教材のPBL(Project Based Learning)の適用
※講 師:山田 繁和 氏 (大阪工業大学大学院 教授)

(3)モデレーター(山田 繁和 大阪工業大学大学院 教授)によるまとめ

【対 象】大学や専門学校等の産学連携の実務担当者、教員、学生、デザインの戦略的な活用を目指す企業

【主 催】京都産学公連携機構
(京都府、京都市、京都商工会議所、(公社)京都工業会、京都大学、(公財)大学コンソーシアム京都)

【後 援】特許庁、近畿経済産業局、(一社)京都発明協会

【人 数】先着50名/回 (定員になり次第締め切ります)

【参加費】
・大学や専門学校等、京都産学公連携機構関係者:無料
・デザインの戦略的な活用を目指す企業・個人:2,000円/回

【申込方法】添付の参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX、あるいはメールで京都産学公連携機構事務局まで、お申し込み下さい。
・メールでお申込みの場合は、件名を「デザイン活用セミナー参加申込」として、本文に、①氏名(ふりがな)、②企業・団体名(ふりがな)、③所属/役職、④企業・団体所在地、⑤TEL、⑥FAX、⑦セミナー(第1~3回)をご記入のうえ、同事務局(E-mail:sangakukou@kyo.or.jp)までご送付ください。

【申込締切】※平成30年8月17日(金)
セミナーの構成上、3回ともすべて受講することが前提です。

【添付資料】チラシ

【会場案内】京都リサーチパーク(KRP) 4号館2F ルーム2
(〒600-8813)京都市下京区中堂寺粟田町93
■京都駅より、JR嵯峨野線(山陰線)で1駅、「丹波口」駅下車 西へ徒歩5分
■京都駅より、タクシーで約10分

問い合わせ先
京都産学公連携機構 事務局(担当:細江、河上)
TEL:(075)229-6455
FAX:(075)211-1881
E-MAIL:sangakukou@kyo.or.jp

8月
29
日々の経理にお悩みの飲食店等開業者の皆様へ~「小規模開業者向け帳簿作成会」~ @ 京都高度技術研究所(ASTEM)
8月 29 @ 14:00 – 17:00

開業する人が増加している中、その約50%が3年以内に廃業に追い込まれているとも言われています。
帳簿を正しくつけられないことが原因で、自社の経営状況が把握できず、資金繰りが悪化して、結果、廃業寸前に追い込まれている事業者も多くいます。

そのような背景のもと、本会では、正しい帳簿のつけ方がわからず、確定申告で苦労されている小規模開業者(個人・法人問わず)を対象に、正しい帳簿作成を習慣づけていただきたいと思います。

わからないことが多く、1人では億劫でできないことも、アドバイスをもらえる場に通うことで、自然と苦手意識が消え、ご自身の経営状況を的確に把握できるようになり、申告前に慌てる必要がなくなります。
今後の事業展開に向けて経理関係の疑問点を解消し、足元を固めたい事業者の参加をお待ちしています。
起業家を育てる教育をベースにしたインキュベーション施設であるSTC3で、長年にわたり相談業務等を行ってきた税理士が担当させていただきます。

■日 時:平成30年8月29日、9月5日、19日、10月3日、17日、11月7日、21日、12月5日、19日(全て水曜日)
(1) 14:00~14:50
(2) 15:00~15:50
(3) 16:00~16:50 のうち、ご希望の時間帯で前日までにお申し込み下さい(先着順)。
詳細は https://stc3.net/user-info/1787/

■会 場:京都高度技術研究所(ASTEM)

■参加費:2,000円/回

■定 員:各回 最大5名 ※要申込・先着順

■内 容:
集合指導形式(最大5人)での領収書の整理、会計ソフト(クラウド会計を含む)の入力、等
講師:中元 亜紀(中元亜紀税理士事務所代表/ASTEM STC3インキュベーションマネージャー)

■持ち物:電卓、筆記具、領収書等証憑書類、ノートパソコン等

■申込方法:メールまたはFAXにて。ウェブサイトにある申込書をご確認ください。
https://stc3.net/user-info/1787/

■主 催:(公財)京都高度技術研究所

■お問い合わせ先:
(公財)京都高度技術研究所(ASTEM)
創業人財育成支援部 イノベーション創出コミュニティ(STC3)事務局
TEL: 075-315-3657 / FAX: 075-326-2190
E-mail:stc3office@astem.or.jp

PAGETOP
京都府 京都市 京都商工会議所 社団法人 京都工業会

京都大学 大学コンソーシアム京都 公益財団法人 京都産業21 京都高度技術研究所 京都産業育成コンソーシアム
Copyright © 京都産学公連携機構 All Rights Reserved.