京都産学公連携機構は、京都における産・学・公のあらゆる機関が相互に情報を共有しながら、連携と協働を進めます。
  • 京都産学公連携機構
  • 文理融合・文系分野の産学公連携を推進
  • 未来技術交流会
  • 京都産学公連携機構

産学公連携イベント&ニュース

9月
14
平成28年度 京都市健康長寿産業展示会出展支援事業
9月 14 日 07:20 – 10月 6 日 08:20

~ 2次公募を開始しました~

 京都市内の中小・ベンチャー企業のライフサイエンス分野(健康・福祉・介護分野、医療機器分野等)における、新技術・製品の事業化を支援します。

京都市及び公益財団法人京都高度技術研究所では、京都大学内に設置した「京都市ライフイノベーション創出支援センター」を中心に、ライフサイエンス分野の研究開発支援、産学公連携事業、販路開拓支援等を展開しています。
この度、京都市内の中小・ベンチャー企業を対象に、健康長寿社会の実現につながるライフサイエンス分野における新技術・製品の事業化を促進させるため、健康・福祉・介護分野、医療機器分野等の展示会への出展を支援します。

平成28年度募集要項(2次)

応募申請書(第1号様式)
提出書類チェックシート

募集について

<目的>

本事業は、京都市が展開する「京都市ライフイノベーション推進戦略」の一翼を担うものとして、ライフサイエンス関連産業の育成を図るため、京都市内の中小・ベンチャー企業(以下「中小企業者」という。)を対象に、健康長寿社会の実現につながるライフサイエンス分野(健康・福祉・介護分野、医療機器分野等)の新技術・製品の事業化促進に向けた展示会出展の支援を行い、新産業の創出、雇用創出につなげることを目的としています。

<対象者>

京都市内に事業拠点を有し、健康長寿社会の実現につながるライフサイエンス分野(健康・福祉・介護分野、医療機器分野等)の新技術・製品の事業化促進に取り組む以下の者とします。
・中小企業基本法第2条第1項(昭和38年法律第154号)各号のいずれかに該当する中小企業者であって、以下に記載する「次世代ものづくり産業分野」に該当する者又は当該産業分野に新たに進出しようとする者。

【次世代ものづくり産業分野(対象業種)】

09食料品製造業 10飲料・たばこ・飼料製造業 16化学工業
18プラスチック製品製造業 19ゴム製品製造業 21窯業・土石製品製造業
24金属製品製造業 25はん用機械器具製造業 26生産用機械器具製造業
27業務用機械器具製造業 28電子部品・デバイス・電子回路製造業 29電気機械器具製造業
30情報通信機械器具製造業 31輸送用機械器具製造業 32その他の製造業
39情報サービス業 40インターネット付随サービス業

※ただし、中小企業者であっても、以下のいずれかの項目に該当する者は除きます。
① 発行済株式の総数又は出資金額の1/2以上が同一の大企業の所有に属している者
② 発行済株式の総数又は出資金額の2/3以上が複数の大企業の所有に属している者
③ 役員の総数の1/2以上が大企業の役員又は職員を兼ねている者
※京都市税を滞納していないことが条件になります。
※「新たに進出しようとする者」とは、具体的な事業計画を有し、事業の実現可能性が
認められる場合に限ります。
※これまでに当事業(展示会出展支援)の採択を受けた者

<対象事業>

健康長寿社会の実現につながるライフサイエンス分野(健康・福祉・介護分野、医療機器分野等)の新たな技術・製品の事業化促進に向けた日本国内での展示会出展

※対象外事業
・同一事業について、国や府等の公的な補助金等の交付を受けている事業又は受けることが
決まっている事業
(交付決定以降についても、同一事業で補助金等の交付を重複して受けることはできません。)
・採択日(平成28年10月下旬頃)以前及び平成29年3月21日(火)以降に開催される
展示会への出展

<支援内容等>

○ 小間料の一部(基本小間料の1/2以内、上限30万円)
○ 基本小間装飾(展示会主催者に発注・支払うもの)の一部(上限6万円)
  ※展示会主催者に支払う小間料、小間装飾等の全額から、上記当財団支援額を除いた金額を
   事前に申請者から当財団にお支払いただいたうえで、当財団支援額と併せて当財団から
   展示会主催者に支払います。
  ※展示会終了後に請求される電気代等については、展示会主催者からの請求を基に、
   当財団から申請者に請求させていただきます。

<募集期間>

平成28年9月14日(水)~10月6日(木)(必着)

<採択決定>

平成28年10月下旬予定(2件程度)

<申請書類等提出先・問合せ先>

【京都市ライフイノベーション創出支援センター】
○支所
〒606-8501京都市左京区吉田本町36-1
京都大学国際科学イノベーション棟308号室
TEL 762-0070 E-mail ikouyaku@astem.or.jp
○本所
〒606-8507京都市左京区聖護院川原町54
京都大学医学部附属病院 先端医療機器開発・臨床研究センター507号室
TEL 950-0880 E-mail ikouyaku@astem.or.jp
※電話等による問合せ時間  月曜日から金曜日(祝日は除く)
午前受付:9:00から12:00まで
午後受付:13:00から17:00まで

9月
26
知恵産業・経営大会2016 京都の未来・知恵ビジネス 京都ホテルオークラ
9月 26 日 13:00 – 17:00

次代の京都経済を支える中堅・中小企業の経営者や幹部、従業員の方々を対象に『 知恵産業・経営大会2016』を開催します。本年は東京新聞・中日新聞論説副主幹、作家、ジャーナリストの長谷川 幸洋氏を特別講演の講師としてお迎えするとともに、分科会では、皆様の関心事にスポットを当て、各方面でご活躍中の講師の方々をお迎えします。多数のご参加をお待ちしております。

日時■ 平成28年9月26日(月)13:00~17:00(受付開始 12:30)

場所■ 京都ホテルオークラ(中京区河原町御池)

<タイムスケジュール>
◇開会式 13:00~13:20

◇第 1 部 13:20~14:30
【特別講演】
東京新聞・中日新聞論説副主幹、作家、ジャーナリスト 長谷川 幸洋
『激動する世界 ~日本の指針~』

◇第 2 部 14:45~17:00
【分 科 会】
第1分科会
株式会社ウェッジ WEDGE Infinity 編集長 友森 敏雄
『世界を生き抜く日本企業~グローバルニッチトップの中小企業~』

株式会社小松製作所 顧問 駒村 義範
『コマツのグローバル成長戦略』

第2分科会
カルビー株式会社 代表取締役会長兼CEO 松本 晃
『経営変革と成長を続ける強い組織のマネジメント~カルビーを飛躍させた「夢経営」とは!?~』

第3分科会
株式会社喜久屋 代表取締役社長 中畠 信一
『逆境を追い風に、連携が生む新サービス』

株式会社日本モスフードサービス 代表取締役会長兼社長 櫻田 厚
『価格競争をしないモスバーガーの経営戦略』

第4分科会
ヤンマーアグリイノベーション株式会社 代表取締役 橋本 康治
『地域を変える、日本を変える、持続可能な農業ビジネス』

READYFOR株式会社 代表取締役CEO 米良 はるか
『共感の輪がつくる未来』

料金
■ 京都商工会議所 会員・・・無料
■ 府内商工会議所 会員・・・無料
■ 学生・・・無料
■ 一般・・・2,000円
備考
■ 定員になり次第締め切らせていただきます。
■ 講師・内容・時間等は変更となることがありますので予めご了承ください。
■ 駐車場には限りがありますので公共交通機関をご利用ください。
申し込み方法・詳細
http://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_107217.html
お問合せ先
京都商工会議所 中小企業経営支援センター
TEL 075-212-6467
FAX 075-256-9743
http://www.kyo.or.jp/kyoto/
9月
27
2016年度 第4回 REC BIZ-NET研究会「磁気冷凍デバイス、マイクロ発電、蓄電技術が拓く新しい未来」 龍谷大学瀬田キャンパス REC小ホール
9月 27 日 14:00 – 17:00

磁石・磁気の発見、発明、そしてその利用において、人類は大きな恩恵を受けてきました。我が国、本田光太郎博士による強力磁鉄鉱「KS鋼」の発明から、100年を迎えます。また、本学の理工学部開設以来、磁石・磁気に関する研究が続けられ、基礎研究から実用段階への展開が進んでいます。一方、地球温暖化等の環境問題の大きなうねりの中で、自然エネルギーの利用に多くの関心が集まっています。

本研究会ではオゾン層保護や地球温暖化防止に役立つ磁気冷凍技術が注目を集めている現状から、「磁気冷凍技術について」と題し、ホイスラー合金が磁場変化中に置かれたときに示す磁気冷凍効果について最初に紹介します。次に、電力の質の向上と安定供給を目的にした集中・大規模発電から、自然エネルギー利用発電との共存が求められている現状に鑑み、その一例として、流れている水の持つエネルギーを有効活用する分散型発電の役割を担う「超低落差型マイクロ水力発電」について事例を含めて紹介します。更に、自然エネルギー利用発電では蓄電技術が必要不可欠です。ボルタの電池発明以来200年余が経過した現在、蓄電技術といえば高エネルギー密度、長寿命化、急速充放電化等の要求を満たす技術革新が進み、電気を「蓄える」と「上手に使う」を実現するスマートシステムが求められていることから、「蓄電技術による新規事業立ち上げと今後の展望」と題して、実施例を紹介します。

【日時】平成28年9月27日(火) 14:00~17:00(受付開始 13:30)

【場所】龍谷大学 瀬田キャンパス REC小ホール
(大津市瀬田大江町横谷1-5 JR琵琶湖線「瀬田」駅よりバス約8分)

【申込方法】以下のいずれかでお申し込みください。
・下記「お申込みはこちら」からお申込み
・添付「チラシ」内の裏面申込書をFAX.にてお申込み
・E-mail(rec@ad.ryukoku.ac.jp)に必要事項(チラシ裏面を参照)を記入のうえ、送信

【参加費】無料

【プログラム】
1 開会の挨拶(14:00~14:10)

2 講演
(1)「磁気冷凍技術について」(14:10~14:50)
龍谷大学 理工学部 機械システム工学科 教授 左近 拓男 氏

ホイスラー合金では磁場を変化させたときに温度が降下する「磁気冷凍効果」があらわれる合金があります。この効果を利用した磁気冷凍技術は、固体の磁性体を冷媒として利用するために、気体冷凍技術のようにコンプレッサーが不要となり構造がコンパクトなのが特徴です。ホイスラー合金以外にも、希土類磁性体や遷移金属磁性体で大きな磁気冷凍効果を示す物質が多種類開発されています。最新の研究成果とともに、磁気冷凍技術の展望について紹介します。

(2)「超低落差型マイクロ水力発電」(14:50~15:30)
JAGシーベル株式会社 取締役 海野 裕二 氏

今まで単に流れているだけであった水の流れを有効活用して発電する、「超低落差型マイクロ水力発電」およびその利用例について紹介します。この発電機は水車・発電機部と発電制御盤を基本構成とした垂直二軸型水車構造のマイクロ水力発電装置であり、流水のエネルギーを効率良く水車に作用させて、発電エネルギーを得ることができます。設置において貯水池や導水管などを必要とせず、従来の水力発電の設置工事のような多大な工事費用は不要で、設置工事自体も短期で完了できるため、低コストで設置することができます。上下水道、工業排水路、農業用水路、河川水路、あるいは無電化地域での利用など利用場所は多岐にわたります。

休憩(10分間)

(3)「蓄電技術による新規事業立ち上げと今後の展開」(15:40~16:20)
ニチコン株式会社 NECST事業本部 技師長 古矢 勝彦 氏

社会が抱える課題を解決することが新規事業創出のチャンスですが、CO2排出増大に伴う地球温暖化は人類が抱える問題になっており、エネルギーの安定供給と環境保護の両立が望まれているものの、課題も多いのが現実です。この課題解決の一翼を担うことを目指し、自社のコア技術を中核に産学公連携などアライアンスを活用することで蓄電関連新規事業を素早く立ち上げた実施例を紹介します。人々が幸せになる明るい未来社会を実現するため、必要とされる今後の指針と展望を提起します。

3 名刺交換会(16:20~17:00)

詳細⇒http://www.ryukoku.ac.jp/event/detail.php?id=2337

【お問い合わせ】
龍谷大学 龍谷エクステンションセンター(REC滋賀)
担当:栃木、辻、富岡
〒520-2194 大津市瀬田大江町横谷1-5
Tel: 077-544-7299 Fax.077-543-7771
E-mail:rec@ad.ryukoku.ac.jp

主催: 龍谷大学 龍谷エクステンションセンター

クリエイティブテーブル「ローカルな関係性で生まれる建築」 京都リサーチパーク 西地区4号館地下1階 バンケットホール
9月 27 日 18:30 – 20:00

9月は、今年、ベネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館に選出され参加した建築家ユニットdot architects(ドット・アーキテクツ)の家成さんをゲストに開催します。瀬戸内国際芸術祭など、数々のプロジェクトの中で、ローカルな関係の中で非専門家が建築のプロセスに介入することで生まれるコミュニティづくりなど、建築の枠を広げた活動を展開するdot architectsの仕事をご紹介いただき、彼らの手法や考え方に触れていきます。

開催日:平成28年9月27日(火)18:30~20:00 *終了後 交流会開催

場 所:京都リサーチパーク 西地区 4号館 地下1階 バンケットホール

参加費:無料(ただし交流会は¥1,000)

※定員に達し次第締切り

【ゲスト】家成 俊勝 氏(dot architects)

詳 細
http://www.krp.co.jp/sangaku/design/c_table/

申 込
https://business.form-mailer.jp/fms/cc53039a60154

9月
29
【販路開拓支援セミナー】展示会商談会の出展を成功させるセミナー~バイヤーの心を掴むノウハウ。基本から応用まで~
9月 29 日 15:00 – 18:00

展示会や商談会への出展は、販路開拓に有効な手段ですが、成果を出すためにはしっかりとした準備とノウハウが必要です。素晴らしい商品づくりをされているけれど、商人としての心構えや基本的なセールス手法、価格設計、取引条件、販促手法への認識が甘い…そんな中小企業の皆さんに、利益獲得への執着や展示会での営業実務などをアドバイスいただきます。また、参加者同士の交流・情報交換を図るための交流会も開催しますので、あわせてご参加ください。

■日時 平成28年9月29日(木) セミナー15:00~17:00、交流会17:00~18:00

■場所 京都商工会議所 教室(2階)

■対象 京都知恵産業フェア等、展示会や商談会に出展予定又は検討されている中小企業
※士業・コンサルタント業等の方はご遠慮ください。

■定員 先着100名

■講師 富 本 雅 人 氏
(雑貨コンサルタントⓇ・GROUP ON THE LIVING 代表・「雑貨の学校Ⓡ」主宰)

チラシ掲載ページへ

■詳細・申込み http://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_107389.html
チラシをFAXまたはホームページからお申込みください。
※定員を超過の場合のみお断りのご連絡を差し上げます。参加証は発行しません。

■参加費  セミナー:無料 / 交流会:1,000円(当日申し受けます)

■問合せ
京都産業育成コンソーシアム(担当:狩野)
TEL:075-211-1880 FAX:075-211-1881 kyoto-chiefair@kyo.or.jp
京都商工会議所 産業振興部(担当:大竹)
TEL:075-212-6450 FAX:075-255-0428 sanshin@kyo.or.jp

9月
30
「神戸健康産業開発センター(HI-DEC)」入居者募集
9月 30 日 – 10月 12 日 全日

「神戸健康産業開発センター(HI-DEC)」入居者募集のご案内
http://www.smrj.go.jp/incubation/kobo/079737.html
神戸健康産業開発センター(HI-DEC/ハイデック)はIM(インキュベーションマネージャー)が常駐し、入居企業様の様々な問題解決のためのお手伝いを先端医療振興財団、神戸市ととともさせていただく、研究開発を行う起業家、中小のベンチャー企業を支援する新事業創設型の賃貸施設です。
全室ウェットラボ仕様で中和処理装置、非常電源を備えたP2の実験に対応する施設です。
ポートライナー先端医療駅から徒歩2分、環境、利便性を備えた施設で研究を加速しませんか?

この度、下記のとおり新たに入居者を募集します。
見学希望の方はお問い合わせ先まで御連絡ください。

◆受付期間 平成28年9月30日(金)~平成28年10月12日(水)
◆入居開始 平成28年12月初旬以降予定
◆場所
兵庫県神戸市中央区港島南町6-7-4
◆募集居室
40.7平方メートル:1室
◆施設詳細
http://www.smrj.go.jp/incubation/hi-dec/
◆お問合せ先
(独)中小企業基盤整備機構 近畿
神戸健康産業開発センター(HI-DEC/ハイデック) IM室
TEL 078-304-6227 FAX 078-304-6890

10月
1
同志社ビジネススクール 入試説明会(10月1日) 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館3階 プレゼンテーションホール(京都市営地下鉄「今出川」駅下車徒歩3分)
10月 1 日 13:30 – 14:30

あなたもMBA(Master of Business Administration)に挑戦しませんか。
同志社ビジネススクール(DBS)は、働きながら学ぶ人のためにカリキュラムを構成しています。
また、24時間いつでも利用できる図書館や学習スペースを用意しています。
以下の要領で、入試説明会を開催しますので、お気軽にご参加ください。
当日はビジネススクール専用の大教室や図書館も見学できます。

■日時
平成28年10月1日(土)13:30~14:30

■場所・アクセス
同志社大学 室町キャンパス 寒梅館3階 プレゼンテーションホール
(京都市営地下鉄「今出川」駅下車徒歩3分)
地図は以下のページをご参照下さい。
http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/muromachi.html

■詳細内容
DBSは、次のような方々に最適の学び舎です。
・わが国企業の国際的競争力のなお一層の強化に従事する方々
・中小企業の更なる成長と発展に日々取り組んでいる方々
・ベンチャー企業の設立を検討している起業家の皆さん
・高度な経営知識を習得し、日本企業や自国企業でのキャリア形成を目指している留学生の皆さん

今年で開学12周年を迎え、DBSでMBAを取得した卒業生がすでに様々な企業の要職につき、活躍しています。

■参加料
無料

■交流会
なし

■申込み方法
入試説明会へはご自由にご参加頂けます。入試説明会終了後、個別相談をご希望の場合は、https://www.doshisha.ac.jp/form/business/inquiry/ よりご予約下さい。

■問い合わせ先
同志社大学大学院ビジネス研究科事務室
TEL:075-251-4600
http://bs.doshisha.ac.jp/inquiry/inquiry.html

■主催
同志社大学大学院ビジネス研究科(同志社ビジネススクール)

■詳細URL
http://bs.doshisha.ac.jp/admission/briefing.html#examination

第13回STSフォーラム「科学技術が拓く人間の未来」~「水素社会」の実現に向けた取組と展望~
10月 1 日 14:00 – 16:40

第13回科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム(STSフォーラム)が10月2日(日)から4日(火)まで国立京都国際会館で開催され,期間中,世界の著名な科学者,政治家,企業家等が集まり,「科学技術の光と影」をテーマに白熱した議論が展開されます。

このフォーラムに先駆け,府民を対象にした公開シンポジウムを下記のとおり開催しますので,お知らせします。

 

1 日 時 平成28年10月1日(土)14:00~16:40

2 場 所 京都商工会議所講堂(3階)
(京都市中京区烏丸通夷川上ル)

3 内 容
基調講演Ⅰ「京都における水素エネルギー研究と技術開発」
平尾 一之(ひらお かずゆき)教授(京都大学大学院工学研究科)

基調講演Ⅱ「CO₂削減に向けた水素エネルギーの活用について」
菊池 昇(きくち のぼる)代表取締役所長((株)豊田中央研究所)

4 定 員 先着200名
【要申込(〆切:9月28日(水)) 参加費:無料】

5 申込方法
(1)申 込 先 府民総合案内・相談センター
電 話  075-411-5000
FAX  075-411-5001
E-mail  411-5000@pref.kyoto.lg.jp
(2)必要事項 氏名(ふりがな),電話番号

6 主 催
科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム(STSフォーラム)支援京都実行委員会(京都府,京都市,京都商工会議所,(公財)京都文化交流コンベンションビューロー)

7 後 援
NPO法人STSフォーラム,(公財)京都高度技術研究所,(一社)京都経済同友会,(公財)関西文化学術研究都市推進機構,(公社)京都工業会,(一社)京都発明協会,(公財)京都産業21,京都リサーチパーク株式会社,(公財)大学コンソーシアム京都,京都大学(順不同)

チラシ

10月
4
第1回 コンテンツクロスメディアセミナー 『「神の雫」にみるコンテンツの可能性』  京都国際マンガミュージアム
10月 4 日 16:30 – 17:45

KYOTO CMEX実行委員会及び京都商工会議所では、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲームなどのコンテンツ業界で活躍するトップリーダーによる連続セミナーを開催します。
今年度第1回目のセミナーでは、国内外のワイン業界に影響を与えたワイン漫画「神の雫」原作者、亜樹 直さんを講師にお迎えし講演いただきます。
ぜひご参加ください。

【開催概要】
日 時■平成28年10月4日(火)16:30~19:00 開場16:00
[セミナー:16:30~17:45 / 交流会: 17:45~19:00]

会 場■京都国際マンガミュージアム (京都市中京区烏丸御池上ル)

講 師■亜樹 直 さん (樹林 ゆう子さん・樹林 伸さん)

定 員■200名(交流会は50名)先着順

参加費■セミナー:無料/交流会:2,000円 ※当日拝受いたします。

◇◇◇詳細・お申込はこちら
http://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_107350.html

※参加証はお送りしませんので、当日、直接会場へお越しください。定員超過の際は、お断りのご連絡を差し上げます。
※ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。

「KYOTO CMEX 2016」のHPはこちら
http://cmex.kyoto
◇◇◇お問い合わせ先
京都商工会議所 産業振興部
TEL:075-212-6443 FAX:075-255-0428
E-mail:shinkou@kyo.or.jp

10月
6
京都商工会議所 ライフサイエンス・ビジネスフォーラム~事業化への課題と戦略~ 京都ガーデンパレス 鞍馬の間(2階)
10月 6 日 14:00 – 16:00

医療機器開発や製薬などのライフサイエンス分野の先行企業から、現状や今後の展開等について伺うとともに、同分野への新規参入や事業化を進めるために、産学官が連携して取り組むべき課題や施策等について考えます。多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。
http://www.kyo.or.jp/s/107507/

日 時■平成28年10月6日(木)14:00~16:00

会 場■京都ガーデンパレス 鞍馬の間(2階)
http://www.hotelgp-kyoto.com/access/

定 員■80名(先着順)

参加費■無料

内 容■
○基調講演「イノベーションの実現に向けた産業界の役割と連携」
・講師  村山 昇作 氏 (株)iPSポータル 代表取締役社長

○パネルディスカッション「ライフサイエンス・ビジネスの事業化への課題と戦略」
・コーディネーター
御石 浩三 氏 (株)島津製作所 上席執行役員 分析計測事業部 副事業部長
・パネリスト
森  和哉 氏 日本新薬(株) 研究開発本部 研開企画統括部長
村山 昇作 氏 (株)iPSポータル 代表取締役社長
竹田 正俊 氏 (株)クロスエフェクト 代表取締役
・コメンテーター
吉川 典子 氏 NPO 医工連携推進機構 客員研究員

主 催■京都商工会議所(主管:産学連携・新産業推進特別委員会)

後 援■京都府、京都市、大阪商工会議所、神戸商工会議所(予定)

お問合せ先■
京都商工会議所 産業振興部
TEL 075-212-6443    E-mail shinkou@kyo.or.jp

【詳細・申込はこちら】⇒http://www.kyo.or.jp/s/107507/

PAGETOP
京都府 京都市 京都商工会議所 社団法人 京都工業会

公益財団法人 京都産業21 京都高度技術研究所 京都産業育成コンソーシアム
Copyright © 京都産学公連携機構 All Rights Reserved.